home003.gif

2011年04月24日

3日連続で交戦=タイ、カンボジア

3日連続で交戦=タイ、カンボジア
産経新聞 2011.4.24 15:15
カンボジア軍当局者によると、同国北部
ウッドーミアンチェイ州のタイとの国境付近で
24日、両国軍が交戦した。
交戦は3日連続となった。
死傷者の有無は不明。
交戦は前日までと同じ場所で発生したという。
22日は双方の兵士計6人、23日には
計4人が死亡。
負傷者は合わせて30人以上に
上っている。
両国は、カンボジア北部の別の州に
ある世界遺産のヒンズー教寺院遺跡「プレアビヒア」
周辺の国境未画定地域をめぐって対立。
2月初めには同遺跡付近で4日連続で交戦し、
多数の死傷者を出している。
今回の一連の交戦は同遺跡から
約150キロ離れた別の場所。

参考

タイとカンボジアが交戦 国境係争地 村民1人死亡
<ASEAN>タイとカンボジア衝突、国境監視団を派遣へ



コメントです。
タイ・カンボジアの国境付近で、2月ごろ
小規模な交戦があったことをここでも
掲載しましたが、その続報です。
そのときは、いちど収束に向かったと
聞いていただけに、今回の再燃、交戦は
非常に残念です。


PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2011年02月22日

<ASEAN>タイとカンボジア衝突、国境監視団を派遣へ

<ASEAN>
タイとカンボジア衝突、国境監視団を派遣へ

毎日新聞 2月22日(火)20時42分配信


【ジャカルタ佐藤賢二郎、バンコク西尾英之】東南アジア諸国連合
(ASEAN)は22日、加盟国タイとカンボジアの軍事衝突を協議する
緊急外相会議をジャカルタで開き、戦闘が起きた両国国境の
山岳寺院「プレアビヒア」付近へ国境監視団を派遣することを
決めた。これまで内政不干渉を原則としてきたASEANが、
加盟国間の紛争に直接介入し監視団を派遣するのは初めて。
監視団は議長国であるインドネシアの軍が中心となる見込み。
同国のマルティ外相は会議後「派遣されるのは平和維持軍
ではなく非武装の監視団だ」と述べ、国境の両側から状況を
監視する考えを示した。タイ外務省によると、監視団は両国に
それぞれ15人ずつで、受け入れ期間は今後調整するという。
タイとカンボジアは同寺院周辺の領有未定地域を巡って対立し、
08年以降散発的な戦闘を繰り返してきた。今月4日からは
4日連続で交戦。タイの地元農民1人を含む少なくとも8人が
死亡するなど、過去最悪の規模に発展した。
外相会議開催や監視団派遣などASEANのこの問題への
積極対応には、持ち回りで今年、議長国を務めるインドネシアの
強い意向が働いている。
同国はASEAN随一の大国でありながら、タイや
シンガポール、マレーシアなどと比べ政治や経済の
安定が遅れ、ASEAN内部での地位が低下。
だが最近になって政治、経済とも安定を取り戻し、
強い指導力を発揮してASEANの盟主としての地位を
回復したいとの思惑がある。
一方、ASEANは「2015年の共同体構築」との目標を掲げるが、
加盟国間で衝突が続いていては達成はおぼつかない。
国内に人権問題を抱えるミャンマーやベトナムなどには
内政干渉への警戒感が根強いが、危機感を強めるASEAN
事務局やインドネシアなどに押し切られる形で、内政不干渉
原則から一歩踏み出す監視団派遣を受け入れたとみられる。
ASEANのスリン事務局長は「歴史的な日だ」と外相会議の
決定を歓迎した。


コメントです
中東での、民主化を求めるデモの報道に
隠れて、あまり目立たないタイ・カンボジア情勢
ですが、今回、ASEANの仲介を受けて収束に
むかいそうですね。

PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2011年02月05日

タイとカンボジアが交戦 国境係争地 村民1人死亡

タイとカンボジアが交戦 国境係争地 村民1人死亡

【バンコク=古田大輔】カンボジア北部にある世界遺産の
プレアビヒア寺院周辺のタイとカンボジアの国境未画定
地域付近で4日、両国軍が交戦した。両軍や
地元メディアなどによると、少なくともカンボジア兵
1人が死亡。近くのタイ領内の村にも砲弾が飛んで、
男性村民1人が死亡したほか、タイ軍兵士8人が負傷、
4人がカンボジア軍に拘束されたという。

タイ軍によると、同日午後3時過ぎ、カンボジア軍がタイ側に
ロケット砲を発射。タイ軍も撃ち返し、交戦が始まったという。
一方、カンボジア政府は
「タイ軍が領内に侵入してきたため、
応戦を強いられた」と発表した。午後5時に銃撃戦は
いったんおさまったが、その後も断続的に射撃音が
響いているという。

プレアビヒア寺院周辺では、カンボジアが同寺院を
世界遺産に登録した2008年から、両軍が断続的に
交戦し、死傷者が出ていた。首脳レベルの会合を重ね、
緊張が和らいでいたが、昨年12月に別の国境未画定
地域付近で、タイの国会議員ら7人がカンボジア軍に
拘束され、両国の緊張が高まっていた。


コメントです
この記事も残念ですね。
東南アジアの国境地域では
それほど緊張した状況が報道されて
いないだけに、少し驚きました。
また、東南アジアを旅した方々なら
わかると思いますが、各国では
そこで暮らす人たちや、その文化に
それほど差異は感じられません。
それだけに、今回の交戦はものすごく
残念です。

 

PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2010年09月10日

日本の「生活の知恵」が世界遺産を救う ベトナム、たわし作戦

日本の「生活の知恵」が世界遺産を救う ベトナム、たわし作戦


水上生活者が暮らすベトナム・クアバン村のハロン湾で行われたアクリルたわし講習会=8月17日(GEC提供)


世界遺産登録抹消の危機にある景勝地、ベトナム・ハロン湾の
水質改善に、日本の「生活の知恵」を役立てるプロジェクトが、
今夏スタートした。湾内で暮らす水上生活者らを対象に環境活動
支援団体などが協力、少量の洗剤で洗い物ができるアクリルたわし
普及させる取り組みで、関係者は「現地の住民に環境への意識を
高めてもらえれば」と話している。

 ■年200万人の景勝地…水質悪化「まるで大阪湾

 ベトナム北部にあるハロン湾は、湾内に石灰岩質の島や
奇岩が点在し年間200万人が訪れる景勝地。1994年に
ユネスコの世界自然遺産に登録されたが、近くの鉱山から
排出される物質に加え、観光客の増加でホテルや観光船が
増加して水質が悪化している。

昨年から水質調査などを行っている大阪府立大大学院
工学研究科の大塚耕司教授によると、湾の透明度は
現在2〜3メートルで大阪湾の一部と同程度。水質を保全
しなければ、単独では影響を及ぼさない程度の生活排水も
加わって、さらに「悪化する恐れがある」(大塚教授)という。

「たわし作戦」は、平成19年から大阪府立大と共同で住民参加型の
環境保全活動に取り組む公益財団法人「地球環境センター
(GEC)」(大阪市)などが実施。これに、大阪府内で水質の
保全活動を支援する「せいわエコ・サポーターズクラブ」の
原田智代さん(57)が協力している。

原田さんらが8月16日から現地入りし、船や筏(いかだ)で
暮らす住民を対象に講習会を開催。食器洗いの際に使う水と
洗剤の量などを講義したうえで、ほとんど洗剤を使わずに
汚れがとれるアクリルたわしの編み方を指導。2つの村で
計17人が参加し、参加者が実際に長さ約10センチ、
幅約15センチのアクリルたわしを編んだ。

GECによると、ハロン湾で漁によって生活を営む水上生活者は
使い古した漁網で食器を洗っており、洗剤は1世帯で1日
約20ミリリットル、水は1日約20リットル使用。アクリルたわしを
使えば、これが半分から3分の1以下に減らせるという。

今後は、参加者を地域のリーダー役としてまず講習会を開催した
クワバン村の全世帯に配布。一定期間後に普及度と使用頻度、

洗剤の使用量などを調べ、さらなる普及につなげたいとしている。

指導した原田さんは「水上生活者が水質悪化の直接の原因と
いうわけではないが、アクリルたわしを使うことで水質への意識が
高まる。それが住民それぞれが生活を見直し、地域全体で
ハロン湾を守るという意識の高まりにつながると思う」と期待している。




コメントです。
本文にある「アクリルたわし」
日本ではどこの家庭にもある、なじみ深い
生活雑貨ですが、このような小さな取り組みが、
環境問題に対しての啓発となって、その小さな波紋が
大きくなることで環境保全につながっていけばいいですね。




PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2010年07月25日

元収容所長、26日に判決=虐殺の歴史どう断罪―ポト派裁判

元収容所長、26日に判決=虐殺の歴史どう断罪―ポト派裁判
7月25日15時19分配信 時事通信

【プノンペン時事】カンボジアで1970年代に行われた
ポル・ポト政権下の大量虐殺を裁く特別法廷で26日、
トゥールスレン政治犯収容所の元所長カン・ケ・イウ被告(67)に
対する判決が言い渡される。1万5000人以上が犠牲になった
収容所での虐殺、拷問の実態をどう裁くのか。
最終段階で態度を豹変(ひょうへん)させた被告に対する量刑と
ともに、特別法廷の判断が注目される。
身柄拘束された5人の元幹部のうち、起訴されたのは同被告だけで、
初の判決となる。同被告は一貫して捜査に協力的で、公判でも
反省の言葉を繰り返した。検察側は最高刑の終身刑を回避し、
禁固40年を求刑した。
しかし、同被告は最後の意見陳述で裁判長に対し、
「放免してほしい」と求めた。上層部の命令に従っただけだとの
主張だが、「罪を受け入れる」としていた従来の態度との差に、
被害者や遺族からは驚きと憤りの声が上がった。

関連記事です。

ポル・ポト派裁判始まる、でなぜ今頃? 

1970年代にカンボジアでポル・ポト派による毛沢東思想に基づいた共産主義推進により、多くの知識人などが処刑され、農村への強制移住、強制労働、拷問、虐殺を起こしたあの惨劇は、今でもカンボジアに暗い影を落としています。
そして今、あのポル・ポト派による大量虐殺を裁く国際法廷がカンボジアで始まったようですけど、なぜ今頃になって行うのか!?と言う疑問も少なからずあります
理由として、法廷の運営方法を巡ってカンボジア政府と国連での協議が難航し、戦犯への捜査に手間取った上に、また中国がこの法廷を阻止しようとしたことで(クメール・ルージュがカンボジアの政権を握っていた時代、中国政府がクメール・ルージュを支援していた説もあり)、法廷発足が難航したことが挙げられますが、最大の理由としてはクメール・ルージュのトップであり、未曾有の大量虐殺の責任者であるポル・ポトが1998年に、ポル・ポト派最高幹部の一人だったタ・モクが2006年に死亡した為、存命中の幹部もまた高齢化も進んでおり、あの惨劇から30年が経ったことであの惨劇を知らないカンボジア国民が多くなったことも挙げられるけど、それ以外にも現在のカンボジア政府が大量虐殺に関わって訴追された人物に対し司法取引を行って恩赦を与えていることも、特別法廷がなかなか行われない最大の理由だと思います

それらの経緯もあってか、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷ルワンダ国際戦犯法廷のように即座に裁判に持ち込めなかったのでしょう。

やっと今になって始まったポル・ポト派裁判、カンボジアに暗い影をもたらし、多くの人々が犠牲となったあの惨劇から30年が経った今、ポル・ポト派の起こした残酷行為が改めて白日にさらされるでしょうね。何もボスニア・ヘルツェゴビナやルワンダだけが内戦における惨劇の場ではないし大量虐殺や戦争犯罪には時効と言うものはないのです。去年はかつて起きたボスニア紛争の際、多くのボスニア人を大量虐殺したとされるユーゴ戦犯の一人、ラドバン・カラジッチが逮捕されたんですからね。


コメントです。
久しぶりにポル・ポト派裁判の記事が
発表されたので、掲載しました。





PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2010年06月06日

「BRICsからABRICsへ」世界経済フォーラム理事長

「BRICsからABRICsへ」世界経済フォーラム理事長
2010/6/6 15:00

【ホーチミン(ベトナム南部)=岩本陽一】世界50カ国以上の
政府関係者や企業幹部ら約400人が参加する世界経済
フォーラム・東アジア会議が6日午前、ベトナム南部の商都
ホーチミンで開幕した。「再考・アジアのリーダーシップの課題」を
テーマに世界経済における地域の役割などについて議論し、
7日夜に閉会する。
開会式であいさつした世界経済フォーラムのシュワブ理事長は
「これまでBRICsという枠組みで多くを議論してきたが、今後は
東南アジア諸国連合(ASEAN)を加えた『ABRICs(エイブリックス)』の
視点が重要になる」と強調。世界経済におけるアジアの重要性が
今後、一段と高まるとの認識を示した。

東アジア会議は今回が19回目で、ベトナムでは初の開催。
独流通大手メトロのコルデス会長兼最高経営責任者(CEO)、
ロシア連邦外国貿易銀行(VTB銀行)のコスティン会長兼CEOら
4人が共同議長を務める。2日間の日程で世界経済のリスク、
アジアでの金融問題、地域統合などについて議論する。

今年のASEAN議長国であるベトナムのズン首相は基調演説で
「東アジアは世界経済の中で指導的な役割を担う」と指摘する一方、
同地域には「課題も多い」と分析。「持続可能な成長を達成するための
新しい開発モデルの構築や、多様性を重んじた地域連携の強化が

必要」と述べた。

会議にはタイのアピシット首相、カンボジアのフン・セン首相、ラオスの
ブアソン首相、ミャンマーのテイン・セイン首相が出席。

フン・セン首相は金融緩和などの景気刺激策を見直す「出口戦略」に
ついて「時期尚早」と言明。「成長の主役となる民間企業の
活力向上が課題」と語った。日本からは枝野幸男行政刷新相が
参加する予定だったが新政権発足の準備などを理由に欠席した。

世界経済フォーラムの本部はスイス。「ダボス会議」と呼ばれる
同フォーラムの年次総会には各国の政府首脳や企業経営者らが参加。
経済分野を中心に国際社会の様々な問題を話し合っている。


コメントです。
BRICsに加えてASEANですか。
新興国の勢いは止まりそうにないですね。
こうなると、先進国はこれまでのような経済成長など
期待せず、ゆるやかに成熟していくことを
考えるべきですね。
環境問題をクリアするための技術に特化していくとか。
いずれにしても、先進国内でこれまでのような右肩上がりの
成長率など、今後はありえないでしょうね。



PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2010年01月24日

マクドナルド、シンガポールの十二支「ブタ」差し替えで謝罪

マクドナルド、シンガポールの十二支「ブタ」差し替えで謝罪
1月24日9時0分配信 ロイター

[シンガポール 22日 ロイター] 米マクドナルド<MCD.N>が
シンガポールで今月始めた十二支にちなんだ動物の
人形コレクション販売で、イスラム教徒に配慮して
ブタ(日本のイノシシに相当)をキューピッドに差し替えたところ、
中国系の客から苦情が相次ぎ、同社は22日に謝罪した。
マクドナルドは英字紙ストレーツ・タイムズに謝罪広告を掲載。
ブタの人形をラインナップに戻した。
娘がブタ年生まれというある女性は、同紙への投書で
「シンガポールは多人種多文化社会であり、イスラム教徒の
国民を尊重すべきなのは理解するが、今回の場合、ブタは
中国の文化習慣である十二支の1つであり、
また食品ではなく単なるおもちゃだ」と訴えた。


関連記事です。
シンガポールでゴルフレッスンをしている日本人プロゴルファーの行動LOG
ナシレマは One of my favorite の一つ。

米とココナッツを一緒に炊くので,米がココナッツ味で少し甘い。
それに好きなおかずをのせ,チリと一緒に混ぜて食べる。

チリが旨くないと全て台無し。美味しいナシレマ屋はチリが旨い。
マレー料理のようだが,この写真にあるのは中国人バージョン。
それは何故?
ポークが入っているからマレー系は食べられない。

基本モスリムは豚を食べては行けないし,豚を取り扱っている店の
物は食べない。ハーラルといって,モスリムが認定した
ハーラルショップと言うのが有り,モスリムを厳格に守っている人は
そこでしか食べない。

マレー系の人と食事に行くときは気をつける様にしている。

自分の友達の中には,テキトーな奴も多く,基本豚は食べない様に
しているぐらいで中華系の店にも入って食事したりすることがある。

日本料理屋に行って,豚骨スープを飲んで上手いと言っていた奴もいる。
思いっきり豚だけど・・・Never mind la でとりあえず済ます。

そいつ曰く,マレーシアではもっと厳しく,周りの人が
お互い監視し合うという。マレーシアでテキトーにやると,
お前はモスリムだろ!と注意を受けめんどくさいらしい。

モスリムは,断食やなんやら基本的に守る事が多く辛そう。
断食中はつばを飲み込む事も許されていないらしい。
当然タバコも酒もダメ。モスリムではない俺からすると,
何でそこまでストイックにしなければと思う事がしばしば有るが
それが宗教教えというものなのかも知れない。



コメントです。
確かにシンガポールは多人種多文化社会で、モスリムに
関してもそれほど規律の厳しくない「ソフトモスリム」ですが、
それでも今回、マクドナルド社が取った商品対応、
最初にイスラム教徒に配慮して
ブタの人形を抜いたのは
正解だと思います。
逆だったらもっと大変で面倒なことになったでしょう。




PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2009年12月28日

国籍テストの導入論浮上=「新国民」急増に不満の声−シンガポール

国籍テスト導入論浮上=「新国民」急増に不満声−シンガポール

【シンガポール時事】経済成長の担い手として外国人受け入れを
積極的に進めてきたシンガポールで、帰化希望の外国人への
国籍取得テストの導入論が浮上している。背景には、帰化人口
急増とともに高まる「シンガポールの歴史、文化をよく知らない
『新国民』が増えている」との国民の不満がある。
シンガポール国籍の取得者数は2000〜05年は
年間6000〜8000人程度で推移したが、06年に1万3200人、
07年が1万7334人、08年には2万513人と急増。
政府は今年4月、新国民のシンガポール社会への融合策を
検討する場を設けた。その一案として浮上したのが米英や
オーストラリアが採用している帰化希望者に対する試験の導入。
与党議員による国会での提案に、担当閣僚が
「実際的で、興味深いアイデアだ」と応じ、政府内で議論が
進む見通しとなった。
(2009/12/28-14:43)



関連記事です。

移民問題対策---運転免許試験より簡単?なドイツ国籍取得テスト導入

ドイツ国籍取得を希望するドイツに住む外国人を対象に、取得テストの導入が今年9月1日から開始される。このテストに合格するには、ドイツの歴史・政治・地理・文化などの一般知識に関して多肢選択式の33の質問に対して17問以上の正解が必要となる。
このテストは、従来の寛大な無制限移民策に歯止めをかけ、国籍取得条件を緩和(継続滞在年数8年)する代わりに義務付けた試験である。連邦州議員の反対意 見が一部あるものの、内務相ショイブレ氏は「ドイツ連邦共和国は、国籍取得の支給に対して寛大である。なにも過大な要求をしている訳ではない。運転免許試 験より簡単であろう。」と見解を述べた。内務省は、すでにインターネット上で全300問を公表済みでもある。取得テストにはこの300問の中から無作為に 選ばれた質問が33問選定される。
テストの時間は60分で、居住地の連邦州に関する問題が10問含まれる。回答方法は、4通りの答えの中から選択する形式なのでそれほど難しくはな い。ドイツ国民たるものの常識と言われているテストではあるが歴史政治が苦手なドイツ人にとっても正解できない問題が多くあるのも事実。
例題をいくつか上げてみると、

1. ドイツ連邦共和国の憲法の名称は?
2. 連邦州の数は?
3. 連邦議会選挙は何年ごとに行われる?
4. バーデン・ヴュルテムベルク州の州都は?
5. 国歌の作詞者は?
6. DDRの正式名は?
7. 連邦初代首相は?
回答は次の通り 

1. Grundgesetz   (ドイツ連邦共和国基本法)
2. 16州
3. 4年ごと
4. シュツットガルト
5. Heinrich Hoffmann von Fallersleben (ハインリッヒ・ホフマン・
     フォン・ファラースレーベン)
6. Deutsche Demokratische Republik (ドイツ民主共和国)
7. Konrad Adenauer (コンラート・アデナウワー)
連邦統計局によると、2007年にドイツ国籍を取得した外国人は、前年を9,5%(1万1800人)下回る11万3000人にとどまった。これま での動向を探ってみると、国籍関連法が改正された2000年にピーク(18万6700人)となってからは、減少傾向が続いている。昨年新たに国籍を取得し た出身国別内訳では、トルコが全体の25%ほどを占め、トップ。2位は、セルビア・モンテネグロ、以下ポーランド、ウクライナ、イラクの順である。

日本のパスポートを所有しドイツで生活している私も一度だけドイツ人国籍取得を考えたことがある。それはチェコのプラハに滞在した時。
1989年、ベルリンの壁崩壊後、チェコでは民主化を求めるデモが加速し、共産党体制崩壊をもたらしたビロード革命が勃発した。1993年チェコ連 邦制を解体した直後の夫の赴任であったため、ドイツのスーパーに行けば何でも手に入る不自由なしの生活をしていた者にとっては、物がない国で暮らすという ショックは大きかった。
そのため当時は、プラハから車で片道2時間ほどかけて生活用品や医療品、衣類などを買い込むため定期的に国境を越えてドイツ側に足を運んだ。家族 は、皆ドイツ国籍のため、パスポート提示で検問所の行き来に問題なかった。日本国籍の私は、その都度足止めされ、厳重なパスポートコントロールや入国・出 国書類を提出せねばならなかった。
家族は検問待ちの車の長い列からやっと開放されたと思いきや、今度は私の手続きのために別の場所ですべてが終了するまで待った。無駄な抵抗とは分 かっていたが、毎回検査官につたないチェコ語で話しかけその場の雰囲気を和らげることも試みたが、待ち時間の長いことにはいつも辟易したものだ。一つだけ ありがたかったのは、検査官の関心が私に集中したため、ドイツで買い込んだ品物については検問なしで通過できた事だ。
現在、日本人がドイツの陸地からチェコに入国あるいはチェコを出国する際は、チェコ側が2004年EU加盟国となり、同年よりシェンゲン協定(ヨー ロッパ各国の協定調印領域内での出入国が自由となる・チェコは、07年よりこの協定施行)の調印を済ませたことで、簡略化された。また、1997年日本・ チェコ間の国交正常化40周年後、多数の日本進出企業の投資を含め経済関係も急速に発展したおかげもあり、パスポート提示だけで検問が通過できるように なった。
ドイツの移民者総数は、1000万人余りで、第二次世界大戦後、出稼ぎ移民を次々と受け入れている。ドイツは、現在米国、ロシアに次ぐ世界第3位の 移民大国である。今までは、ドイツ語は理解できなくとも一定の継続滞在年数を過ごすと、申請すればほぼ自動的に国籍取得が出来た。
優秀な技術者や科学者、経営者やスポーツ選手などの有為な人材に対する国籍取得には特例があるものの、ドイツにとって移民問題で一番重要な事は、ド イツ社会から遊離した他国の同じ出身国同士の「並行社会」が生まれることで社会が不安定になるのを阻止することだ。つまり、移民民族の多くは、独自の文化 や言語を持ち込むのに一生懸命で、ドイツ社会に融合しようと努めないのが現状である。
ドイツ語を母国語としない両親をもつ外国人子弟は、学校の授業についていけず、ドイツ人生徒との格差があることで、その後の教育や職業選択に影響を及ぼす。いわゆる落ちこぼれとなった外国人生徒は、非行や暴力に走ったり、ドイツ社会に脅威を与える事件を数々起こしている。
これらネガティブな社会現象にブレーキをかける意味でも、外国人をドイツ社会の中に移民統合することが必須であるとされている。この対策法のひとつ として、2005年に新移民法が施行されて以来、統合コースとしてドイツ語コースやオリエンテーションコースが予算に組まれ、実施された。今回の国籍取得 テストの導入で、無制限移民策に歯止めが出来るのかどうか、今後の動向に注目していきたい。
 

コメントです。


今日は、2カ国の移民受け入れ政策に付随する
「国籍取得テスト」の話題を取り上げました。
将来、これらの情報が日本で参考になるかどうかは
わかりませんが、それでも、現状では医療現場などで
外国人労働力を期待する声があります。
いずれにしても、日本はまだまだ移民受け入れ途上国です。





PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2009年10月12日

【タイ】IRPCのガス発電計画、排出権売却へ

国営石油PTT傘下の石油化学大手IRPCは9日、東部ラヨン県での
天然ガス発電事業をクリーン開発メカニズム(CDM)事業として国連に
申請する方針を明らかにした。老朽化した石油燃料の発電所から
切り替えることで、二酸化炭素(CO2)排出量を年40万トン削減。
承認されれば、国内最大規模のCDM事業となるという。

IRPCは同日、申請での協力に関して、米GEエナジーと、
シンガポール拠点のゼネラルカーボン(GCPL)の2社と
覚書(MOU)を交わした。GEエナジーは、ガスタービン6機を
納入。GCPLは事業設計書の策定や申請手続き、登録後の
排出権の売買などを担当する。
 
IRPCは総額2億米ドルを投じ、コージェネレーション(熱電併給)
施設を建設する。20年以上稼働している石油火力発電所
(出力48メガワット=MW)に代わるもので、2011年初めの
稼働開始を予定。220(MWの電力と、毎時420トンの蒸気を
自社のプラントに供給する。建設は、1億2,400万米ドルで
丸紅に発注した。
 
IRPCは、県内で製油所を含む石化コンプレックスを運営。
今後はABS樹脂やプロピレンの増産などを計画している。
現在は電力100MWを外部から購入しているが、コージェネ施設の
完成後は電力をすべてまかなえる見通し。また、同施設の稼働で、
CO2削減に加え、二酸化硫黄(SO2)を1日32トン削減できるという。
 
同社は2007年時点で石炭火力発電所を計画していたが、
住民の抗議運動が激しく、天然ガス燃料に変更した。
 
同社の各事業は、公害監視地域に指定された同県のマプタプット
工業団地(東部ラヨン県)と周辺の76事業に含まれず、中央行政
裁判所の一時停止命令の直接の影響はないという。
ただ、76事業にはPTTグループの事業が含まれており、
グループ全体の計画見直しで製油所の品質向上計画などに
影響する可能性があるとしている。

最終更新:10月12日8時30分

NNA

 

 

関連記事です。

タイの環境問題はこれからです!

どうして?? 実は、バンコクも地球温暖化の防止を呼びかける
国際的な消灯イベント「アース・アワー2009」に今年で三回目の
参加となっています。照明を切って省エネと温暖化防止の重要性を
世界の首脳たちに訴える試みで、今年の参加国と都市は80カ国の
1,508の市・町が参加予定しているそうです。

照明が切れるエリアは、ペッブリタットマイ通り、カオサン通り
シーロム通り・ラチャダピセーク通り・ヤワラート通り、他にバンコク
都庁の街灯を消灯し、カオサン通りで関連のイベントも行うようですヨ。

ですので当日は注意して下さいネ。これらのエリアで車を運転していて、
歩っていて、急に周りのビルの照明が消えたことに驚いて事故を
起こしたり、慌てないようにご留意下さいな!

同キャンペーンは世界自然保護基金(略称WWF)の下、
行われるようですが2008年に実施された昨年は35カ国で
約270の都市・町の参加と聞きますから、今年は また 随分と
参加国と都市が増えたんですネ。
タイはこれら環境問題について遅れ気味な国だと思いますから、
このようなイベントに参加するのは良い事ではありますネ・・・ 
東京や大阪も参加しているんでしたっけネ?

しかしタイの首都バンコク市で一番の環境問題は、車の排気ガス
でしょうネ。交通渋滞も益々激しくなる一方ですから尚更です。
これも由々しき問題です。そう言えば、毎年 英国のコンサルティング
会社が行う「住みやすい都市ランキング」という調査で、なかなか
バンコク市が上位に入れない理由の一つには、この排気ガスの公害
などで、健康リスクや空気汚染が随分とマイナスになっているのでしょう。

なんでも浮遊粒子状物質による大気汚染の国際的指標である
PM10濃度の基準値を超えている通りが、ラマ4世・6世通り、
スクムビット通り、ヤワラート通り、シーロム通り・・等々、10カ所
ぐらいの場所の大気汚染が酷いようです。ワタクシの住まいは
スクンビット通り22界隈ですから、毎日大気汚染の酷い場所を
ウロウロしている訳ですネ・・・ これも困ったモンです!

交通整理のお巡りさん達は必ずと言っていいほど、どのお巡りさんも
大きなマスクをしています。(笑)

タイと言えば、街の道路沿いに所狭しと立ち並ぶ屋台も大きな名物の
一つとなっています。アジアでは、どこにでも見られる光景ですが、
バンコクも負けてはいません。が、気になるのは、やはり排気ガスです。
ワタクシなんぞは、どこの屋台で食べてもお腹を壊したことなんかは
ありませんが、屋台の食べ物に排気ガスが調味料として振りかかって
いると思うと、交通量の激しい所では、ちょっと食べられませんよネ。

そう思うと、ぞっとします。笑っちゃうのは売っている屋台のおばさんが
大きなマスクをして売っています。
自分で売っているモノが排気ガスがふりかかっている事を証明して
いるようなモノです。さすがに、交通量の激しい所は避けてしまいます。
タイの環境問題で、あとゴミの問題も大きくなりそうです。これからの
タイ環境問題は山積みで、いろいろと厄介になりそうな気配です。


コメントです。


後記事にあるように、タイの環境問題はまだまだ改善途中で、
そんなに簡単に解決できるものではありませんが、それでも
国内大手企業が設備更新時に環境問題に取り組む。
なかなか発展性のある話題ですね。
そこでひとつ補足します。上記にはありませんが、この事業に
参加しているのは日本の大手商社です。
先進国としての発言力に乏しい日本ですが、ここ一番の
存在感はやはり頼もしいものがあります。
(くわしくは下記リンクを参照してください)

タイ国石油精製・石油化学大手IRPC社からコジェネレーション発電設備建設受注の件








PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2009年08月31日

<ミャンマー>武力衝突による死者は34人

<ミャンマー>武力衝突による死者は34人

 

8月31日21時10分配信 毎日新聞

【バンコク西尾英之】中国国境に近いミャンマー北東部
シャン州コーカン地区で起きたミャンマー軍と少数民族
コーカン族武装勢力の武力衝突で、ミャンマー国営テレビは
8月30日、軍兵士26人と武装勢力の8人の計34人が死亡し、
戦闘はすでに終了して地区は平穏を取り戻したと報じた。
軍事政権側が、停戦合意を結んでいるコーカン族との交戦を
認めたのは初めて。

AP通信によると、数百人の武装勢力が国境を越えて
中国側に逃げ込み投降。軍が優勢な状況で収束した模様だ。
来年予定される総選挙を前にした軍事政権による少数民族
締め付けとみられる。

しかし、国連などによると中国側へ脱出した難民は3万人に上り、
通常は軍事政権に近い立場の中国外務省は、戦闘の早期終結や
中国人の安全確保など異例の要請を行った。



関連記事です。


ミャンマー:政府軍との衝突で少数民族1万人が中国に避難


【バンコク西尾英之】中国国境に近いミャンマー北東部シャン州
コーカン地区で、政府軍と少数民族コーカン族武装勢力が衝突。
多数のコーカン族住民が混乱を逃れて中国側へ避難している。
来年の総選挙を前にミャンマー軍事政権は、少数民族武装勢力に
軍への完全帰順を要求。コーカン族がこれに従わないため、
武力制圧に出た可能性がある。
現地からの情報によると今月8日、治安部隊が「麻薬密造の
疑いがある」として武装勢力指導者の自宅を急襲したことが
きっかけとなり、緊張が激化。24日には軍が武装勢力の拠点を
占拠した。しかし一部の武装勢力は山間部に潜伏し、27日には
中国との国境付近の複数の地点で軍に攻撃を仕掛けるなど、
断続的に戦闘が続いている模様だ。死傷者の数などは不明。
 中国からの報道などによると、コーカン地区と国境を接する
中国雲南省には、戦闘を避けて1万人を超えるコーカン族住民が
流出。省政府は居住施設の提供など人道支援を実施している。


コーカン族は約400年前に中国から移住した漢民族で、現在の
人口は約4万人とされる。軍事政権が少数民族武装組織の
取り込みを開始した89年、最初に政権と停戦合意を結んだ。
政権はこれまでにカレン族を除くすべての少数民族と停戦合意
しているが、来年予定の総選挙を前に、国境地帯の治安安定を
狙って各武装勢力に「軍の傘下に入ること」を要求。コーカン族の
ほかモン族、ワ族、カチン族など主要な少数民族組織が、
「少数民族への弾圧だ」などとしてこれを拒否している。
今後、軍事政権は、コーカン族以外の武装勢力にも同様の
軍事行動に出る可能性がある。タイを拠点とする反軍政組織
「ビルマ連邦国民評議会」幹部はカチン族のメディアに対し
「政権が政治的危機にある今こそ、各民族が結束して武装蜂起
すべき時だ」と強調。各民族が一致して抵抗を強めれば、
政権が「民主化プロセスの総仕上げ」と位置付ける総選挙の
実施にも影響が出かねない。


コメントです。

ミャンマーには少数民族の特別区が15ありますが、
1988年のクーデター後、軍事政権は各少数民族と、
兵力の維持や自治を認める停戦協定を結んできました。

また、来年の総選挙にそなえて、軍事政権は新憲法に基づき、
今後は特別区を「自治区」として扱い、民兵組織を国境警備隊に
組み入れて政府軍の統制下に入れることを決定しました。

しかし、これに対しコーカン族だけでなく、ワ族、カチン族など
民兵組織を持つ少数民族が反発し、国外の反軍政組織も
少数民族に軍政打倒への協力を呼びかけていますが、
当然こうした動きを政府は押さえ込もうとします。
そして、コーカン族に対しては今回、「麻薬製造」も理由に制圧に
動きましたが、コーカン特別区ではもともと麻薬の原料であるケシの
栽培が盛んで、100年以上前からそれは行なわれており、2003年に
栽培が禁止されたものの、多額の現金収入が得られるため、栽培と
合成麻薬の製造は未だに続いています。


また、特別区はミャンマーと中国の国境貿易の中心地の一つで、
中国人ビジネスマンも多く通貨も人民元が流通しており、おまけに
電力も中国から供給を受け関係が深く、中国政府も国境地帯に
救急車を配置し10カ所近い避難キャンプを設営するなど、食糧や
生活必需品を提供し、医療活動にも当たっています。

また、今回の騒動をうけて中国外務省は28日、「事態の進展を
注視しており、ミャンマーに懸念を表明した。適切に国内の問題を
解決し、国境地区の安定を維持するよう求める」との報道官談話を
発表しましたが、中国政府の立場としては「内政不干渉」を強調
しながらも、民兵と政府軍との衝突そのものが国境を越えないように
警戒を強めています。

このことから、中国政府の言い分としては、口は出さずに隣接国
からの「飛び火」を避けたいだけのようですが、ここにきて、
なぜ、急にミヤンマー政府が少数民族への強行姿勢に出たのか、
そのことが疑問に感じられます。
いちばんわかりやすい考え方としては、誰か第三者がミヤンマーの
少数民族を扇動している、と、いうところでしょうか?



PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所





posted by salsaseoul at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2009年07月22日

逃げた先で人身売買などの人権侵害、ミャンマー難民の扱いに苦慮するアジア各国

逃げた先で人身売買などの人権侵害、ミャンマー難民の
扱いに苦慮するアジア各国

フォーサイト7月21日(火) 17時20分配信 / 海外 - 海外総合 



米国務省が公表した二〇〇九年の人身売買報告書で、
マレーシアが最低ランクに位置づけられた。


 この報告書は、世界中の人身売買や強制労働の実態、
各国政府がとっている対策などが四段階で評価されており、
今年の最低ランクは、北朝鮮やイラン、ミャンマーなど
十七カ国だった。

 報告書は、軍事政権による圧政が続くミャンマーから
漂着した難民をマレーシア政府が保護しないため、
売り飛ばされていると指摘。売買されたミャンマー難民の
多くがタイ国内で売春や低賃金の単純肉体労働に従事させられ、
深刻な人権侵害が起きているという。

 マレーシア政府は報告書に不快感を表明、米国務省に
説明を求めるとしているが、増加するミャンマー難民の扱いは
域内各国にとって頭の痛い問題だ。

 昨年十二月以降、インド当局は約五百人を救出。
インドネシア海軍も今年に入って四百人近くを救出している。

フォーサイト8月号 NEWS PROBEより 



少し前のブログ記事もあわせて掲載させてもらいます。


人身売買 被害者の2割は子供 「現代の奴隷制」


 国連薬物犯罪事務所(UNODC)は12日、近年、
麻薬や武器密輸と並んで急速に国際問題化している
人身売買に関する報告書を発表。被害者の約20%が
子供で「売春など性的搾取の犠牲になっている」と指摘、
各国に法整備など早急な対策を促した。国連が人身売買の
世界的な現状について報告書をまとめたのは初めて。

12日は19世紀に奴隷解放宣言を出したリンカーン
元米大統領の生誕200年。UNODCのコスタ事務局長は
「人身売買は現代の奴隷制であり、廃絶に向け国際世論の
高まりを求めたい」と強調した。

 UNODCは今回、155カ国・地域からデータの提供を
受けたが、非協力的な政府も少なくなく、被害者の総数は
確定できていない。しかし、2006年に111カ国で
2万1400人以上が人身売買事件で保護されていること
などから、コスタ事務局長は「200万人以上と推計される」と述べた。

 地域別では、東南アジア、アフリカなどで人身売買が
横行していると指摘。とくに西アフリカやタイ、カンボジアなど
メコン川流域では被害者の大多数が子供だとした。
被害者の79%は売春など性的搾取の対象、18%が
強制労働に従事させられ、強制結婚や
臓器売買
被害者も報告されているとした。(ニューヨーク 共同)


コメントです。


今回の2つの記事は人身売買についてですが、もちろん、

その犯罪行為の先には搾取等、悲惨な目的があっての
ことです。
そして、すべての目的行為はけっして許されたものでは
ありませんが、特に、臓器売買については、想像を絶する
悲惨な現実であると認識できます。


ところで、途上国から先進国への搾取的人の移動、これは
いうまでもなく経済格差によるものです。


しかし、今回のミャンマーからの人の流出原因となり、それが
流入国で十分に保護されることなく、結果的に人身売買の温床
となっているのは、流入・流失国の政治的おそまつさが原因です。
そして、問題解決のためには、国家体制の立て直しから懸念
しなければならないという困難な事実に現状ではまったく先が
見えないことが残念です。




PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所


posted by salsaseoul at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア

2009年07月06日

比で爆発テロ、宗教抗争激化狙う?

比で爆発テロ、宗教抗争激化狙う?

2009.7.5 20:45

 フィリピン南部ミンダナオ島コタバトで5日、教会近くに仕掛けられた小型の爆弾が爆発、国軍によると、市民ら3人が死亡、30人以上が負傷した。国軍は、反政府武装勢力モロ・イスラム解放戦線(MILF)によるテロとして非難。MILFは関与を否定している。

 教会には、日曜のミサで人が集まっていた。爆弾は、路上に並んだ屋台付近に置かれ、遠隔操作で爆発したという。ミンダナオ島では、MILFなどイスラム武装勢力と国軍の戦闘が継続。教会を標的にすることで宗教抗争の激化を狙った可能性もある。(共同)



 フィリピンはアジア唯一のキリスト教国である。キリスト教スペインが植民地支配したときに広まった。スペインが伝えたものは、ローマ・カトリックであった。そのため、今でも人々のほとんどが、ローマ・カトリックの信者である。キリスト教徒は、フィリピンの全人口の90%以上を占める。そのうち、ローマ・カトリックが83%、プロテスタントが9%、他にはイスラム教が5%、仏教などが3%である。

                                          フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』 より



コメントです。
今日も朝から北朝鮮のミサイル騒ぎでそちらにばかり注目が集まっていますが、それに比べて、素通りしてしまいそうな記事なのでピックアップしました。
でも、これって日曜日の午前にキリスト教会で起こったことを夜に発表でしょう。
つまり、キリスト教徒にとって神聖な日曜日起きた惨事を数行の記事でまとめてしまえばそれまでだけど、実際、そこの現地に居合わせたとしたらどれだけ恐ろしくて、また、どれだけ残念なことかを想像してみました。
それから記事にもあるように、何者かが宗教抗争の激化を狙った、とありますが、動機がどうであれ、人が他人に対して危害を加えるとき、被害者がいちばん望んでいない時にそれを行う…  とんでもなく卑劣な行為ですね。
posted by salsaseoul at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア