home003.gif

2014年12月31日

花粉症、食べて緩和? 慈恵医大など研究 成分含んだコメ、免疫反応を抑制

朝日新聞  2014年12月28日05時00分

20141231.jpg

 スギ花粉の成分を含ませたコメを毎日食べると、花粉症を起こす
体の免疫反応が抑えられた、とする研究を東京慈恵会医科大などが
まとめた。免疫細胞が少しずつ花粉に慣れ、花粉を「異物」と
認識しなくなった可能性があるという。研究チームは、コメから
抽出した成分を薬として実用化することを目指している。

このコメは農業生物資源研究所や日本製紙、サタケが遺伝子組み換え
技術を使って開発した「花粉症緩和米」。慈恵医大の斎藤三郎・
分子免疫学研究部長らは昨年12月から今年5月まで、花粉症患者
30人を対象に効果を調べた。

この結果、緩和米80グラムを毎日食べた人は花粉の飛散が始まっても
スギ花粉に反応する免疫細胞がほとんど増えなかったのに対し、
普通のコメを食べた人は、研究開始時に比べ3〜4倍に増えていた。
副作用は特になかった。

アレルギーの原因となる物質を少しずつとり体を慣れさせて体質改善を
目指す治療法は減感作療法と呼ばれる。
スギ花粉を原料とする薬も発売されている。

農業生物資源研究所ではさらに効果を高めた「花粉症治療米」を
開発した。コメのままでは安定して保管しにくく、薬局にも置きにくい
ことなどから、研究チームは、この米を原料にした花粉症の薬の
開発を目指している。高野誠・遺伝子組換え研究センター長は
「来年度にも治験を始めたい」と話す。

国立病院機構相模原病院の海老沢元宏アレルギー性疾患
研究部長は「血液中の免疫細胞の増殖が抑えられても症状が
抑えられるかどうかはわからず、この点の検証が必要だ」
と話している。    
(岡崎明子)

コメントです。
反対している方々も多いようです。


参考リンク
花粉症にサヨナラ〜あなたは食べる?遺伝子組換え米〜





[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2014年01月20日

スギ花粉症に「なめる」薬 厚労省が初承認、根治に期待

スギ花粉症に「なめる」薬 厚労省が初承認、根治に期待
apital 
2014年1月18日

2014181.jpg
スギ花粉症の根治が期待できる新薬が17日、厚生労働省に
承認された。花粉の成分を元にした薬で、口に含んで粘膜から
取り込んで体を慣らし、異常な免疫反応を引き起こしている
体質を改善する。花粉症の根治療法で「なめる」薬の承認は
国内初。注射薬に比べて患者の負担が少なく、専門医の間で
普及への期待が高まっている。
鳥居薬品(本社・東京)が申請していた舌下免疫療法薬
「シダトレン」。舌の裏側に、目薬のように薬液を垂らして
2分間待ち、そのままのみ込む。1日1回服用する。
臨床試験では1年半続けて、症状抑制の効果が確認された。
適応患者は今のところ12歳以上で、2〜3年は治療が必要。
アレルギー反応によるアナフィラキシーショックなど副作用の
危険もあるため、自宅できちんと管理できることが前提だ。
医師の側も学会や製薬会社の講習会を受けて登録されないと
処方できない。
花粉症でアレルギーの原因物質を少しずつ取り入れ、体の

過敏性を減らす治療法は、根治が望める唯一の方法として
皮下注射が認められてきた。しかし、注射は痛みのほか、
通院が患者の負担となり、抗アレルギー剤などの対症
療法
薬の進歩もあって普及しなかった。

今回の薬の公定価格が決まるのは4月の見込み。実際に
保険診療で受けられるようになるのは5月か6月以降になる。
大久保公裕・日本医科大教授は「十分な知識を持ったうえで
選択するべき治療だ」と話している。(吉田晋)



コメントです。
花粉症の最新治療法の話題の続きです。
ところで、最近の管理人の花粉症対策ですが、
スギ花粉については在来の薬でかなり緩和
できるようになりました。
最近は、スギ、ヒノキより、5月のGW頃に
某国から飛んでくる黄砂に付着している
PM2.5のほうがもっとつらいです。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2014年01月18日

進化する花粉症治療 眠気少ない市販薬、症状ごとに選択肢

進化する花粉症治療 眠気少ない市販薬、
症状ごとに選択肢

朝日新聞 2014年1月14日

201418.jpg

今年もスギ花粉が大量に飛ぶ季節が近づいてきた。
つらい鼻水や鼻づまり。花粉症は今や、3人に1人が
苦しんでいるという国民病だ。最近は、眠気などの
副作用が少なく、症状ごとに効果的な薬も増えている。
自分に合った治療法を見つけることが大切だ。

東京都内に住む主婦(53)は、20年ほど前からスギ花粉が
飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまりに悩まされてきた。
約3年前から、花粉が本格的に飛ぶ時期より前に、

薬を飲み始める「初期療法」を始めた。飲むのは、くしゃみや
鼻水などのアレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬だ。
症状は軽くなり、夜もよく眠れるようになった。
同じタイプの薬はもともと眠気などの副作用が強かったが、
第2世代の薬は副作用もほとんど感じなかった。
「花粉を心配しないで生活ができるようになった」と話す。

現在、第2世代抗ヒスタミン薬花粉症治療の主力になっている。
国内で承認された薬は約15種類に増えた。それぞれ症状を
止める作用や眠気などの副作用の強さに違いがあり、
選択肢が広がっている。2011〜12年に眠気などの
副作用が少ないアレジオン、アレグラが市販薬としても
発売され、12年に鼻水と鼻づまりの両方の症状に
効果があるディレグラが医療用薬に承認された。

日本医科大学の大久保公裕教授ら耳鼻咽喉科
専門家チームは、13年に花粉症の治療に使う鼻アレルギー
診療ガイドラインを4年ぶりに改定した。新しい薬を
含めて重症度ごとに治療法を整理した。「くしゃみ・鼻水型」と
「鼻づまり型」などに分け、鼻に噴霧するステロイド薬や、
鼻づまりに効く「抗ロイコトリエン薬」などの薬との併用の
方法が示された=図。

妊娠初期では胎児への悪影響を避けるために薬の使用は
避け、妊娠5カ月以降で症状がつらい場合は、鼻に噴霧す
るタイプの薬を少量使えるというこれまでの指針は変わらない。

大久保さんは「症状が鼻水か鼻づまりかで治療も異なる。
適した治療を選ぶには、患者自身が抑えたい症状を的確に
伝えることが大切だ」と話す。眠気やのどの渇きなどの
副作用も個人差があり、仕事や生活に合わせ医師と
よく相談して薬を選ぶことが重要という。

■手術や免疫療法も

薬による治療効果が十分でなかった場合などに、
手術する方法がある。
大久保さんによると手術を選ぶ患者は5%程度という。

手術では、花粉に過敏に反応する鼻粘膜の表面を
焼き固めるなどして、花粉に過剰に反応しないようにする。
粘膜表面を焼くには、レーザーや電気メス、超音波メスなどの
手法がある。鼻づまり型には粘膜を切りとり、粘膜の量を
減らす方法がある。
鼻の穴を広げることで、空気を通りやすくする。

聖路加国際病院の内水浩貴医師(耳鼻咽喉科)は
「手術の効果は、長くて1年ほど。毎年、花粉症が流行する
季節の1カ月ほど前に受けるのが効果的」と話す。
手術後は、軽度の痛みがあったり、かさぶたが
できたりすることがある。

花粉などのアレルギーの原因物質をごく少量、口に
含んだり、注射したりすることで体を慣れさせる
アレルゲン免疫療法」も広がりつつある。注射の治療は
公的医療保険が使えるが、週1回、長期通院が
必要になる。口に含む治療は保険適用がこれからで、
今年の花粉の季節には使えない。過剰なアレルギー反応に
伴うアナフィラキシーのリスクがあり、治療を受けられる
医療機関は限られる。

東京慈恵会医科大耳鼻咽喉科の浅香大也講師は
「外出時にマスクや眼鏡を着用するなどして、花粉を
できる限り避けることで薬などの治療効果も上がる」と語る。

 (今直也)


コメントです。
2月の声も聞こえてくると、
すぐに花粉症のシーズンですね。
管理人も重度の花粉症ですので、
今日の記事は大変参考になりました。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年12月22日

ピルの副作用、血栓に注意を 5年で11人死亡例

ピルの副作用、血栓に注意を 5年で11人死亡例
朝日新聞 2013年12月17日

【阿部彰芳】生理痛の治療や避妊でピルをのんだ後に、
血の固まりができる副作用によって、この5年間で11人死亡し、
重症例が361件報告されていることがわかった。
日本産科婦人科学会
(日産婦)は緊急に注意を呼びかけたほか、
厚生労働省研究班も実態調査に乗り出した。

医薬品の安全を管理する独立行政法人の集計などによると、
2008年〜13年上半期に、低用量ピル11品目で、血の固まりが
血管をふさぐ血栓の重症例が延べ361件、副作用として
報告されていた。死亡は11件で10代1人、20代2人、

30代4人、40代1人、50代2人、不明1人だった。

血栓は血の流れが遅い静脈にできやすく、ピルを使わなくても
10万人あたり年5人の頻度で起きる。ピルはこのリスクを
3〜5倍引き上げる。ピルに含まれる女性ホルモンが血液を
固める成分の合成を促すためだ。副作用の報告はピルとの
因果関係が不明の例も含むが、08年の33件から12年の
105件に増え続けていた。

ピルは避妊だけでなく重い生理痛や子宮内膜症などの
治療薬として広がっている。子宮内膜症は、治療しないと
不妊や卵巣がんのリスクが高まるからで、08年以降、2品目が
保険適用された。
日本家族計画協会専務理事の北村邦夫医師によると、

ピルの売り上げは08年から4年間で約1・5倍に増え、
利用者は推定100万人に上る。

日産婦は今年2人死亡したことを受け、注意喚起した。
血栓の前兆になる頭や胸、ふくらはぎの痛み、視野の
異常などがあれば、すぐに専門医に診断を頼むよう求めた。
北村さんは「事前に血栓が起きるかわからない。
血栓は治療薬があるので早く見つかれば重症化を防げる」と話す。

厚労省研究班(担当=小林隆夫・浜松医療センター院長)は2千超の
医療施設を対象に、ピルなどの女性ホルモン剤と血栓の頻度など
副作用の詳しい実態を調べ、安全策を提言する。
小林さんは「ピルは比較的、副作用が少ない薬だが、
血栓が起きうると思って使うことが大事だ」と話す。



コメントです。
避妊用ピルの副作用の話題です。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年12月08日

幹細胞移植で消えたHIV、数カ月で再検出 米患者2人

幹細胞移植で消えたHIV、数カ月で再検出 米患者2人
CNN.co.jp 12月8日(日)

hiv-test.jpg
hiv-test2.jpg

(CNN) HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染した男性患者2人が
リンパ腫治療のため骨髄移植(造血幹細胞移植)を受けた後、
いったん消滅したとみられていたHIVが再び検出された。
米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研究者らが7日、明らかにした。
同病院のティモシー・ヘンリッヒ博士によると、患者は長年に
わたり抗HIV薬の投与を受けていた男性2人。ともにリンパ腫と
診断され、集中的な化学療法に続いて幹細胞移植を受けた。
移植後6〜9カ月で血液中のHIVが検出されなくなったため、
今年春に抗HIV薬治療を中止。通常なら中止後8〜10週間で
増えてくるはずのHIVが検出されない状態を維持し、今年7月に
クアラルンプールで開催された国際エイズ学会でも報告されていた。
しかしその後も7〜10日ごとにHIV検査を実施したところ、1人は
治療中止から12週間後の8月、もう1人は32週間後の今月に
入って、再び陽性となった。
2人ともHIVの検出が確認された後ただちに治療を再開し、
現在健康状態は良好だという。
ヘンリッヒ博士は「残念な結果だが、HIVはいったん検出されない
レベルまで抑えられても再び増える恐れがあるという事実が新たに
分かった」と述べた。従来の検査では検知できないところで
ウイルスが生き残っていた可能性が考えられる。
HIV感染者への幹細胞移植では、07年にベルリンの男性が
白血病治療のため移植を受けた後、HIVが検出されなくなった
ケースが報告され、初の完治例として注目された。
同ケースではHIVに感染しない遺伝子変異を持つ提供者の
骨髄が使われたが、この変異は非常に珍しく、主に北欧などの
白人の1%にしかみられない。
また、移植に際して患者自身の免疫システムを完全に破壊する
必要があるため危険性が非常に高く、死亡率は20%にも
上るとされる。さらに移植には高額の費用がかかることから、
白血病などを発症していないHIV感染者の治療としては
現実的ではないと考えられている。



コメントです。
幹細胞移植によっていったん消えたとされた
[HIV]が、数カ月で再検出されたことに
ついての話題です。
確かに再検出は残念な結果事例ですが、
それでもこの治療過程は資料として
かなり貴重なもので、間違いなく次世代の
治療研究に役立っていくことでしょう。


[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年11月10日

8時間以内に世界展開「国境なき医師団」とは?

8時間以内に世界展開「国境なき医師団」とは?
THE PAGE 11月9日(土)


11101.jpg

海外の紛争地や被災地のニュースが伝えられると、たびたび
「国境なき医師団」(MSF)という言葉を目にします。
病気で苦しんでいたり、傷ついた人たちを助けたりする医師の
グループということは想像できますが、どんな特徴のある
組織なのでしょうか?

1971年にフランスの医師らのグループによって作られた
人道援助団体です。
国連の関連組織と思われることもありますが、実際は
国連とは関係のない100%民間の団体です。

活動資金の大半は、個人や法人からの寄付金です。
政府からの金銭的な援助があると、すぐに医師を派遣したい
国があるのに、政治的な意図によって活動地や活動内容が
左右されたり、現地の紛争当事者に受け入れてもらえない
おそれがあったりするためです。

 
11102.jpg

活動は世界中に及んでいます。オランダ、スイス、スペイン、フランス、
ベルギーをはじめ、アメリカやインド、香港、日本など世界中に28の
拠点があります。2012年は現地スタッフも合わせ、約3万5000人が
アフガニスタンやシリアなど72か国で活動しました。

「国境なき医師団」の活動を特徴づけているのは
医療活動」と「証言活動」の2つです。

医療活動」は、緊急援助を専門としています。
世界中のどこにでも48時間以内にチームを展開する機動力があり、
エアテントで無菌の手術室を備えた病院を設置することもできます。
医師だけでなく、活動する医師らを支えるため、現地で飲み水を
確保したり、物資の調達を行ったりするスタッフもいます。

「証言活動」は、いわば広報活動ですが、自分たちの団体をPRする
ことだけが仕事ではありません。活動地では、虐殺など、多くの
人命を危機にさらす見過ごせない事態を目撃することもあります。
国際社会からより多く支援が届くよう、ジャーナリストとして現地の
証言を集め、写真やビデオを撮影し、世論を喚起するという
役割を担っています。

 
11103.jpg


「国境なき医師団」の医師は、同じ医師でも求められる
スキルは特別です。

海外で活動するため、最低限英語が話せる必要があります。
現地では機材が十分にそろわないため、限られた設備で
診療ができなければなりませんし、日本では滅多にみない銃弾に
よる傷の手当もできなければなりません。
母国にない病気も治さないといけません。

彼らは本業を持っているという意味ではボランティアですが、
無償で活動してはいるわけではありません。経験によって
異なりますが、月14万円以上が支払われます。
食費などは共同生活で賄われます。

 

11104.jpg

日本では、1992年に日本事務局が発足。東京にある事務局
オフィスには約40人のスタッフが働いています。これとは別に、
すぐに派遣に応じられる日本人医師ら300人がいます。
2012年には、日本からアフガニスタンやシリア、パキスタン、
中央アフリカ共和国など27の国と地域に62人がのべ94回
派遣され、援助活動をしました。東日本大震災では、機動力を
生かして、翌日には医師など6人のチームがヘリコプターで現地入り。
その後ものべ41人が被災地で医療援助診療所開設活動にあたりました。


関連記事です。
「国境なき医師団」の厳しい現実

2011年の民主化運動を機に内戦状態が続くシリア。すでに戦闘を
避けて200万人以上が避難したといわれるが、今も周辺国への
避難を望むシリア人の数は増加の一途だ。人道的援助活動は
まったく追いついていない。

国境なき医師団(MSF)はシリア政府の「認可」を得られないまま
援助活動をしていたが、11年3月に治安悪化で活動をいったん
中止したという経緯がある。しかし12年6月にシリア北部の
空き家を仮設病院として立ち上げ再スタートした。

現在、シリア北部のトルコ国境近くで3カ所の病院を運営している。1

2年6月以来、1万件以上の治療、900件以上の外科手術を
行っている。麻酔科医として05年からMSFの活動に参加、すでに
8回の派遣歴を持つ初雁(はつかり)育介さんは昨年8月末から
2週間ほど、このシリアに派遣され、14〜15床の小さな
病院で診療に従事した。

「運ばれてくる患者はさまざま。市民か軍人か、政府軍か
反政府軍かは関係ない。私の出番は麻酔を使った手術を
必要とする重傷患者のときだ。多いときは1日十数人が
運ばれてくる。しかも爆撃や戦闘が起こるのは、主に夜。
夕方から翌朝までが特に忙しい」(初雁さん)

初雁さんを含む外国人スタッフは医師、看護師、ロジスティシャン
(物資の手配や搬送など、活動を補助する職員)など含め、
入れ替わりはあるが常時8〜10人程度。後は現地スタッフだ。
コミュニケーションは英語、あるいは通訳を交えての会話だ。

運ばれてくる患者のほとんどは爆撃や戦闘によるケガ人だが、
その中には「体の一部が吹き飛んだ人、弾丸数発が腸や肺を
貫通して穴が開いた人などがいる。その穴が開いた大腸を
取り出して一つひとつ穴を縫い合わせるという手術も行った」
(同)という。

身の危険は感じないのか。基本的にはシリア国内の戦闘の
激しい地域では医療活動をしない。だが、戦闘地域内ある
現地の病院に医薬品を届けるスタッフには命の保証はない。
街なかの病院が爆撃対象になったり、焼き討ちに遭うことも
あったという。「医療活動していた仮設病院の近くでも、朝方、
銃を乱射する音が聞こえるときがある。そんな時は体を伏せて
身を守った」(同)。

爆撃、戦闘から逃れようとするシリア人が集まる国境付近は
難民キャンプとなり、そこは衛生状態が悪く、コレラなどの
感染症も発生している。また、難民キャンプにサソリが出て
大騒ぎになったこともあるという。

文化や宗教の違いも、時に診療を難しくする。
「ムスリムは、男と女は完全に部屋を分ける。また、女性は
人前では肌を出さないだけでなく、男性には体を触らせない。
だから、女性専門の女性スタッフチームが必要になる」(同)。

外国人スタッフだけでは限界はある。しかし、まだまだ現地
スタッフの医療知識レベルは低い。文化や感覚の違いもあるが、
どうやってスタッフ教育をしていくか、援助活動を続けて

いくうえでの課題は山積している。
紛争とHIVと睡眠病…高い幼児死亡率の最貧国

アフリカ大陸の中央部に位置する中央アフリカ共和国。
1960年フランスから独立した後も政情不安が続いている。
ダイヤモンドや金、ウランの産出国だが、経済発展には
結び付いていない。国際社会からの支援金や支援物資は、
どこかで消えてしまう。政府は存在するが、国民には
その支援は届かない。

国民の9割が1日2ドル以下で暮らす世界最貧国の一つ。
山間部の村には、電気もガスも水道もない。
だが、携帯電話は普及している。ソーラーパネルを利用した
「充電屋」だけは儲かっているようだ。

落合厚彦さんは、物資調達、施設・機材・車両管理など
幅広い業務を担当するフィールド・ロジスティシャンとして
昨年6月から約半年間、中央アフリカに派遣されていた。
日本では20年ほどラジオ番組の制作をしていたが、
08年からMSFの活動に参加、マラウィ、ナイジェリア、
ジンバブエ、スーダンなど、アフリカを中心に8回の派遣歴を持つ。

落合さんが中央アフリカで活動していた病院はカーノという町の
基幹病院でベッド数は100ほど。一番のミッションは
高い乳幼児死亡率への対策で、MSFは診療だけでなく、
病院を現地の人だけで運営できるようにサポート体制の
確立も目指す。またHIVやアフリカ大陸に多い睡眠病の
ケアも大切な仕事だ。

落合さんの仕事は幅広い。物資調達といっても、現地では
なかなか手に入らないものが多い。本部へ連絡して空輸して
もらえば簡単だが、それではコストがかかりすぎる。時には
必要物資を調達するため、遠くまで出掛けたり、その物資が
あったとしてもすぐには購入せず複数購入先が見つかれば
必ず相見積もりを取って、安いほうを買う。

車両管理から飛行機の手配、水の確保まで行う

「MSFにはマニュアルがあって、効率的に業務を行うだけでなく、
何にどれだけおカネを使ったかを説明する責任がある。
寄付金は大切に使わなければならない。
その透明性も求められている」(落合さん)

また、車両管理といっても、車の台数だけでなく、ドライバーの
確保、さらには倉庫係や無線係といった現地スタッフの確保も
仕事の一つだ。時には、レントゲン設備のある大きな病院へ

患者を移送したり、飛行機の手配をしたりしなければならない
こともある。中でも安全な水の確保は、医療活動をするうえでも
重要だ。フランスの物流センターからは5000リットルの
タンクやホースのセットが送られてくる。水を入れ、浄化して使う。

困ったのは言葉だった。英語以外にフランス語も勉強して
いたので、ある程度の会話はできるが、現地のフランス語は
フランス人にもわからないときがある。現地スタッフとの
コミュニケーションには苦労した。病院では電気を私用に
使う現地スタッフが多くて困ったという。
「自家発電しているが、現地スタッフはコンセントが空いていると、
すぐに自分の携帯電話の充電に使う。
やめろ、ともなかなか言えない」(同)。多くの乳幼児が
亡くなっている現実の一方で、その施設内では貴重な
電気がこんなことに使われているのだ。

中央アフリカの内戦はいまだに続いている。
政府はこうした医療体制の整備について何もしない。
政府関係者の間では汚職が横行している。

大地震から2年半不衛生で劣悪な環境

カリブ海に浮かぶ島国、ハイチ。10年にマグニチュード7・0の
大地震が発生し、首都ポルトープランスを中心に甚大な
被害を受けた。追い打ちをかけたのがコレラの大流行だった。
MSFはすぐに現地入りし、全国50カ所の施設で活動。
およそ17万人のコレラ患者を治療してきた。
しかし、13年になっても、いまだコレラは収束する
兆しがなく、MSFの支援は続いている。

看護師の京寛(きょうかん)美智子さんは、05年から
MSFに参加、これまでシエラレオネ、ナイジェリア、
南スーダンなどアフリカを中心に8回の派遣歴を持つ。

総派遣期間は45カ月に上る。

京寛さんがハイチに派遣されたのは、10年11月末から
翌年2月までの約3カ月間。京寛さんがいた医療施設は、
各20ベッドほど入る大きなテントが九つあり、外国人
スタッフは医師が3〜4人、看護師6〜7人、ロジスティシャン
5〜6人と多く、現地スタッフも約100人ほどいる大きな
施設だ。妊婦やHIV患者などもいたが、ほとんどは
コレラ患者だ。MSFの施設はコレラ専門施設が多かった。

京寛さんは「地震の後も復旧というには程遠い。
きれいな水の確保が難しく、街なかであっても排泄物などを
垂れ流しているというのが現状。自分たちの分も含め、
とにかく水の確保が重要だった」と振り返る。

最初の1カ月間、夜は外国人スタッフ数名と同じテントで
ごろ寝していた。水も自分たちで塩素消毒などして使い、
衛生状態は劣悪だった。幸いにも外国人スタッフから
はコレラに感染した人は出なかった。勤務時間は
朝6時から夕方6時までだが、夜間の救急患者などは
現地スタッフには任せられないので、
「まさに24時間体制だった」(京寛さん)。

京寛さんが怒りに震えたことがあった。それは、ハイチの
大統領選(10年11月)のときだ。コレラが大流行している
最中に選挙が行われ、それに伴い一時は内乱状態になり、
道路が遮断されたり交通障害も起こった。市民も医者も
病院に行きたくても行けない事態となったからだ。

もともと水道などインフラは整備されていなかった。
2年以上もコレラの流行が収束しなかったのは、
大地震だけのせいではないのだ。

この3カ国は、MSFが援助活動を行っているアフリカ、
中南米、中東など約60カ国のほんの一部にすぎない。

個人の寄付が援助活動を支える

国境なき医師団憲章には「苦境にある人びと、天災、人災、
武力紛争の被災者に対し差別することなく援助を提供する」と
書かれている。その活動資金は個人が支える。
残念なことに、この地球上にはMSFの援助を必要とする
国や人々はまだまだたくさんいる。



img_1469c054089bc08483ec12b473922635139250.jpg
(週刊東洋経済2013年2月9日号)



コメントです。
「国境なき医師団」の話題です。
よく耳にするキーワードですが、
実際の活動内容と現状についての
くわしい記事があったので掲載しました。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年11月09日

フランス、HIVの自己検査キットを発売へ

フランス、HIVの自己検査キットを発売へ
AFP 2013年11月08日

【11月8日 AFP】フランスのマリソル・トゥーレーヌ
(Marisol Touraine)保健相は7日、後天性免疫不全症候群
(AIDS、エイズ)を引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)の
まん延の抑止に向けた戦略の下、同国で来年、HIVの
自己検査キットが発売される見通しだと発表した。

自宅で使用可能な検査キットを市販する目的は、「検査所や
病院には行きたくない人が」自分のHIVの状態(陽性か陰性か)に
ついて知ることができるようにするためと、同保健相は議会の
委員会で語った。

自己検査キットでは、指先の血液1滴や口内から採取した
綿棒サンプルを使用して、HIV抗体を検出する。結果は通常、
30分以内に出るようになっている。

フランスでは2011年、HIVの新規感染者数が6100人を記録した。

当局の試算によると、同国ではHIV感染に気付いていない
人の数が最大4万人に上る可能性があるという。(c)AFP

関連記事です。

完治の希望くじく、HIVの巨大な「隠れ家」 米研究

【10月29日 AFP】現代の医療では、ヒト免疫不全ウイルス
(HIV)による症状の進行を抑えることはできても完治は
不可能だが、それはHIVの「隠れ家」が予想以上に大きいことに
理由があるかもしれないとする研究論文が24日、米医学誌
セル(Cell)に掲載された。

米ジョンズホプキンス大学医学部
(Johns Hopkins University School of Medicine)などの
研究チームが発表した最新の論文によると、残存するHIVは、
人体の免疫細胞内で休眠状態になることができる。このいわば
潜伏する病原巣は、これまでの推定よりも60倍大きいことが
明らかになったという。

HIVは通常、感染者が抗レトロウイルス薬の服用を止めると
即座に再活性化して、天性免疫不全症候群(エイズ、AIDS)の
本格的発症を引き起こす恐れがあるが、3年間に及ぶ研究室での
実験に基づく今回の研究結果はその理由を説明している。

研究を率いたジョンズホプキンス大のロバート・シリチアーノ
(Robert Siliciano)教授は「HIV疾患を完治させる治療法を
見つけることは、これまで考えられ、待ち望まれてきたよりも
はるかに困難なことを、われわれの研究結果が確固と示している」と
語った。

同教授は、休眠中のHIVの病原巣が免疫細胞内に存在することを
1995年に初めて明らかにした。

血液検査でHIVが検出されない場合でも、全身の細胞や組織の
中に残存するHIVであるプロウイルスが213個存在することが
知られている。このうち全体の12%に相当する25個が、自らを
再活性化して遺伝物質を複製し、他の細胞に感染する恐れが
あることが今回の研究で明らかになった。

この結果は研究チームを驚かせた。これらの非誘発性の
プロウイルスは、これまでは「不完全」とみなされていたため、
HIV感染症の再発には何の役割も果たさないと考えられてきたからだ。

今回の研究では、無傷の非誘発性プロウイルスの感染頻度は、
これまで知られてきた潜在的に危険な残存ウイルスに比べて
「少なくとも60倍高い」ことが明らかになった。

完治を達成するためには、これらの無傷の非誘発性プロウイルスを
一掃する必要があると専門家らは述べている。そのためには、
この種のプロウイルスを標的とする特殊な薬剤が必要になる。

世界のHIV感染者数は3400万人以上に達している。
30年間に及ぶ世界的な流行で、毎年約180万人が死亡している。
(c)AFP/Kerry SHERIDAN



コメントです。
HIVの自己検査キット発売の
話題です。
あくまでも余談ですが、個人で安易に
検査結果が得られて、その後感染が
わかって自暴自棄になられたとしたら…
ちょっと怖いですね。


[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年10月27日

日本初「母乳バンク」、昭和大設立 低体重児増加、免疫働き補う

日本初「母乳バンク」、昭和大設立
「低体重児増加 ・ 免疫働き補う」

朝日新聞 2013年10月27日

10271.jpg

病気や早産で母乳が出ない母親に代わり、別の女性の母乳を
提供する日本初の「母乳バンク」が、昭和大小児科(東京)に
誕生した。小さく生まれた赤ちゃんは、免疫の働きが不十分で、
様々な病気のリスクを避けるには母乳が効果的だ。高齢出産や
不妊治療による多胎などで、小さい赤ちゃんの割合は増えており、
5年以内にNPO法人化して普及を目指す。

学内の倫理委員会の承認を得て、スタートした。

同大小児科の水野克己准教授によると、早産では、赤ちゃんが
2500グラム未満の低出生体重児になるだけでなく、母親も母乳を
出す準備ができていないことがある。
早産で小さく生まれた赤ちゃんは体の働きが未熟で、
腸に穴があく壊死(えし)性腸炎や未熟児網膜症、
慢性的な肺の病気などのリスクが上がる。
母乳にはこれらのリスクを下げる成分が含まれているため、
出産から2〜3日以内に飲ませることが有効だ。
粉ミルクでは、こうした効果は期待できず、赤ちゃんの腸に
壊死などのトラブルが起きやすくなる心配もある。

母乳バンクへの提供者は、早産で小さく生まれた赤ちゃんに
必要な成分が含まれている母乳が出る人が望ましい。
このため、同じく早産ながら、母乳が多く出る女性に協力して
もらう。母乳にウイルスなどの感染症がないことを確認して、
低温殺菌処理した後、マイナス70度で冷凍する。
提供、利用ともに無料とする。

近年、高齢出産や不妊治療の増加に伴って、低出生体重児の
割合は増えており、2012年は新生児の約10%、10万人近くに
上る。母乳バンクは欧米を中心に先進国のほとんどで整備され、
ブラジル、中国など約40カ国で定着している。(岡崎明子)



コメントです。

日本初「母乳バンク」、設立の話題です。

PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所



posted by salsaseoul at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年10月03日

出生前診断に新手法 費用8分の1、年齢制限なし 相談体制の充実課題

出生前診断に新手法 費用8分の1
年齢制限なし 相談体制の充実課題

朝日新聞 2013年10月3日

10031.jpg

妊娠初期に胎児にダウン症などの染色体異常があるか
調べる新たな出生前診断を、昭和大など6施設が始める。
妊婦の血液検査と超音波検査を組み合わせた。
今春、国内で始まった新型診断に比べて、費用は8分の1で
すみ、年齢制限も設けないが、異常を見つけられる確率は
約8割にとどまる。急速に広がる可能性があり、妊婦への
支援や遺伝相談の充実がより重要な課題になる。

計画しているのは、遺伝カウンセリング体制が整っている
昭和大(東京)など大学病院を中心に、国立成育医療
研究センター(東京が加わる。施設内の倫理委員会の
承認を受け、早い施設は10月中旬以降に始める。
検査を受けた母親や胎児の経過も追い、検査法に問題が
ないか検証するため、連携して臨床研究の形で行う。
正式に実施が決まれば、参加施設名は公表される
見通しだ。今回の検査は、血液中の特定のたんぱく質の
濃度などを測る新しいタイプの「母体血清マーカー」に、
超音波で胎児の首の後ろのむくみを測る検査(NT測定)を
組み合わせ、妊婦の年齢を考慮して染色体異常の
確率を出す。妊娠11〜14週で検査が可能で、異常を
見つけられる確率(検出率)はダウン症で83%、
18番目の染色体が3本あり、精神遅滞や様々な
発育異常が出る18トリソミーで80%という。検査は
米国の会社が行うが、昭和大が提供した日本人データを
もとに判定する。血液1〜3ミリリットルを米国に送ると、
7〜10日で結果が出る。費用は2万5千円。

今年4月に始まった新型出生前診断は妊娠10週以降に
検査が可能で、検出率も90%以上と高い。ただし、遺伝子
解析が必要なため、費用は21万円。対象者も日本産科
婦人科学会の指針で原則35歳以上などと限定されている。
国内で1990年代に導入された従来の母体血清マーカーは、
妊娠15週以降にしか使えなかった。今回の手法では、
妊娠11週以降に実施する超音波検査と組み合わせることで、
より早期に高い検出率で検査ができると期待される。
この検査法は英国では公費で導入され、米国でも米産婦人
科学会が勧めている。国内でも一部の診療所などが独自に
導入、欧米のデータなどをもとに判定している。
出生前診断で、結果を確定させるには羊水検査などが
必要だが、流産のリスクもある。また、十分な情報がないまま
受ければ、安易な人工妊娠中絶が増えて、命の選別に
つながりかねないとの指摘もある。(岡崎明子)



コメントです。

今年4月に始まった新型出生前診断に続いて、
今度はそれの簡易版についての話題です

このように、出生前診断の手法と実施機関
整備が続けば、将来的には国の福祉予算や、
該当する親の負担も
少なくてすみます。
ですが、結果的には命の選抜をしているわけで、
なんとも切ないですね。



PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年09月26日

がんによる損失、最大1.8兆円 厚労省研究班推計

がんによる損失、最大1.8兆円 厚労省研究班推計
朝日新聞 2013年9月25日

【岡崎明子】がんにかかったことで、通院で会社を休んだり、
仕事の生産性が落ちたりして、年間最大約1兆8千億円の
労働損失が生まれている可能性が、厚生労働省研究班の
研究でわかった。こうした推計は国内で初めて。
働く意欲のある患者を支援する動きもあり、研究班は
「対策を取ることで損失を減らせるかもしれない」と指摘する。

国立保健医療科学院の福田敬・上席主任研究官らは2011年度の
国の統計をもとに、20〜69歳で働いている人ががんになった際の
労働損失を推計。対象は最大40万人と見積もった。

入院や通院で会社を休んだ場合など治療による直接的な損失は
約4500億円。
うち女性の乳がんは約550億円と最も多かった。
乳がん
は40〜50代の働き盛りの年代で発症する人が多い上、
術後も通院期間が長いことが理由として考えられる。

治療日以外の労働状況についても、一般の人と同じ程度に
働けるかどうか、仕事を辞めていないかなどの間接的な
労働損失を推計。仮に全員が辞めてしまった場合の損失は
約1兆3800億円となり、治療による損失と合わせると
最大1兆8千億円になる可能性があるとした。



コメントです。

癌を発病することによって、社会的損失が
どれほど発生しているのかを数値化した
記事です。興味深いですね。
一般的なことですが、この数字を小さくする
ためには、まず、定期的な健康診断や、日々の
生活習慣を改善するなどの地道な啓発行動を、
現状よりさらに促進していくべきですね。


PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年08月15日

歯のカルテ、統一へ 大災害の発生時、迅速に身元確認

歯のカルテ、統一へ 大災害の発生時、迅速に身元確認
朝日新聞  2013年8月14日

815.jpg

厚生労働省は、大規模な災害や事故が起きたときに
身元確認のために遺体の歯の治療記録を使いやすくするため、
歯科の電子カルテのフォーマット(形式)の統一を進める。
フォーマットがばらばらで照合に時間がかかった東日本
大震災の反省を踏まえたもので、将来は全国的な
統一データベースも視野に入れている。

遺体の損傷が激しくても、残っている歯の治療痕と、
かかりつけ歯科医師が持つカルテを照合することで
身元がわかる。古くから行われている手法だが、
東日本大震災ではあまりうまくいかなかった。

津波で多くの遺体が広い範囲で流され、かかりつけ
歯科医師がわからないケースが多かったことや、
カルテ自体が失われたためだ。さらに、歯科医師が
使っている電子カルテの入力項目などのフォーマットが
メーカーごとに異なり、照合が難しかった。データの
再入力が必要になるなど混乱を招いたため、厚労省は
歯の統一電子カルテづくりを進めることにした。

同省研究班(研究代表者=小室歳信・日本大教授)に
よる調査で、500人分のサンプルデータについて32本の
歯を「虫歯あり」「金属で一部修復」「全て修復」「欠損」
など六つに分類して検索すると、96%は1人に特定できた。
この手法で全国89カ所の歯科医療機関でモデル事業を行う。

個人情報保護などの問題もあるが、統一データベースが
できると遺体の歯の治療痕の情報を入力・検索すれば、
絞り込みができるようになる。

■治療痕、日航機事故で注目

歯の治療記録による身元確認は、1985年に乗客・乗員
520人が死亡した日航ジャンボ機墜落事故で注目された。
一般的に、災害で身元がわからなくなった遺体の1割程度は、
これが身元確認の決め手になるとされ阪神大震災でも役立った。

東日本大震災で、岩手、宮城、福島の被災3県で亡くなり、
身元が確認された1万5678人のうち、8%にあたる1
238人は、この手法で身元が判明。混乱したとはいうものの、
指紋照合で判明した370人より多かった。

南海トラフ沿いで起きるとされる巨大地震では、最悪の場合、
東海、近畿、四国、九州で約32万人が亡くなると
想定されており、統一電子カルテは、身元確認を効率化する
手法の一つと考えられている。

日本歯科医師会は歯科カルテのデータベースの必要性を
訴え、今回の厚労省の動きにつながった。

関連記事です。

「歯」の電子カルテの「データベース」構想
遺体の「身元確認」のために必要なのか?

弁護士ドットコム

津波被害の大きかった東日本大震災では、遺体の損傷が
ひどく、容姿や衣服などから「身元」を特定できない場合が
少なくなかったという。そんな中で頼りにされたのが「歯」の情報だ。
しかし、資料となるカルテの多くが津波でなくなってしまったうえ、
紙や電子のかたちでカルテが残っていても、形式が統一されて
いなかったため、照合に時間がかかってしまった。

こうした反省から、厚生労働省は遺体の身元確認に歯の情報を
活用するため歯科医の電子カルテの標準化に動きはじめたようだ。
さらに将来、歯の電子カルテがデータベース化されれば、災害時の
身元確認が円滑に進むことが期待されるという。

しかし、見方を変えると、データベース化は、歯医者を通じた国民の
管理といえなくもない。電子カルテの標準化やデータベース化には、
どのような法的な問題があるのだろうか。
歯科医師の資格も持つ元橋一郎弁護士に聞いた。

●「身元確認のための電子カルテ標準化」は本質的な議論ではない

「災害被災者の身元特定のために歯科電子カルテの仕様統一を
図るという提案は、眉唾な話ではないかと思います」

このように元橋弁護士は疑問を呈する。そのうえで、歯のデータの
提供に関する法的側面について、次のように説明する。

「身元確認のための歯科診療情報提供は、本人の同意が得られて
いない場合でも個人情報保護法23条1項3号の『公衆衛生の向上』に
あたるとして、警察等に診療情報を提供する余地はあります。
歯科医師には刑法上の守秘義務(刑法134条1項)がありますが、
正当業務行為(同法35条)として解除されるかもしれません」

身元確認をスムーズにおこなうために「歯の電子カルテ」の
標準化をおこなうというプランには、どのような意味があるのか。

「たしかに、歯科電子カルテの仕様が統一されていれば、
遺体の歯の抜け方(残り方)や歯の治療跡等のデータと
照合する作業がいまよりも容易になるでしょう。
しかし、遺体の身元は、これらだけでは確定できず、
写真やレントゲン、模型等が必要です。

すなわち、カルテが電子化されるだけでは、レントゲン等の提供
までは容易にならないので、身元確認のために歯科電子カルテの
様式を統一しようというのは、本質的な議論ではありません」

●電子カルテの標準化のメリットとは何か?

このように元橋弁護士は指摘する。では、「歯の電子カルテ」の
標準化は必要ないのか。元橋弁護士は「そうではない」という。

「歯科電子カルテの仕様統一には、次のようなメリットがあります。
(1)診療報酬の電子請求が容易になる
(2)歯科カルテの記述が不十分であることの改善策となる

(3)歯科カルテは自費診療と保険診療の診療録が
分かれているが、その統一が図られ、診療報酬の
二重請求や診療経過の不明確性が改善される

(4)インプラントやパーセレン冠等の高額自費診療の際の
患者への説明、患者の同意が、歯科カルテ上に明確に
記載される可能性がある」

つまり、災害時ではなく、日常的な診療の場面を
考えても、歯科カルテの電子化や標準化は推進する
意義があるというのだ。

「歯科カルテの電子化や仕様統一は、災害時の遺体の
身元特定という例外的な事項から論じるのではなく、
歯科医療を患者にとってより分かりやすいものと
することができるか、社会全体のコストを抑えることが
できるか等の観点から、推進の是非を論じていくべき
問題と考えます」

最近は、歯科診療の場面でも、電子カルテは当たり前の
光景になりつつある。社会全体のIT化の流れからすれば
当然といえるが、デジタルデータは流出したら簡単に
拡散してしまうというリスクもあるので、個人情報保護に細心の
注意をはらいながら、有効活用をしていってもらいたい。



posted by salsaseoul at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年08月08日

異常胎児選んで減胎手術36件…長野の産科医

異常胎児選んで減胎手術36件…長野の産科医
読売新聞 2013年8月5日

20130805-952371-1-L.jpg

出産の危険が高まる双子や三つ子などの多胎児を妊娠した際、
胎児の数を減らす減胎手術の実施を公表している諏訪マタニティー
クリニック(長野県下諏訪町、根津八紘院長)で、異常が
見つかった胎児を選んで手術を行ったケースが、これまでに
36件あることがわかった。

8日から大分県別府市で開かれる日本受精着床学会で
発表される。母体保護法は減胎手術について定めておらず、
国も具体的な指針を作っていないが、こうしたケースが
初めて明らかになったことで、今後、議論を呼びそうだ。

同クリニックによると、減胎手術の理由は、ダウン症などの
染色体の病気が25件、胎児のおなかや胸に水がたまる
胎児水腫などの病気が11件だった。31件が不妊治療に
よる妊娠だった。

いずれも、夫婦が「減胎できなければ、すべての胎児を
中絶する」との意向を示したという。今回の減胎手術に
ついて、根津院長は「一人でも命を助けるために、
やむを得ず行った」としている。

◆減胎手術=多胎妊娠となった場合に、母子の安全性を
高めるための処置として始まった。超音波で確認しながら、
子宮内で一部の胎児を心停止させる。通常、胎児の異常が
ほとんどわからない妊娠初期(12週未満)に行われる。

関連記事です。

「この道しか」減胎手術、苦渋の選択…自責も
「自分を責めたが、この道しかなかった」――。

 諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)で、異常が
見つかった胎児を選んで減胎する手術を受けた夫婦3組が、
読売新聞の取材に応じ、苦渋の決断をした胸中を語った。
一方、ダウン症の子どもの家族からは「障害を受け入れない社
会にも問題の背景がある」との声が聞かれた。

「2人とも産むか中絶するか、なるべく早く決めてください」

2010年夏、中部地方の主婦(39)は、おなかの中の双子の
羊水検査の結果を聞いた。

結婚3年目、体外受精で待望の妊娠だった。
だが、妊娠10週の超音波検査で、1人に染色体異常の疑いが
あると言われ、羊水検査を勧められた。

結果は、ダウン症。10歳上の夫と話し合った。主婦は、ダウン症の
いとこがおり、おじおばが愛情を注ぎながらも、苦労する姿を見てきた。

「将来、私たち夫婦が亡くなったら、同時に生まれてきた
きょうだいに大きな負担をかけてしまう」

病院で中絶手術の日程を予約したが、「年齢的にも最後かも」と
思うと簡単にはあきらめられなかった。
諏訪マタニティークリニックのことを知り、減胎手術を受けた。

11年春、女児を出産した。亡くなった胎児は、火葬し、
故郷のお墓に入れた。

墓参りのたび、「ここに妹がねんねしているよ」と、家族で手を
合わせる。「目の前にいる娘を救えた意味を深くかみしめている」

         ◇

関東地方の主婦(31)は10年末、排卵誘発剤による不妊治療で、
三つ子を妊娠した。不妊クリニックの院長から、「このままだと、
流産の危険が高い」と説明を受け、妊娠8週で減胎手術を受けた。

出産する病院で、残った2人のうち1人がダウン症だとわかり、
諏訪マタニティークリニックで2度目となる減胎手術を受けた。

「欲しくてたまらなかった子どもなのに、自分たちの都合で、
ひどいことをしていると自分を責めたけれど、この道しか
なかった」と主婦。「出産をあきらめていたら、妻の精神的
ショックは計り知れず、立ち直れなかっただろう」と夫(34)は話す。

         ◇

12年夏、関西地方の夫婦は、妻(35)のおなかの双子のうち
1人の脳に障害があると告げられた。重度で、寝たきりになるという。

異常がある胎児の脳が大きく、もう1人も順調に成長できない
おそれが高い。「元気な子どもを出産できる可能性を高める方法」と
して、主治医に紹介状を書いてもらい、減胎を選んだ。

夫(37)は、「子どもを授かり元気に生まれてくることは奇跡の
ようにありがたいとわかった。思いがけない現実に突き当たり、深く
考えて、やむを得ない選択をした夫婦がいることをただ知ってほしい」。

         ◇

異常のある胎児を選んで手術が行われていたことについて、
ダウン症の子どもを持つ父親(53)は、「個々の夫婦の選択や、
技術の否定はしない」とした上で、「ただでさえ育児の負担が
大きい双子や三つ子で、1人の異常がわかれば、より産むことを
ためらうだろう」と想像する。

「背景には、障害を持った子どもを持つ親が、希望しても、なかなか
通常学級に入れないなど障害を容易に受け入れない社会がある。
障害を持つ人と共に学び働いた経験の有無が、選択に影響を
与える。社会を作る一人一人が考えるべき問題だ」と話す。



コメントです
減胎手術の話題です

「倫理的に…」などと、当事者以外がメディアで
発言しているようですが、それらはあくまでも
外野的発言であって、すべては当事者である両親の
決断を尊重するべきでしょう。


posted by salsaseoul at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年07月05日

骨髄移植後にHIV消滅か−米研究者が報告

骨髄移植後にHIV消滅か−米研究者が報告
ウォール・ストリート・ジャーナル 7月4日(木)

米ハーバード大学の研究者らは3日、長期間エイズウイルス
(HIV)に感染していた2人の患者が、骨髄移植後にウイルスが
消えた模様だとして、最終的に抗レトロウイルス薬による
治療をやめたと国際会議で発表した。
研究者らは、2人が抗レトロウイルス薬での治療をやめたのは
まだそれぞれ15週間、8週間前と短いため、病気が治癒したと
判断するのは尚早だとしている。しかし、今回の事例が、不治の
病というイメージが強いこの病気の治療が可能かもしれないという
楽観論を強める数少ないケースの一部であることに間違いはない。
HIVは通常、抗レトロウイルス薬でうまくコントロールできるが、
治癒への障害はHIVが細胞内に残存して治療を逃れ、治療が
止められたところで再び活動する能力にあると広く考えられている。
実際、患者への薬の投与をやめると、HIVは通常は2週間から4
週間で、遅くとも8週間から12週間でリバウンドするという。
ハーバード大学の関連機関、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の
エイズ専門医ティモシー・ヘンリク博士は2人の患者について、
「この期間を抜け出しつつあるところだが、まだこの期間に非常に
近いところにいる」と述べた。同博士は「来週か来月、あるいは
治療停止後1、2年でウイルスがリバウンドする可能性はある」とし、
「何が起こるのか様子を見なければならない」と語った。
同博士は3日、クアラルンプールで開かれた国際エイズ学会
HIV基礎研究・治療・予防会議で今回の症例の詳細を発表した。
HIV患者にとってのこのケースが意味するところは明らかではない。
カリフォルニア大学のエイズ研究者スティーブン・ディークス博士は、
このケースは他の理由で移植が必要なHIV患者をどう扱うかに
影響する可能性がある、と指摘した。同博士はこのケースには
直接関わっていない。同博士は「移植の副作用とリスクはあまりにも
大きい」と語った。
ディークス博士とヘンリク博士は、今回の研究結果が細胞での
ウイルス残存の新たな研究につながり、これを無効化する
新戦略を提示してくれることを期待している。
今年3月には、米ミシシッピ州でHIVに感染して生まれた乳児が、
誕生直後からの積極的な抗レトロウイルス薬の投与で治癒したことが
報告されている。母親が少なくとも5カ月間、子供を病院に連れて
いかなくなってから治癒が分かった。医師が再びこの乳児を
検査したところ、ウイルスの痕跡が見られなかったという。
ディークス博士は、考えられる説明の一つとして、治療によって
ウイルスの細胞内残存が阻まれたということだと述べた。
白血病治療のために2007年にベルリンで骨髄移植を受け、
世界で初めてのエイズ治癒者となった米国人ティモシー・ブラウン氏の
事例は、一段と受け入れられるようになっている。
ドナーは、HIV耐性を作り出すCCR5デルタ32と呼ばれる
遺伝子変異のキャリアだった。
回の2人のケースでは、移植はリンパ腫治療のために行われた。
ヘンリク博士によると、「ベルリンの患者」として知られるブラウン氏の
場合と異なるのは、ドナーの細胞にはCCR5変異がなかったことだ。
また、ブラウン氏は移植後にHIV治療をやめたが、2人は長期間
治療を続け、その期間は1人は4.5年、もう1人は2.9年だった。
2人の血液や細胞からはHIVは検出されなかったため、
今年になって医師や病院倫理士が本人との相談した上で治療を
やめることが決まった。
何がウイルスを追いやったのだろうか。ヘンリク博士は、移植のあとも
長期間にわたってエイズ治療薬を投与していたことで、ドナーの細胞の
ウイルス感染が阻止された公算が大きいとしている。
また、ドナーの細胞が患者自身の細胞を攻撃する、いわゆる
移植片対宿主病(GVHD)が何らかの役割を果たしたことも
考えられるという。
GVHDは通常は移植の望ましくない合併症で死に至ることがある。
しかし、ヘンリク博士によれば、2人の患者の場合は、ドナーの
細胞が患者の細胞と闘った結果、これに取って代わるという
プラスの効果があったのかもしれないという。
一部の研究者は、治癒を宣言するには少なくとも2年間は
ウイルスが検出されないことが必要だとしているが、今回の
研究のスポンサーであるamFAR(アメリカ・エイズ研究基金)の
研究部長ロウェナ・ジョンストン氏は、適切な期間は「未知の領域だ」と
指摘した。同氏は「2年前でも、これほど有望なケースが出てくるとは
予想もしていなかった」と述べている。


関連記事です。
世界初、HIV感染の新生児が完治 ウイルス消滅と米紙報道

産経新聞 2013.3.4
母親からエイズウイルス(HIV)に感染した生後30時間の新生児に
治療薬を集中投与したところ、HIVが消滅したと米紙ニューヨーク
タイムズ(電子版)が3日報じた。世界初の例という。

ジョンズ・ホプキンス大のデボラ・パーサード准教授らが明らかにした。
国連の調査では2011年に世界で推計33万人の赤ん坊が新たに
HIVに感染した。今回の症例が科学的に検証、確認されれば、
世界的に推奨されるのは確実だ。

HIVが消えたとされる新生児は10年秋、米南部ミシシッピ州で出生。
名前や性別は明らかにされていない。妊娠中に子宮内で感染したと
みられる。感染の確認検査結果を待たず、直ちに通常の予防措置と
違う治療薬の大量投与などを行ったところウイルスの量が急減し、
1カ月後には検出できなくなった。

HIVが治療薬の到達できない体内の部分に蓄えられる前にウイルスを
殺せたのではないかとの仮説が考えられている。(共同)



posted by salsaseoul at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年07月04日

リチウムでうつ病患者の自殺リスクが大幅に低下、英研究

リチウムでうつ病患者の自殺リスクが大幅に低下、英研究
【7月1日 AFP】

気分安定薬のリチウム(lithium)は、うつ病患者の自殺リスクを
60%以上低下させるという研究論文が先週、英オンライン医学誌
bmj.com」で発表された。
論文の共著者、英オックスフォード大学(Oxford University
講師(精神医学)のアンドレア・チプリアーニ(Andrea Cipriani)氏に
よると、リチウムは単極性障害(うつ病)と双極性障害(そううつ病)を
治療するために長い間処方されてきたが、その使用は多くの国で
減少しているという。
チプリアーニ氏は「リチウムの使用の減少に関して、理由の1つとして
考えられるのは、使用が難しい中毒性の薬として精神科医の間で
知られるようになったからだろう」とAFPに電子メールで述べている。
医師らは、目まい、発作、心臓障害などの症状を引き起こす
過剰摂取を防ぐため、患者の血液中のリチウム濃度を継続的に
監視する必要がある。またリチウムは、腎臓と甲状腺の障害や
体重増加が発生するリスクの上昇に関連がある。
だが今回の新しい研究は、リチウムが依然、うつ病の治療薬として
重要な位置を占めていることを示唆している。研究では、1968年から
2013年の間に実施された、患者7000人近くを対象とした48件の
治験結果を再調査した。治験では、うつ病患者に対するリチウムの
効果を、偽薬または代替の実薬との比較で評価した。
うつ病患者の自殺リスクは、一般人の30倍も高い。
その結果、リチウムが死亡や自殺のリスクを平均で62%
低下させたことが判明した。自殺に限れば、リスクは平均で
87%低下したという。
また、リチウムの過剰摂取に関連する
死亡数の増加はなかったという。
「この最新の系統的な再調査により、(単極性と双極性の両方の)
気分障害を持つ患者の自殺リスクを低下させるための有効な薬剤と
してのリチウムの認識が強まった」と論文の著者らは記している。
また声明によると、この効果は「攻撃性と、おそらくは衝動性を
抑制する」リチウムの性質によるものだろうという。(c)AFP



参考
リチウム塩
450px-Lithium_carbonate2.JPG
リチウム塩(リチウムえん)は化学的なリチウムの塩で
気分安定薬であり、特に双極性障害、うつ病に用いられるが、
統合失調症の治療にも用いられる。
略号はLi。通常は炭酸リチウム (Li2CO3) が用いられるが、
クエン酸塩であるクエン酸リチウムが用いられることもある。
また、オロチン酸塩であるオロチン酸リチウムも使用される。
塩は中枢神経系に広く運ばれ、神経伝達物質や受容体の
多数に作用し、ノルアドレナリンの放出を抑制して、セロトニンの
合成を促進する。大正富山医薬品株式会社からリーマスレジスタードマーク
田辺三菱製薬株式会社からヨシトミレジスタードマークなどの商品名で
発売されている。



posted by salsaseoul at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年06月16日

貼り付ける新素材…熱と薬で、がんダブル攻撃

貼り付ける新素材…熱と薬で、がんダブル攻撃
2013年6月15日13時40分  読売新聞

20130615-896577-1-L.jpg
磁場をかけると発熱し、抗がん剤も放出する新素材(物質・材料研究機構提供)

20130615-896586-1-L.jpg
新素材の顕微鏡写真(物質・材料研究機構提供)

がんの患部に貼り付け、熱と抗がん剤のダブル攻撃で治療できる
可能性のある素材を開発したと物質・材料研究機構(茨城県つくば市)が
14日、材料科学の専門誌電子版に発表した。

体の組織は、温度が高くなると血流を増やして放熱する。
がん組織の血管はその機能が不十分で、正常組織より熱に弱い。
加熱しながら抗がん剤などを使うと、効果が高まるとされる。

荏原充宏・同機構主任研究員らは、温度が上がると縮む性質の
ある高分子に、磁場をかけると温度が上がる物質と抗がん剤を
加えて化学反応させ、繊維状に加工した。この繊維に磁場を
かけると発熱し、収縮して抗がん剤が外へしみ出す。

培養した皮膚がんの細胞の上にこの繊維を置き、磁場を
2回(各5分間)かけて45度まで熱したところ、がん細胞は
5日後に27%まで減少した。抗がん剤だけを加えた時は
40%までしか減らず、何もしないと2・4倍に増殖した。

研究チームは、皮膚がんのほか、食道など様々な臓器の
粘膜に発生する「扁平(へんぺい)上皮がん」の治療に

応用できると期待している。



posted by salsaseoul at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年05月22日

乳房予防切除、国内でも 遺伝性乳がん、都内2病院準備

乳房予防切除、国内でも 遺伝性乳がん、都内2病院準備

朝日新聞 2013年05月20日


522.jpg

【医療担当=大岩ゆり】健康な人が乳がんを防ぐために
乳房を事前に切除する手術が国内でも始まる。
体験を公表した女優のアンジェリーナ・ジョリーさんのように、
特定の遺伝子に変異があり、遺伝性の乳がんのリスクが
高い人が対象だ。がん研有明病院(東京)のチームは6月にも、
病院の倫理委員会に臨床研究として申請する。
聖路加国際病院(同)も実施態勢を整えた。

国内では毎年約6万人が乳がんになり、5〜10%が

「BRCA1、2」などの遺伝子に変異がある遺伝性の乳がんだ。
変異がある人がみな、がんになるわけではないが、がんの
不安や恐怖に悩む女性の選択肢が増えることになる。

がん研有明病院の臨床研究では、遺伝子に変異がある
希望者に、がん発生前に乳房切除の手術をする。片方に乳がん
見つかった人が反対側を予防切除するのも対象。本人が
遺伝カウンセリングを受け、希望すれば遺伝子検査を受ける。
変異が見つかれば、切除の利益と不利益を十分に理解した上で
切除するか判断することを条件とする。手術では、がんが
発生する乳房内の乳腺部分を取り除く。

切除のメリットは、乳がんの発生リスクを大きく減らせる点だ。
いつがんができるかわからないという不安も和らぐと期待される。

一方、遺伝子に変異があっても100%がんになるわけでは
ないため、がんにならない人が切除をする可能性もある。
欧米の調査では、変異のある人が70歳までに乳がんになる
リスクは約45〜65%とされている。
また、乳房の皮膚の感覚が鈍ることもある。

費用は希望者の自己負担で、切除費は約100万円。
患者が希望すれば、術後に乳房再建もできる。一般的には
乳房内に風船状の器具を入れて少しずつ広げ、数カ月後、
広がった部位にシリコーンなどを注入する。術式により
切除費に加えて100万〜150万円程度かかる。
遺伝子検査の費用も自己負担で約20万〜25万円。

すでに予防切除の相談や希望が寄せられている。

聖路加国際病院でもすでに倫理委員会が予防目的の
乳房切除を承認しており、片方に乳がんができた患者に、
健康な反対側の乳房を切除した例はある。

乳房の予防的切除は、がんの発生率を下げるが、死亡率
まで下げるかどうかはまだ十分なデータがない。がんが
できても早期発見、治療で助かる人もいるからだ。
遺伝子の変異が見つかっても、乳がんは早期発見が
しやすいため、切除せずに、こまめに検診を受けるという
選択肢もある。片方の乳房にがんができた人の場合でも、
ホルモン剤を服用して予防する方法もある。

がん研有明病院の新井正美・遺伝子診療部長は「遺伝子に
変異がある人がみな予防的切除が必要なわけでは決してない。
ただ、検診のたびに『がんが見つかるのでは』と不安に
さいなまれる人も少なからずおり、そんな人が切除という
選択もできるようにしたい」と話している。

聖路加国際病院の山内英子ブレストセンター長
は「家族ががんで亡くなるのをみていて、自分もか、と不安で
押しつぶされそうになる人がいる。一方で、(予防切除で)
両親からもらった体を自ら傷つけていいのかと迷う人もいる。
大変な葛藤の末に乳房切除という選択をした人を温かく
見守って欲しい」と話す。

     ◇

〈遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)〉 
特定の遺伝子の変異が原因で、乳がん卵巣がんのリスクが
上がる病気。8割は遺伝子BRCA1、2の変異が原因。
この遺伝子変異があると、乳がんだけでなく、卵巣がんになる
可能性もある。70歳までに卵巣がんになるリスクは約10〜40%。
卵巣の予防切除はすでに数カ所の病院で行われていた。
家族に次のような人がいる場合、HBOCの可能性が高い。
(1)乳がん経験者が3人以上いる
(2)40歳未満で乳がんになった人がいる
(3)卵巣がんの人がいる
(4)男性の乳がん経験者がいる。

関連記事です。
【乳がん予防切除】
求められる慎重な実施 専門家、割れる意見


乳がんの予防のため、健康な人の乳房を切除する手術が
国内の病院でも実施される見通しとなった。乳房の予防切除に
ついては日本乳癌(がん)学会が是非について審議しており、
専門家の間でも見解は分かれる。実際に遺伝子検査や手術を
行っている病院も、患者と十分に話し合ったうえで慎重に
実施するとしている。

院内の倫理委員会が予防的な乳房切除手術を承認している
聖路加国際病院(東京都)。承認自体は2年前だが、これまで
行われた手術はいずれも、片方の乳房で乳がんを発症した
患者のもう片方の乳房の切除に限られる。

遺伝性の乳がんや卵巣がんの研究などを行う日本HBO
Cコンソーシアム(http://hboc.jp/)によると、国内では
複数の医療機関で希望により遺伝子検査(約20万円)を
受けることができる。検査で遺伝子変異が認められれば、
こまめに検診を受けたりホルモン剤を服用したりすることが
勧められる。「予防切除」は第三の道だ。

ただ、遺伝子検査や予防的な手術は意味を十分に理解した
上での慎重な実施が求められる。がん研究会有明病院
(同)の新井正美・遺伝子診療部長は、「家族が乳がんでも、
必ずしも遺伝するわけではないし、親に遺伝子変異がなければ
遺伝による発症の可能性はない」と説明。遺伝子検査が
進んでいる米国でも、遺伝子変異が見つかった人のうち、
半数は検診などで対応しているという。

検査の受け止め方などの相談に乗る「遺伝カウンセリング」の
必要性も指摘されているが、カウンセラーがいる医療施設は
限られる。ある関東地方の総合病院は「リスクを把握すれば
早めの対策が取れるという意味では、遺伝子検査は有効だと
考えている。乳房切除は院内倫理委に議題は上がっているが、
遺伝カウンセラーがおらず、実施の動きはまだない」と話した。



posted by salsaseoul at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年05月10日

未承認薬と保険診療併用へ 一部抗がん剤、臨床試験で

未承認薬と保険診療併用へ 一部抗がん剤、臨床試験で
朝日新聞
  2013年 5月10日
がんや難病など重い病気に苦しむ患者が、高額の治療費を
負担せずに国内未承認の薬を使える仕組みが始まる。
医師による臨床試験(治験)の形で未承認薬を使い、
治療費については公的医療保険が使えるようになる。
第1号となる抗がん剤の使用を9日、国立がん研究センター
東病院(千葉)の倫理委員会が承認した。

これまで未承認薬は患者らの個人輸入で使われ、
高額の治療費が大きな負担だった。厚生労働省は今後、
この仕組みを導入する拠点病院を選ぶほか、
患者の安全に配慮しながら進める指針も作る。
第1号は、胃や大腸など消化管の壁にできる
まれながん「消化管間質腫瘍(しゅよう)」の抗がん剤
レゴラフェニブ
による治療。
米国では承認されている。6月にも始まる予定だ。

厚労省は他に治療法がなく、早く治療しないと命にかかわる
がんや難病を対象に仕組みを広める。海外で承認されて
いるなど安全性がある程度、確認された未承認薬が対象。
がん患者団体などから複数の薬の要望が出ており、
具体的に決めていく。

この仕組みでは、医師主導の治験という形をとって、
公的医療保険による保険診療と併用できるようにする。
厚労省は昨年末、医師主導による治験の手続きなどを
大幅に簡略化し、医師の負担を軽くした。
第1号の治験ではバイエル薬品が薬を無償で提供する。
製薬会社による治験と同等の厳しい基準で行う。

今回の治験の責任者、土井俊彦・国立がん研究センター
東病院消化管内科長は「日本でこの仕組みが始まるのは
画期的。ただし、使う未承認薬はまだ少数の患者しか
使っていない、未知の要素を含んだ治療であることを
医師も患者も忘れてはいけない」
と話す。
(医療担当・大岩ゆり)

◆キーワード

<未承認薬> 薬事法による承認を受けていない薬。
製薬会社による治験など以外では、患者や医師が
個人輸入して使うしかなかった。
薬代が月に100万円を超える患者も少なくない。
また、個人輸入で未承認薬を使う場合、自由診療と
保険診療を併用する「混合診療」が認められず、
薬代以外の検査費や入院費なども全額自費になる。
個人輸入で、海外の悪質な代理店から偽薬が
届く被害も報告されている。

 
コメントです。
抗がん剤等の未承認薬保険診療併用
使用可能になる話題です。
確かに、未承認薬の安全性は十分留意する
必要がありますが、それでも、病状によっては
選択肢
非常にくない状況におかれている
がん患者さんにとっては明報ですね。
他の場面で見られる(例:生活保護受給者への
過剰な保険適応。医療機関としても保険請求が
通りやすい)無駄な保険費用に予算を使うより
よほど有意義だと思われます。
少しでも、有効な未承認薬の使用事例が増えると
いいですね。



posted by salsaseoul at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年04月11日

新型出生前診断:受診の夫婦、説明受け心境変化

新型出生前診断:受診の夫婦、説明受け心境変化
毎日新聞 2013年04月10日 

妊婦の血液から胎児の染色体異常を判別する新型出生前診断
今月、昭和大病院(東京都品川区)などで始まった。

9日に同病院で検査を受けた夫婦が毎日新聞の取材に応じ、2日に
わたるカウンセリングを経て検査への意識が変化した過程を語った。
簡便だが、結果によっては重い決断を迫られる検査。
妊婦や家族を支える態勢の重要性が浮かんだ。

検査前のカウンセリングは「遺伝カウンセリング」と呼ばれ、
遺伝情報などについて説明し、当事者の意思決定を支援する。
この日、カウンセリングを受けたのは、東京都内のパートの
女性(42)と会社員の夫(43)だ。

女性は現在、妊娠18週。高齢出産を心配する両親らから検査を
勧められた。1人目の子は中学生になっている。「カウンセリング前は、
重い障害がある子の一生の面倒を見る覚悟はなく、異常が分かれば
(出産を)あきらめよう、と考えていた」と明かす。

前日、女性は一人でカウンセリングを受けていた。「検査は出産か
中絶かを判断するためのものではない」との説明を受け、自分の
考えとのずれに気付いた。悩む女性に、四元淳子(よつもとじゅんこ)
認定遺伝カウンセラーは「一晩考えましょう」と提案した。

その夜、初めて夫婦で真剣に話し合った。
「障害を持つ子が生まれたら、どんな生活になるか」
「胎動を感じる赤ちゃんの運命を決められるのか」。
カウンセリングで聞いた「先天性疾患は個性や多様性の一つ」という
言葉も思い返した。互いに胸の内を明かす対話は
6時間に及んだ。
「一緒に現実を受け入れていこう」と思えるようになった夫婦は翌日、
2人でカウンセリングに臨み、検査を受ける意思を伝えた。

女性は「(出産を)あきらめることを前提にしなくなり、気持ちが明るく
なって、おなかの赤ちゃんへの思いも変わった」と語る。陽性になった
場合の結論は出ていないが、夫は「その都度、とことん考え、僕らの
ベストの判断をしていくしかない」と話す。

同病院では10日までに20人が検査を受け、15日から順次、結果の
説明が始まる。四元さんは「理解が不十分なまま簡単に受ける
検査ではない。しっかりと自分たちの問題としてとらえ、考えてか
ら受けてほしい」と話した。【須田桃子】

【ことば】新型出生前診断

妊婦の採血だけで、胎児の染色体異常の有無を高い精度で
判別できる検査。
対象疾患はダウン症など三つ。従来の母体血清マーカー検査や
羊水検査より早い妊娠10週前後から検査でき、流産や感染症の
危険性がない。ただし陽性の場合も羊水検査による確定診断が

必要。日本産科婦人科学会の指針に基づき、全国15病院が
認定を受け、臨床研究として実施する。米国での検査を
あっせんする民間企業もある。

関連記事です。

【こんにちは!あかちゃん 第4部】

わがままに応える検査なんです−。出生前診断に携わる
産科医は、検査が持つ一面をそう言い表した。
取材を始めた当初、記者の私(32)も同じ考えだった。
検査では胎児の障害を見つける。別の医師からは
「中絶を選ぶ家族も多い」と聞き、障害児を望まない親の
わがままが、ひいては障害者を排除する社会につながる
のではと困惑した。
私自身の妊娠が分かったのはその後まもなくだ。産院の
超音波画像で、初めて自分に授かった命を確認すると
感動した。自然に「元気で生まれてきて」とおなかに
語りかけ、妊婦健診の度に元気に育っているか知りたい
気持ちが湧いた。出生前診断を受ける妊婦の思いと
重なった気がした。
連載1回目の智子さん=仮名=は教員経験があり、障害児に
接する機会もしばしばあった。それぞれに個性があるのが
分かり、障害児に対し否定的な気持ちを抱いたことは
一度もないという。「けれど、わが子には障害を
背負わせたくないのです」と話す。
今、私は「健康なわが子を願う気持ち」は誰もが抱く感情だと
考えるし、智子さんのような思いで検査を受けた人を
「わがまま」と見なすことはできない。
一方で「すべての命はかけがえのないもの」という考えを
大事にする社会であってほしいとの気持ちも強い。
そして、これも、誰もが抱く感情だと考える。
出生前診断は、この二つの感情を両立させない場合がある。
どう向き合えばいいのか。連載を通じて読者のみなさんと
一緒に考えていきたい。
●血液分析 分かる異常は一部 新型検査Q&A
胎児の異常を調べる出生前診断で、今月始まった
新型検査とはどんなものか。Q&A方式で紹介する。
  調べ方は?
  妊婦の血液を採取して分析します。血液にはわずかに
胎児のDNAの断片が混ざっていて、それを分析すると
高い確率で分かります。妊娠10週の早い段階で検査できます。
調べるのは、23対46本ある染色体のうち、13番、18番、21番で、
通常より1本多い3本になる異常(トリソミー)です。21番はダウン症、
13番と18番は心臓の疾患などを発症します。

20130410_0002_000.jpg
 誰でも新型検査を受けられるのですか。
  (1)高齢出産(2)以前に染色体異常の子を妊娠したことがある
(3)妊婦健診の超音波検査などで胎児の染色体異常が疑われる
−など、いずれかの条件に該当する妊婦に限ります。
国内で現在実施しているのは日本医学会に認定された15施設。
検査前に、遺伝に詳しい医師のカウンセリングを必ず受けて
もらう仕組みです。高齢出産とは一般的に35歳以上とされています。
  高い確率とは?
  異常なしが濃厚な「陰性」の場合、的中率は99%以上です。
ただ、異常が疑われる「陽性」については、実際にダウン症で
ある的中率は、妊婦の年齢などによって約50〜95%と幅が
あります。例えば35歳の場合で約80%です。
  陽性でも確定じゃないんですね。
  そう。だから陽性の場合、別の確定検査が必要になります。
「羊水検査」といって、妊婦のおなかに針を刺して羊水に混じる
胎児の細胞を取り出し、染色体異常や先天性代謝異常などが
分かります。1970年ごろに登場し、国内でも妊婦の希望で
規制なく実施されています。
  針を刺すって怖い。
  わずかながら流産の危険があります。検査時期は
15週以降で胎動を感じ始める妊婦もおり、精神的負担も
あるとされます。新型検査は陰性の的中率が高く、
陰性が出ると羊水検査を受けなくて済む長所があるとの
指摘があります。
  これまでも妊婦の血液で調べる「母体血清マーカー」が
   ありました。新型検査とどう違う?
  マーカー検査は妊婦の血液中にあるタンパク質などを
測って、胎児に特定の障害のある確率をはじき出すもの。
新型検査に比べて検査可能時期が遅く精度も低い
とされます。
  各検査で分かるのはダウン症だけではないのに、
  そればかりが注目されている印象があります。
  13トリソミーや18トリソミーは重い病気のため、
おなかにいる段階で流産することが少なくありません。
21トリソミーといわれるダウン症は染色体異常の中で頻度が高く、
その中でも流産にならないダウン症は生命力があるということ。
ある産科医は「ダウン症は障害の程度は軽く、出生前診断で排除
(中絶)される存在ではない」と強調します。
いずれにせよ出生前診断で分かるのは、数多い先天性異常の
一部であることを指摘しておきます。

コメントです。
新型出生前診断に関しては、もちろん賛否両論で
簡単に意見をまとめられるものではありません。
ですから、今後時間をかけてその方法と倫理性に
ついて議論していく必要があります。

ところで、予断ですが、辞書によると
自然淘汰(
natural selection。とあります。
そうなると、
新型出生前診断は、
artificial selection 
と言った感じでしょうか?



posted by salsaseoul at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2013年03月08日

拒絶反応、薬飲まず抑制 肝移植、白血球を操作 北大・順大チーム

拒絶反応、薬飲まず抑制 肝移植、白血球を操作 北大・順大チーム
朝日新聞 
2013年3月 2日

2013030200001_1.jpg
免疫抑制剤なしの移植の流れ

臓器移植後に起きる拒絶反応を免疫抑制剤を飲まずに
抑える手法を、北海道大と順天堂大のチームが開発した。
患者と臓器提供者の免疫をつかさどる白血球を操作した。
生体肝移植を受けた10人に行い、4人が最長で半年間、
薬を中止し、6人で減量することに成功した。新たな治療法と
して確立すれば、患者の負担は大幅に減らせると期待される。

移植手術を受けた患者は通常、拒絶反応を抑える薬を
生涯飲み続ける必要がある。

免疫力が下がるため、感染や発がんのリスクが高まるほか、
腎障害などの重い副作用もある。

拒絶反応は、患者の白血球の一種、T細胞が移植臓器を
「異物」と認識して攻撃して起こる。北大の藤堂省(さとる)・
特任教授、順天堂大の奥村康(こう)・特任教授らは、移植の
手術前に患者と提供者の血液から白血球を取り出して一緒に
培養。特殊な薬剤を加えて、患者の白血球が提供者特有の
成分を患者自身のものと勘違いするようにした。
培養した白血球は移植から2週間後に患者に戻し、
段階的に薬を減らした。

2010年11月から、肝炎や胆管炎で肝硬変になった
30〜60代の10人に行い、4人は手術から18〜21カ月後に
薬を中止できた。4人は2月末現在、半年〜1カ月半、
薬なしで生活している。ほかの6人も薬を減らすことができ、
1人を除いて、中止できる見込みがあるという。

5月の米国移植学会で成果を発表する。

肝移植は国内で年500例前後行われ、5年後の生存率は
約80%。薬を使わずに拒絶反応を確実に抑えられれば、
生存率や生活の質の向上が期待できる。

移植から何年も経って起きる拒絶反応もあるため、長期間、
有効性や安全性を調べて、治療法として確立させたい考えだ。
順天堂大は5年前から東京女子医大と、今回の手法を生体
腎移植で行い、薬の大幅な減量に成功していた。

また、この手法は、白血球が自分自身の体を「異物」と
勘違いして、攻撃することで起きるリウマチなど自己免疫
疾患の治療にも使える可能性もある。

順天堂大の奥村特任教授は「自分を攻撃する白血球に
異物ではないと教え込ませれば、理論的には治せる」と話す。
(阿部彰芳)

コメントです。
これは明報ですね
上記にもあるように、ふつう、臓器移植を
受けた患者は一生免疫抑制剤を飲み続ける
必要がありますが、それが不要になれば
予後のQOLが格段に向上するはずです。
ぜひ、研究を確立して、今後の医療に
役立ててほしいですね。

posted by salsaseoul at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2012年08月29日

ダウン症の出生前診断:来月から妊婦血液検査を試行

ダウン症の出生前診断:来月から妊婦血液検査を試行
毎日新聞 2012 8 29
TKY201208290180.jpg
妊婦の血液だけで、胎児にダウン症などの染色体異常が
あるかを99%の精度で調べる米国の会社が開発した新型の
出生前診断を、国内の2病院が来月から試験的に開始することが
分かった。流産の危険があった従来の検査に比べ、安全に
調べることができる一方、異常が見つかれば安易な人工妊娠
中絶にもつながることから、カウンセリング体制の整備などが
課題になりそうだ。

検査を始めるのは国立成育医療研究センター(東京)と
昭和大学病院(同)で、いずれも臨床研究として行う。
対象は胎児の染色体異常のリスクが高まる35歳以上の
妊婦などで、費用は21万円程度を予定している。
日本人での検査の精度を調べるとともに、専門医による
カウンセリングのあり方を検証し、この検査が国内に普及した
場合の課題やモデルケースを探る。31日に2病院や今後導入を
検討している病院の医師らが研究会を発足させる。

検査は米国の検査会社「シーケノム」が昨秋米国で始めた。
妊婦から採血し、血液中にわずかに漂う胎児のDNAを集めて、
23対ある人間の染色体のうちダウン症の特徴である21番
染色体が通常より1本多いかどうかを判定する。
精度は99%とされており、妊娠10週ごろから可能。
他に発生頻度が比較的高い二つの染色体異常についても
高精度で検出できるという。

現在行われている出生前診断は数種類あるが、採血だけで
胎児の遺伝子を直接調べられるものはない。
例えば「羊水検査」は胎児の遺伝子を調べられるが、妊婦の
腹部に針を刺して羊水を抜くため0.5%程度流産のリスクがある。
一方、「母体血清マーカー検査」は採血だけですむが、
精度が低く、異常があるかを確実に知るためには羊水検査が
必要になる。このため、流産のリスクがなく染色体異常を
高精度で調べられるシーケノム社の検査に対し、世界中から
注目が集まっていた。
 

一方、検査が普及すれば中絶を選ぶ夫婦が増える可能性がある。
日本ダウン症協会(玉井邦夫理事長)は27日、日本産科婦人科
学会に対し、安易にこの検査が行われることがないよう、
必ず専門医によるカウンセリングを伴うことなどを求める
意見書を提出した。【斎藤広子】

関連記事です。

妊婦の血液でダウン症診断 5施設で
9月以降導入 中絶大幅増の懸念も

妊婦の血液を調べるだけで、胎児にダウン症などの染色体
異常があるかどうかがほぼ確実に分かる新しい出生前診断を、
国立成育医療研究センター(東京)や昭和大(同)が9月にも
導入する方針であることが29日、分かった。

新しい診断法は妊婦腹部に細針を刺す「羊水穿(せん)刺(し)」で
羊水を採取する従来の方法に比べて安全にできるが簡単検査の
ため異常が発見された際の人工妊娠中絶が大幅増の懸念もある。
米国では昨年から実施されており、国内にも導入の動きがあった
ことなどから、日本産科婦人科学会は生命の尊厳を尊重した
ルール作りが必要と判断。専門医やカウンセラーなど体制が
整備された医療機関で先行的に行い、検討する必要があるとした。

導入を検討している病院の医師らは31日に研究組織を
立ち上げ、検査を行う際の共通のルールを作る。

ほかに東京慈恵会医大、東大、横浜市立大などで導入を検討。
高齢出産だったり、以前にダウン症の子供を出産していたり
するなど、染色体異常のリスクが高い妊婦で検査希望者が
対象になる。
保険がきかず、費用は21万円になる。

検査は妊娠10週目以降から可能で、妊婦の血液中に
含まれるわずかな胎児のDNA型を調べ、99%の精度で
異常が分かるという。日本産科婦人科学会副理事長の
岡井崇昭和大教授は「これまでに比べて検査時のリスクが
格段に小さくなるが、乱用されれば問題も出てくる。
どう行っていけばいいか、しっかり検討したい」としている。

一方、日本ダウン症協会の水戸川真由美理事は
「出生前診断が胎児のふるい分けとして一般化したり、
安易に行われることは断固反対。検査に対する基本的な
考え方をしっかりと明示してほしい」と述べた。

[生命倫理]

生と死に医療がどう関わるべきかの考え方。
体外受精(生殖補助医療技術)、
遺伝子(遺伝子診断、遺伝子治療)、
生命維持などの生命科学技術の発展で、
受精から死まで医療が操作する機会が
増え現場の悩みも増えている。
研究者による意見の幅は大きく、胎児の中絶、
その臓器の活用、ES細胞、クローン人間などの
項目ごとに国または学会、国際的な議論で、
倫理的に認められる範囲が決まっているのが実態だ。


コメントです
今日の記事は少し気が重くなりますね。
生命倫理の領域、つまり、命の『質』を
選択するべきか、否か?
ところで、あくまでも個人的な見解ですが、
もし、自分の出生が出生前に選択される
立場であったら、それもしかたないような
気もします。


posted by salsaseoul at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療