home003.gif

2014年01月16日

その詐欺電話、中国発 拠点に日本人十数人/報酬、詐取額の5% 元組員が証言

その詐欺電話、中国発 拠点に日本人十数人
報酬、詐取額の5% 元組員が証言

朝日新聞 2014年1月14日

201401161.jpg

振り込め詐欺など「特殊詐欺」の年間被害額が昨年、初めて
400億円を超えた。中国に拠点を置き、日本にだましの
電話を掛ける組織も数年前から現れ被害を広げている。
警察も十分につかめていない拠点の実態を
元暴力団組員の男が記者に証言した。
「警察の者です」「銀行協会からのお願いです」。
昨年秋、中国・福建省高層マンションの一室で日本人
十数人全員が卓上の電話にかじりついていた。
詐欺グループ内で「掛け子」と呼ばれる電話役たちだ。
元組員の男はここに数十日間いた。日本で、知り合いの
元組員に「1日で200万円稼げる仕事が中国にある」と
誘われた。組を抜けて「食いぶち」を探していた。
迷わずに応じた。
日本との時差は1時間。
日本時間の午前8時半〜午後2時半、
日本に電話を掛け続けるのが「仕事」だ。
金融機関の窓口が閉じる午後3時までが勝負という。
使うのは、インターネット回線を利用するIP電話
通信料が安く、発信元を特定されにくいと聞いた。
表紙に「ひとり暮らし老人リスト」と書かれた地域別の
名簿を渡された。お年寄り1人を掛け子3〜4人が
役割分担してだました。警察官役が「振り込め詐欺
被害金があなた名義の口座に入っている。口座凍結を
防ぐ手続きを銀行協会の者に説明させる」と切り出す。
次いで銀行協会役が預金額を聞き取り、引き出して
銀行の担当者に預けるよう求める。
「この電話は法律に基づいています。安心を」と弁護士役が
割って入る。
掛け子を仕切っていたのは、日本語が話せる中国人の
男だった。掛け子が「だませた」と合図すると、この男が
日本の拠点に連絡し、金を受け取る「受け子」を手配する。
銀行協会
役は「担当者がお宅に行くから、お金を渡すまで
電話は切らないで」と言って被害者と話し続ける。警察への
通報を防ぎ、現金の授受を確かめるためだ。
ある被害女性は電話の向こうで「わざわざ来てくれるの?
ご飯を用意しておくね」と言った。男は良心が痛んだが、
笑いをかみ殺して喜ぶ周囲に「やめよう」とは言えなかった。
拠点での暮らしは快適でなかった。「仕事中」は休憩がなく、
1日300件電話させられる者もいる。
事前に3万円と約束されていた日当はなく、食費と
たばこ代として掛け子3人に毎日、計100元だけが手渡された。
食事は拠点近くの食堂を指定された。外出には部屋の鍵を
持つ中国人の許可が必要で、認められても「外で日本語は
使うな」と命じられた。監視の目を盗み、ハンバーガー
チェーンに駆け込むのが息抜きだった。

それでも、掛け子は日本から次々に来た。若者も中年もいた。
掛け子は詐取額の5%を報酬として得られる。
3カ月で500万円を稼いだ仲間もいた。
1億円を詐取した計算だ。ネットカフェで勧誘されて1年以上、
ここにいるという20代の男は「達成感のあるゲーム」と
楽しんでいた。仕切り役の中国人から日本を狙う理由も
聞いた。「中国で中国人をだますと死刑になることもあるが、
日本にいる日本人をだましても逮捕されない」。
当局の協力者から事前に摘発予定日を聞き、その前に
名簿やパソコンを別の場所に移すという。日本を狙う
組織は、北京や上海、大連などにもあるという。

記者は、証言した男に滞在中にだました人数と得た金額も
尋ねた。男は「90歳を超える女性がだまされていた。
年寄りをだますのは性に合わない」とだけ答えた。
 ■警察、迫りきれぬ実態
「中国発」の振り込め詐欺が増え始めたのは、5年ほど
前からだ。警察は中国で独自捜査ができないため、
中国の公安当局と情報交換を重ねている。
中国国内でも「電信詐騙」と呼ばれる振り込め詐欺
横行しており、公安当局の関心は高いという。
静岡県警などが昨年6月に逮捕した日本人の男は、
掛け子を日本でスカウトして中国に連れて行っていたと
いう。個別の事件からは中国の犯罪組織の存在も
垣間見えるが、実態解明は十分でない。中国の組織は、
警察の想像以上に暴力団など日本の反社会的勢力
結びつき、根を張っている。
記者が会った日本在住の中国人の男は、日本で詐取金を
回収する「受け子」約10人を統括していると言った。
ボスは中国人だが、メンバーには指定暴力団組員もいると
いう。組織の規模を聞くと、「話したことがばれると中国に
残した家族が殺される」と説明を拒んだ。
振り込め詐欺など、特殊詐欺の昨年の被害額は11月まで
で約425億円。最悪だった2012年の約364億円を
大きく上回る。警察庁幹部は「組織のボスを逮捕できて
いないから被害が減らない」と話す。詐欺組織にとって、
末端の掛け子や受け子は「使い捨て」だ。ボスの逮捕には、
実態に迫る情報収集が欠かせない。
被害者は8割を60代以上が占める。組織に詳しい元組員は
「標的にする高齢者はこれからも増える。簡単に大金をだまし
取れるから今も振り込め詐欺への参入者が絶えない」と言った。
 (編集委員・緒方健二
 ■被害にあわないために
 ●非通知発信の電話は無視を
「詐欺電話は発信元非通知でかける。発信元の電話番号が
表示される型の電話で相手の確認を」
 ●警察や銀行協会を名乗る電話は信用しない
「相手には所属と連絡先を聞き、『いったん切って折り返す』と
答える。だます側はそれで諦める」
 ●「お金を取りに行く」と言われたら即座に電話を切る
「この言いぐさは詐欺師しか使わない」
 ●おかしいなと思ったら町会や自治会に相談を
「住所の番地が連続したリストを基に電話していることが多い。
あなたをだませなかったらお隣さんに電話する。
地域ネットワークで対応を」
(実態に詳しい元組員らの証言から)




コメントです。
電話による詐欺行為の拠点が中国発という
話題です。
ところで、そのような行為で得たお金を、犯罪者は
どのような気分で消費するのでしょうか?
痛い話です。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85424656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック