home003.gif

2014年01月11日

耳の中に激痛、正体はゴキブリ

耳の中に激痛、正体はゴキブリ
AFP 2014年01月10日

【1月10日 AFP】オーストラリアで、睡眠中の男性の耳の中に
ゴキブリが入り込み、病院で取り出してもらうまで激しい痛みに
苦しむという出来事があった。

オーストラリア放送協会によると、豪州北部ダーウィンに暮らす
ヘンドリック・ヘルマーさんは8日朝、右耳に鋭い痛みを感じて
目を覚ました。

「それが毒グモでないことを願っていた。
毒グモにかまれていませんように、と…」と、
ヘルマーさんは10日、ABCに述べた。

痛みが徐々に増してきたため、まずその異物を掃除機で吸い
出そうと試みたが失敗し、次に水を吹きかけて取り出そうとした。
だが、「耳の中に入り込んだその異物は、水をとても嫌がった」という。

痛みがあまりにひどくなってきたので、ヘルマーさんは病院に急いだ。
■さらに奥へ入り込むゴキブリ

医師はヘルマーさんの外耳道に油を流し込んだが、その結果、
耳の中に入っていた全長2センチのゴキブリは、耳のさらに
奥へともぐりこんだ。

「10分ほど過ぎたころ、やつは耳の奥へと入り込むのをやめ、
断末魔の中でもがいていた」

そこで医師が鉗子を耳に差し込み、ゴキブリを取り出したという。

「医師はこう言った。『さっきは小さなゴキブリだと言いましたが、
小さく見積もりすぎていたようでした』」

「医師たちはこれほど大きな昆虫を耳から取り出したことはないと
語っていた」とヘルマーさんは振り返った。

ヘルマーさんは今後も就寝時に特別な対策をとるつもりはな
いそうだが、この話を聞いた友人たちは皆ヘッドホンをつけて
寝るようになったという。(c)AFP

 
関連記事です。
「ゴキブリ早食い大会」で優勝者が死亡、米フロリダ

【10月10日 AFP】米フロリダ(Florida)州の爬虫(はちゅう)類
販売店が5日に開催したゴキブリと幼虫の早食い大会で、
優勝した男性が死亡する事件が起きた。

同州ブロワード(Broward)郡保安官事務所が9日までに
声明で発表したところによると、死亡したエドワード・アーチボルド
(Edward Archbold)さん(32)は優勝賞品の珍しいニシキヘビを
獲得するべく、数十匹のゴキブリと幼虫を平らげ優勝した。
ところが、その後アーチボルドさんは嘔吐し始め、店先から
救急車で運ばれたという。

アーチボルドさんは搬送先の病院で死亡した。死因特定のため
検視が行われるという。

この早食い大会は「ベン・シーゲル爬虫類店(Ben Siegel Reptiles)」が
主催したもので、用意された虫を制限時間内に最も多く食べた参加者に
対し、虫の種類に応じて異なるニシキヘビが賞品として用意されていた。
(c)AFP


コメントです。
すみません。
新年早々に掲載する記事ではないですね。

[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オセアニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85109466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック