home003.gif

2013年12月08日

幹細胞移植で消えたHIV、数カ月で再検出 米患者2人

幹細胞移植で消えたHIV、数カ月で再検出 米患者2人
CNN.co.jp 12月8日(日)

hiv-test.jpg
hiv-test2.jpg

(CNN) HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染した男性患者2人が
リンパ腫治療のため骨髄移植(造血幹細胞移植)を受けた後、
いったん消滅したとみられていたHIVが再び検出された。
米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研究者らが7日、明らかにした。
同病院のティモシー・ヘンリッヒ博士によると、患者は長年に
わたり抗HIV薬の投与を受けていた男性2人。ともにリンパ腫と
診断され、集中的な化学療法に続いて幹細胞移植を受けた。
移植後6〜9カ月で血液中のHIVが検出されなくなったため、
今年春に抗HIV薬治療を中止。通常なら中止後8〜10週間で
増えてくるはずのHIVが検出されない状態を維持し、今年7月に
クアラルンプールで開催された国際エイズ学会でも報告されていた。
しかしその後も7〜10日ごとにHIV検査を実施したところ、1人は
治療中止から12週間後の8月、もう1人は32週間後の今月に
入って、再び陽性となった。
2人ともHIVの検出が確認された後ただちに治療を再開し、
現在健康状態は良好だという。
ヘンリッヒ博士は「残念な結果だが、HIVはいったん検出されない
レベルまで抑えられても再び増える恐れがあるという事実が新たに
分かった」と述べた。従来の検査では検知できないところで
ウイルスが生き残っていた可能性が考えられる。
HIV感染者への幹細胞移植では、07年にベルリンの男性が
白血病治療のため移植を受けた後、HIVが検出されなくなった
ケースが報告され、初の完治例として注目された。
同ケースではHIVに感染しない遺伝子変異を持つ提供者の
骨髄が使われたが、この変異は非常に珍しく、主に北欧などの
白人の1%にしかみられない。
また、移植に際して患者自身の免疫システムを完全に破壊する
必要があるため危険性が非常に高く、死亡率は20%にも
上るとされる。さらに移植には高額の費用がかかることから、
白血病などを発症していないHIV感染者の治療としては
現実的ではないと考えられている。



コメントです。
幹細胞移植によっていったん消えたとされた
[HIV]が、数カ月で再検出されたことに
ついての話題です。
確かに再検出は残念な結果事例ですが、
それでもこの治療過程は資料として
かなり貴重なもので、間違いなく次世代の
治療研究に役立っていくことでしょう。


[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82123591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック