home003.gif

2013年11月03日

【ニュース『深・裏・斜』読み】ネットの支持率を水増し 「いいね!」が売られるワケは?

【ニュース『深・裏・斜』読み】
ネットの支持率を水増し 「いいね!」が売られるワケは?
産経新聞 2013.11.3

インターネットへの投稿の“支持率”を示すフェイスブック(FB)の
「いいね!」や動画の再生回数を水増しするサービスが横行している。
数千件を水増しして手数料は5千円程度。新商品の評判や個人の
権威を箔(はく)付けする「新手のステルスマーケティング(ステマ)
との指摘もあり、だまされないよう注意が必要だ。(伊藤鉄平)

フォロワーの大半は外国人

インターネットを使った選挙運動が解禁された今年7月の参院選。
比例で出馬し、落選した金子善次郎元衆院議員(70)=自民=が
公示直前に開設したツイッターは十数件の投稿しかなかったにも
かかわらず、わずか約1カ月でフォロワー数が約1万人に急増した。

一部国内の支持者を除けば、その大半は外国人。FBの「いいね!」も
開設後約1カ月で2千件を突破したが、8割超はトルコ人だった。

自民党の公式ツイッターでも当時フォロワーは6万5千人程度。
金子氏の秘書は「トルコとの政策上の交流もなく、なぜ増えたのか
分からない」と話す。

海外に“量産”工場

インターネット上にはFBの「いいね!」などを販売するサービスがある。
ネット業者のホームページ(HP)には水増しの価格表が掲載され、
「効率的に宣伝を」などのあおり文句が並ぶ。
増やしたいページを指定し、代金を支払えば「いいね!」が
増える仕組みだ。ツイッターのフォロワーや、動画投稿サイト
「ユーチューブ」の再生回数を増やすサービスもある。

同サービスを1年ほど前に始めたという20代の会社員男性は、

取材に対し「アルバイト感覚で始めた。どうやって増やすかは
企業秘密だが、自分でやっているわけではない」と述べた。

関係者によると、海外にはFBの「いいね!」などを量産する“工場”が
存在する。中国やバングラデシュなど人件費の安い国が中心で、
複数のアカウントを使って架空の人物になりすまし、「いいね!」を
繰り返す。

国内のサービス業者も受注後、こうした海外の工場へ発注している
可能性が高く、中には「フォロワーの国籍は選べません」などと
ただし書きをしているサイトもある。

参院選における金子氏のケースも発覚当初、水増しの疑いが
持たれたが、同氏の秘書は「スタッフにも確認したが利用した
形跡はなかった」と説明。同氏は活動を休止し、9月末で事務所も
閉鎖されたため、真相はやぶの中だ。

ステマの一種

インターネット事情に詳しいネット広告大手「アイレップ」の
紺野俊介社長(38)によると、こうしたサービスは海外が
発祥で、2年ほど前から確認されている。

 紺野氏は「企業の新商品など『いいね!』が増えれば、
注目度も高まる。一見広告に見せかけない、いわゆる
ステマの一種だ」と指摘。「『いいね!』やフォロワーの
内訳を細かく見れば、外国人だらけなど不自然な点が
多く水増しはすぐに分かるが、普通はそこまで細かく見ない。
消費者を誤信させる行為だ」と批判する。

紺野氏によると、ネット上では「評価されるものが評価される」と
いう法則が強く働く。例えば、再生回数が上位の「注目」動画
ほど人々の関心を集め、さらに再生回数が増える。
いったん高評価を受ければ、その後は“雪だるま式”に
評価が高まる傾向にある。

評価の水増しは、こうした現象を起こす引き金になるほか、

フォロワー数を水増しした個人が「ネットの専門家」を
標榜(ひょうぼう)し、コンサルタント業としての権威を
高めるケースも散見されるという。

また「ネットでの宣伝活動がうまくいっていると上司に
報告するため、企業の担当者が、社内向けに水増しを
図るケースも多いのではないか」とも述べた。

 


コメントです。
[いいね]の水増しの話題です。
企業等が、営業目的で水増しするなら
わからないことはないですが(モラルは別としても)、
一個人が、注目を集めたいためにこのような
手法を取るとしたら、ちょっと痛いですね。


PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79795272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック