home003.gif

2013年10月21日

朝鮮総連 入札モンゴル企業はペーパーカンパニーか

朝鮮総連 入札モンゴル企業はペーパーカンパニーか
NHK 10月20日

競売にかけられた朝鮮総連・在日本朝鮮人総連合会の不動産に、
50億円もの価格をつけたモンゴルの企業は、経営の実態がない
ペーパーカンパニーの可能性が高いことがNHKの取材で分かりました。

東京・千代田区にある朝鮮総連中央本部の土地と建物は、整理回収
機構の申し立てで競売にかけられ、鹿児島県の宗教法人がいったん
落札しましたが代金が納付されなかったため月入札がやり直され
「アヴァール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」というモンゴルの
企業が、50億1000万円と最も高い価格をつけました。
モンゴルの税務当局によりますとこの企業の業務内容は
ビジネスコンサルタントで、資本金は日本円でおよそ6万円、税金や
保険料、給料などを支払った記録がなく、資金の流れがほぼ止まって
いることから「活動していない」と認定しているということです。
さらに、記載された電話番号は通じないうえ、別の登記情報に書かれて
いるウランバートル市内の住所はアパートの一室になっていますが
看板はなく、この部屋の住民も、企業について「関係ない」と話して
いることなどから、経営の実態がないペーパーカンパニーの可能性が
高くなっています。
この企業は朝鮮総連の不動産を買い受ける資格の有無などに
ついての裁判所の審査を経て、22日には「売却許可決定」を
受けて正式に落札することになりますが、そのねらいや背後関係に
関心が集まりそうです。

 

関連記事です。

モンゴル企業が朝鮮総連本部落札の報道 
日本とも北朝鮮とも関係深く、要人往来が相次ぐ

一度は不成立になった朝鮮総連本部(東京都千代田区)の
入札が再び行われ、2013年10月17日、開札された。
だが、落札したのは聞いたこともない外国企業。現時点では
素性は全く分からないもののモンゴル系だという説もある。

北朝鮮とモンゴルは古くから友好関係を築いていることで
知られている。一方、日本とモンゴル間でもこのところ要人
往来が相次いでおり、親密ぶりが際立つ。落札企業が
モンゴル系というのが事実なら、モンゴルを軸に水面下で
3国間の秘密の交渉が行われていた可能性がある。

記事データベースでは社名がヒットしない

朝鮮総連本部は2380平方メートルの敷地に地下2階、
地上10階の建物が建っている。

整理回収機構(RCC)の申し立てで競売にかけられ、
13年3月に鹿児島の宗教法人「最福寺」が約45億円で
落札したが、期限までに代金が納付できずに再入札が
決まっていた。

10月3日から10日にかけて再入札が行われ、10月17日朝に
東京地裁の施設で開札された。入札には2者が参加し、
基準価格26億6000万円に対して50億1000万円を
提示して落札を決めたのが、

「アバール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」
(Avar Limited Liability Company)を名乗る会社だ。
地裁の審査を経て、問題がなければ10月22日に正式に
落札が決定する。
同社は日本の主要メディアの過去記事
データベースはもちろん、国外の英文ニュースのデータ
ベースでも1件もヒットしない。まったく素性が分からない会社だ。

裁判所の説明によると、開札の担当者が落札者を口頭で
読み上げたが、それ以外の会社の所在地や代表者といった
データは10月22日まで公表されないことになっている。
ただ、正午のNHKのニュースでは、

「裁判所によりますと、この企業は『モンゴルが所在地』と
書かれているということです」

と報じており、これがほぼ唯一の手がかりだと言えそうだ。


コメントです。

東京・千代田区にある朝鮮総連中央本部の土地と建物の
再入札に関する話題です

ここで、少し疑問に感じたことは、日本国内(日本領土)に、
モンゴル系企業が正式に法的手続きを経たうえで土地
所有権を取得
し、実際の使用実績は北朝鮮系機関が
所有するということです。
これって、ちょっとおかしいと思いませんか?
早急に現状に適した法律の整備が必要だと思います。



PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78792958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック