home003.gif

2013年10月20日

デザイナーベビー? 遺伝子解析、好みの赤ちゃん 米で手法特許、倫理面で批判

デザイナーベビー? 遺伝子解析、
好みの赤ちゃん米で手法特許、倫理面で批判

朝日新聞 2013年10月20日

10201.jpg
青い目で足が速く、乳がんになるリスクが低い子どもが欲しい――。
親が望む特徴をもつ赤ちゃんを作る「デザイナーベビー」に
つながる遺伝子解析技術が考案され、米国で特許が認められた。
自分と、精子や卵子の提供候補者ごとに遺伝情報を解析して、
望み通りの子どもが生まれる確度を予測するシステムだ。
科学者からも「倫理的に大きな問題」と批判が出ている。

特許化されたのは、米国の個人向け遺伝子解析会社の
大手「23アンドミー」(本社・米国カリフォルニア)の手法で、
米特許商標庁が9月24日付で認めた。

同社はIT大手グーグルの共同設立者らが出資。2007年から、
唾液(だえき)に含まれるDNAの遺伝子配列のわずかな違い
(SNP)を分析して、アルツハイマー病や糖尿病など約120の
病気のリスクのほか目の色や筋肉のタイプなど計250項目を
判定する事業を展開している。価格は99ドル(約1万円)で、
利用者は50カ国以上、日本人を含め40万人を超えている。

今回、特許が認められたのは、これまでに得られた病気の
リスクなど独自のデータや情報を利用する手法だ。
具体的には、不妊クリニックや商業的バンクに保存されて
いる精子や卵子の提供者と、利用者の遺伝情報を
かけ合わせて解析する。

利用者は「大腸がんリスクが低い」「青い目」など、望む子どもの
特徴を示せば、提供者ごとに、子どもにそれぞれの特徴が
どの程度表れるのか確率がはじき出される。利用者の希望を
満たす度合いに基づき採点、点数の高い提供者を知ることが
できる。希望できる特徴には、身長や性格、寿命、酒の強さ、
運動能力、病気の発症リスクなどがある。

■実用化の計画、現時点は否定

ただ、同社は朝日新聞の取材に、現時点で特許のコンセプトを
実用化する意図も計画もないとしている。

今の遺伝子解析研究の状況では、子どもに出る特徴の確率の
信頼度、精度は項目により、大きなばらつきがある。
まだ想定通りの結果は出ないが、近い将来、遺伝子解析が
進んで精度が高まれば、デザイナーベビーは現実になる、
とみる科学者は少なくない。

今回の特許について、英科学誌ネイチャーの関連誌は
「子どもの特徴を『買い物リスト』に入れることは、倫理的に
大きな問題をはらむ」などの2ページの批判投稿を掲載した。

(岡崎明子、ワシントン=行方史郎)

■野放しにならない枠組みを

<北里大の高田史男教授(臨床遺伝学)の話>
身長や知能など親の「パーフェクトベビー願望」を
かなえる検査が、ビジネスの世界で歯止めなく広がるのは
危険だ。生活習慣病やがんなどのリスクは確定的なもの
ではなく、多数の遺伝と環境因子が関わるという理解が
必要だ。日本も国として、こうしたビジネスが野放しに
広がらないような枠組み作りが必要だろう。

◆キーワード

<デザイナーベビー> 受精卵の段階で遺伝子を操作する
などして、外見や知力、体力など、親の希望をかなえた形で
生まれる赤ちゃん。卵子と精子を体外で受精させる体外受精が
1978年に可能になったことで現実味を帯びた。
日本でも、特定の病気を持っていないか、受精卵の遺伝子を
調べる着床前診断はすでに行われている。さらに遺伝子解析が
進めば、「赤ちゃんのデザイン」も可能になると考えられている。
ただ、生命を商品のように扱う考え方には、倫理的な批判が強い。

関連記事です。

「生命の操作」に懸念 完全予測は不可能
デザイナーベビー、米で手法特許

10202.jpg

10203.jpg

SFの世界の話だったデザイナーベビー。親の望みによって、
子どもの病気のリスクや容姿、知性、芸術・スポーツへの適性や
才能を選ぶことは許されるのか。
「究極の生命の操作」には根強い批判がある。

特許を取得した23アンドミーは、利用者の情報をデータベース化
した独自の手法で研究を進める。大学や患者団体との共同研究で、
パーキンソン病などに関係する研究成果も発表、自社の個人向け
遺伝情報解析サービスにも反映している。利用者が増えるほど
精度も上がる。米国には個人向けに遺伝子解析を提供する会社が
10社以上あるが、同社は、情報の信頼性について強みがある。

今回、認められたデザイナーベビーにつながる特許は、これまで
同社が蓄積してきた遺伝情報の解析技術を統計的な手法で
応用するものだ。生殖医療技術と組み合わせれば、病気になる
リスクを回避したり、親が望む特質を子どもに受け継がせたり
することが可能になるかもしれない。

例えば、子どもに期待する遺伝情報を持つ精子や卵子の提供を
受けて、受精卵をつくる。受精卵のDNAを調べてから着床させる
「着床前診断」を組み合わせれば、より確実に望み通りの受精卵を
選ぶことができる。実際、米国の一部のクリニックでは、男女
産み分けの目的で着床前診断が利用されている。

ただ、遺伝子情報には未解明の部分も多く、23アンドミーが
現在、把握している遺伝情報では、子どもにどんな性格や才能、
病気のリスクが出るのか、完全に予測することはできない。
病気も含め、どんな特徴も、遺伝情報だけでなく、生活習慣
など環境要因にも大きな影響を受けるからだ。

最近、英科学誌ネイチャーの姉妹誌に発表された論文によると、
統合失調症に関係すると思われる約8300個の遺伝情報の
わずかな違い(SNP)を調べても、発症との関連は、32%しか
説明できなかったという。統合失調症について、同社が
調べているSNPは数個に過ぎない。

■親の欲望、抑えられるか

親の好き嫌いや価値観で子どものDNAを選んだり、操作
したりすることには倫理的な批判が強い。
富裕層だけが技術を利用すれば社会的な不公平が
生じるとの指摘もある。実際、米国では2009年に受精卵の
段階で、目の色や髪の色を調べるサービスを提供しようと
したクリニックが「生命の商品化や生命操作に
つながる」などの批判を受けて断念した。

また今回の23アンドミーの特許について、同社の利用者に、
事前にこうした手法に使う可能性があると同意を得ていたか
どうかはっきりしない。科学誌に批判を掲載したベルギーや
仏など4人の生命倫理学者は、その点についても指摘。
「遺伝子解析研究にかかわる人は最大限の透明性を
担保する必要がある」とした。

将来、赤ちゃんをデザインすることは可能になるのか。
遺伝子と脳行動の関係を研究している藤田保健衛生大の
宮川剛教授(行動神経学)は「そう遠くない将来、可能に
なるのは間違いない。不妊クリニックだけでなく、結婚相談所
などにもサービスが広がる可能性がある」とみている。

遺伝子研究がさらに進歩し、デザイナーベビーが現実に
なった時に、親が子どもをデザインしたいという欲望に
歯止めがきかなくなるのではないかとの懸念がある。
大阪府立大の森岡正博教授(生命倫理)は

「遺伝子の段階から親が子どもの人生を
支配することは許されない」
と話す。

ゲノム研究の第一人者、榊佳之豊橋技術科学大学長は
「希望する特徴がかなえられても、それ以外のリスクが
どう出るのかは全くわからない。もし望み通りの子どもが
生まれなかったとき親は子どもを愛せるのか
」と指摘する。

同社は「現時点で実用化する計画はない」としているが、
一般的に特許は20年保護される仕組みになっており、
将来のビジネス展開を警戒する声もある。

 (行方史郎=ワシントン、岡崎明子)

■目の色・病気リスク・知能…250項目判定 
遺伝情報解析を体験

デザイナーベビーに関連する特許の基本となる遺伝情報
解析サービスを、米国で暮らす記者が体験した。
インターネットで、米検査会社23アンドミーの検査キットを
購入、唾液(だえき)をチューブに採って送り返した。
約3週間後に電子メールで結果が届いた。

アルツハイマー病やパーキンソン病などは
「遺伝カウンセリングが受けられる」などの注意事項に、
「同意」しないと結果を見ることはできない。
判定は「目の色」や「身長」など病気と関係なさそうな
体の特徴も含め、約250項目に及んでいた。

目の色では、「茶色」「緑色」「青色」のなりやすさが
3分類で示される。筆者(茶色)は、その通りに
「茶色らしい」との判定だ。
五百年前の祖先は「100%日本や中国など東アジア」と出た。

目の色や筋肉のタイプがどのくらいの確率で、子どもに
表れるかも示されている。記者と日本人との間で
できる子どもの場合、目の色は「85%茶色」で、
筋肉のタイプは「100%短距離型」と出た。

「男性特有の薄毛」という項目もある。頭頂部から
毛が抜け、さらに前頭部が後退していくのがその典型で、
男性ホルモンの分泌と関係しているという。
「可能性はどちらかといえば低い」との判定結果だったが、
自分の親や親族を見る限り、安心はできない。

不整脈の一種「心房細動」や前立腺がんのリスクが平均より
高と出たがアルツハイマー病はリスクは平均より低いと出た。

各項目の信頼度が1〜4個の星の数で示してあり、目の色や
薄毛は最高の星四つだ。星三つ以下には知能や読解力、
記憶力など気になる項目も多いが、まだ精度に限界が
あるようで、「平均よりわずかに高い」といった抽象的な
表現にとどまっていた。


コメントです。

遺伝子解析による
「デザイナーベビー」の
話題です。
倫理的に批判の声も多いようですが、
今後、富裕層の飽くなき欲望等需要が
あるかぎり、研究開発、そして実用商品化の
流れはとまらないでしょう

個人的見解としては、上記にありました、

大阪府立大の森岡正博教授の
「遺伝子の段階から、親が子どもの人生を
支配することは許されない」、 ゲノム研究の
第一人者、榊佳之豊橋技術科学大学長の
「もし望み通りの子どもが生まれなかったとき、
親は子どもを愛せるのか」の二つの意見に、
深く共感するものがありしました。



PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78649146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック