home003.gif

2013年09月26日

がんによる損失、最大1.8兆円 厚労省研究班推計

がんによる損失、最大1.8兆円 厚労省研究班推計
朝日新聞 2013年9月25日

【岡崎明子】がんにかかったことで、通院で会社を休んだり、
仕事の生産性が落ちたりして、年間最大約1兆8千億円の
労働損失が生まれている可能性が、厚生労働省研究班の
研究でわかった。こうした推計は国内で初めて。
働く意欲のある患者を支援する動きもあり、研究班は
「対策を取ることで損失を減らせるかもしれない」と指摘する。

国立保健医療科学院の福田敬・上席主任研究官らは2011年度の
国の統計をもとに、20〜69歳で働いている人ががんになった際の
労働損失を推計。対象は最大40万人と見積もった。

入院や通院で会社を休んだ場合など治療による直接的な損失は
約4500億円。
うち女性の乳がんは約550億円と最も多かった。
乳がん
は40〜50代の働き盛りの年代で発症する人が多い上、
術後も通院期間が長いことが理由として考えられる。

治療日以外の労働状況についても、一般の人と同じ程度に
働けるかどうか、仕事を辞めていないかなどの間接的な
労働損失を推計。仮に全員が辞めてしまった場合の損失は
約1兆3800億円となり、治療による損失と合わせると
最大1兆8千億円になる可能性があるとした。



コメントです。

癌を発病することによって、社会的損失が
どれほど発生しているのかを数値化した
記事です。興味深いですね。
一般的なことですが、この数字を小さくする
ためには、まず、定期的な健康診断や、日々の
生活習慣を改善するなどの地道な啓発行動を、
現状よりさらに促進していくべきですね。


PR][ 韓流はち花粉サンキュ!]
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76577416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック