home003.gif

2013年08月27日

医師に患者を紹介、鍼灸院を舞台に不正請求か

医師に患者を紹介、鍼灸院を舞台に不正請求か

朝日新聞 2013年08月26日
 
08271.jpg08272.jpg


【月舘彩子、沢伸也】患者紹介ビジネスを手がける大阪市の業者が
鍼灸(しんきゅう)院に患者を集め、医師の診療を受けさせていた
ことが分かった。患者の居住場所以外で診ても、訪問診療として
診療報酬を請求することはできないが、医師は自宅で診たように
装って不正請求した疑いが強い。厚生労働省は調査する方針だ。

この紹介業者は大阪市中央区の医療コンサルタント会社。
近畿で350以上の鍼灸院や医師約50人と契約を結んでおり、
「鍼灸院に患者を集める業者は全国にある」と話している。

同社の契約書などによると、患者約5人を同じ時間帯に鍼灸院に
集め、医師がそこへ来て次々と診る。
医師は診療報酬の2割を紹介料として業者に支払う。

厚労省の通知では、医師が訪問診療として診療報酬を請求
できるのは自宅や施設など患者が暮らす場所に限られ、
鍼灸院で診ても請求できない。だが、患者への医療費通知や
患者らの証言によると、医師は鍼灸院でしか診ていないのに
訪問診療として請求した。請求時に診察場所を記す必要はなく、
紹介業者は医師や鍼灸院への営業で「どこで診ているかは
わからないから大丈夫」と説明していた。

鍼灸院が患者を5人集めるのは、医師が一度に診察できて
効率が良いからだ。紹介業者から営業を受けた鍼灸院が
録音した記録によると、業者は「(5人だと)時給に換算すると
いいカネになる。人数が少ないと医師と交渉しづらい」と話している。

鍼灸院にも利点がある。はり師やきゅう師の治療の保険適用には
、医師の診断と同意書が必要だ。医師が鍼灸院に来て一度に
多くの患者の同意書を書いてくれれば、患者の自己負担は
1〜3割になり、「客」を呼び込みやすい。
このため鍼灸院も、患者の1症状あたり税込み3150円を
同意書発行料として紹介業者に
支払う仕組みだ。

紹介業者は「鍼灸院の要望で始めた。勉強不足で見切り
発車でやってしまった。
ただ、最終的には医療機関が判断してやったこと。
うちの手法を模倣して自分でやっている医者もいる」と話す。
医師は取材に応じていない。

    ◇

患者紹介ビジネス〉 患者をまとめて医師に紹介し、見返りに
診療報酬の一部を受け取るビジネス。医師が紹介業者に
支払う紹介料の相場は、訪問診療報酬
(患者1人につき月約6万円)の2割。訪問診療の報酬が
外来の15倍に上ることに着目した新手のビジネスだ。
法令の規制はないが厚生労働省は不適切として規制を検討し始めた。

 
 
関連記事です。
はり治療、覚えないのに年160日 鍼灸院が架空請求か

医師の診療報酬に群がる「患者紹介ビジネス」。高齢者施設の
入居者だけではなく、鍼灸(しんきゅう)院の患者も狙われていた。

患者紹介ビジネスを手がける業者と契約し、患者を集めて医師の
診療を受けさせていた鍼灸院を大阪市南部の住宅街で見つけた。

50代女性は昨春、整体治療も行うこの鍼灸院で腰のマッサージを
受けた。終了後、「保険診療にすると安くなる」と誘われ、2階へ
連れて行かれた。
案内されたのは、狭い給湯室だった。

スーツ姿の男性がテーブルの向こうで丸イスに腰掛けている。
対面に座った。「どこが痛いですか」と聞かれたが、触診はなかった。
話はすぐに終わり、帰り際に名刺の拡大コピーを渡された。
大阪・心斎橋の開業医だった。

昨年末、医療費通知が届いて驚いた。あれから医師に会って
いないし、窓口負担分を払っていない。それなのに、医師から
毎月1〜2回の診察を受けたことになっていたからだ。無料で
マッサージを受けたこともあり、後ろめたくて苦情を言えなかったという。

記者が医師の名刺の住所を訪ねると、飲食店や風俗店が立ち並ぶ
一角の古い雑居ビルだった。外からは診療所の看板は見あたらない。
1階の居酒屋のわきの狭い通路を奥に進むと、突き当たりのガラス扉に
診療所名が書かれ診療時間「平日午後4時半〜午後9時半」とあった。

平日午後6時、ドアを開けた。薄暗い。
「すみません」と声を上げると白シャツに黒ズボンの中年男性が現れた。

「先生はいらっしゃいますか」「今は不在です」
「いつお帰りですか」「わかりません」

取材依頼の文書を渡したが、回答は来ていない。

50代女性の医療費は外来にしては高く、訪問診療扱いされたと
みられる。しかもマッサージを受けたのに、はり治療されたことに
なっていた。はり治療は医師の同意書があれば最大3カ月間、
何回でも保険請求できる。患者への医療費通知や患者らの
証言によると、鍼灸院も架空請求をくり返していた疑いが強い。

別の患者は鍼灸院にほとんど通っていないのに、はり治療を
毎月15〜20回受けたように保険請求されていた。
ある患者は「この日に治療していたことにしておいて」と、1年分の
架空治療日に○の付いたカレンダーを手渡された。
1年の半分近い160日分に○がついていた。鍼灸院から
月2万円の「お小遣い」をもらったと話す患者もいるという。
鍼灸院は取材に回答していない。

中央社会保険医療協議会で患者代表として委員を務めた
勝村久司さんは「訪問診療はどこで何人診るかで報酬額が

変わるのに、訪問場所を申告しなくていいのは市民感覚としては
あり得ない。不正防止のため、請求の際に訪問場所などを
明記させ、患者にも内容を伝えることが重要だ」と話す。


posted by salsaseoul at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73463440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック