home003.gif

2013年03月31日

試合中にレーザー照射、何とかならないの?

試合中にレーザー照射、何とかならないの?
朝日新聞 2013年3月28日

kawashima-2.jpg

サッカーワールドカップ(W杯)予選の日本―ヨルダン戦で、
日本選手にレーザー光線のような光が照射された。
どんな危険性があるのか。対策はないのか。

■日本でも問題、観戦者を処分

26日、アンマン。日本が1―2で敗れた試合中、遠藤保仁選手や
川島永嗣選手らの顔に、緑色の光線が何度もあてられた。
日本サッカー協会はアジアサッカー連盟に抗議文を出した。

日本のプロ野球でも問題になったことがある。

1997年、大阪ドーム(当時)。メジャーリーグでも活躍した
吉井理人さん(47)がヤクルトの投手としてマウンドに立って
いた時だ。目の前を赤い光がかすめ、やがて正面から
飛び込んできた。光が消えると、「明るい所から暗い所に入った時の、
さらにきつい感じだった」と振り返る。集中力が切れ、降板した。

サッカーでも昨年9月、J1のFC東京―川崎戦で川崎サポーターの
観客席にレーザーポインターが照射された。警備員が中学生2人を
特定。FC東京は2人をシーズン中の公式戦入場禁止にした。
数人が体調不良を訴えたという。

海外サッカーでは、ポルトガル代表のロナルドや、アルゼンチン代表の
メッシら有名選手もたびたびレーザー光線を浴びている。

■長時間見ると目に悪影響もレーザー光線は目に
どのような影響を与えるのか。

滋賀医科大学の大路正人教授(眼科)によると、工業用レーザーを
誤ってのぞき込んだ事故では、失明に近いダメージを受けることも
あるという。「市販のレーザーポインターの光が少し目に入った
程度なら、すぐに大きな影響はない」としつつも、「長時間見続ければ、
悪影響が出る可能性は否定できない」。

レーザーポインターは、暗い会議室でスクリーンを指し示す際などに
使われる。小型なら価格は3千円前後。200メートル先まで光が
届くものもある。かつては赤色だけだったが最近は緑色が人気という。

約20種のレーザーポインターを製造、販売するサンワサプライ
(岡山市)の担当者は「今回の映像を見る限り、日本製よりも
かなり高出力のレーザー光線だと思う」と話す。

■安全基準設け国内では規制

経済産業省は01年、消費生活用製品安全法に基づき、
レーザーポインターを安全基準を満たさなければ販売できない
「特別特定製品」に指定。レーザー光線で視力が低下した
事例があったためだ。
ただ、安全基準がない国もあり、海外製には新聞紙に
当て続けると燃えるほどの出力のものもあるという。

試合の主催者はどう対処しているのか。プロ野球の場合、
各球場の判断に任されている。東京ドームでは、カメラの
過剰なフラッシュも含めて「光り物」を警備員が警戒する。

Jリーグは「他人に迷惑または危険を及ぼす」と認められる
物の持ち込みを禁止しており、担当者は「レーザーポインターは
これにあたる」という。だが、プロ野球もJリーグも観客全員の
持ち物をチェックするのは困難なのが現状だ。

今回、遠藤選手は「プレーに影響したということはない」と
話したが、同じ経験をした吉井さんは「真剣勝負は見る方にも
ルールがある。それを守って楽しんでほしい」と訴える。

 (山本奈朱香、北林晃治)


コメントです。
まったくあきれた話ですね
スポーツ観戦、熱くなるのも楽しくていいですが、
度が過ぎると、「他に楽しいことがないのかと?」
問いただす意味で。
怒りを通り越して犯人が
かわいそうにもなります。
いずれにしても、とりあえずはセキュリティーの
強化
で対応していくしかないですね。

posted by salsaseoul at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64194405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック