home003.gif

2012年12月28日

不要な銃をスーパーの金券に ロサンゼルスでイベント

不要な銃をスーパーの金券に ロサンゼルスでイベント
朝日新聞デジタル 12月27日(木)
20121227-00000042-asahi-000-1-view.jpg
家庭にある銃を金券に換えるイベントで集まった銃の数々=米ロサンゼルス、藤えりか撮影
bprkth.jpg
家庭で不要な銃を金券に換えるイベントで、集まった「アサルト・ウエポン(突撃銃)」を
手にする米ロサンゼルス市警のスミス警視=ロサンゼルス、藤えりか撮影


【ロサンゼルス=藤えりか】米ロサンゼルスで26日、家庭で
所持する銃をスーパーの金券に交換するイベントがあり、
ライフルなど殺傷能力が高い銃が集まった。
コネティカット州の小学校で起きた乱射事件などを踏まえ、
自発的に銃を手放す呼びかけに市民が応じた。

「ガン・バイバック」をうたうイベントで、ロサンゼルス市長や
ロサンゼルス市警などが「事情を尋ねない」として2009年から
毎年5月に開いてきた。

臨時に開いた今回は最大200ドル(約1万7千円)分の金券と
銃を交換した。車が夕方まで列をなし、地元スーパー「ラルフズ」が
用意した金券はすべて銃にかわった。
今年5月の1673丁を超える銃が集まったとみられる。


コメントです
アメリカの銃規制に関する話題です
ところで、アメリカの銃所持についてですが、
あれだけ広い国土によるセキュリティの
脆弱さに加え、入植地として発展(?)
してきた歴史と文化、そして、何よりも
銃の製造が産業として税制と雇用、また
選挙時に集めのための機関として
根付いている現状で銃所持の比率を
下げることは不可能でしょうが、それでも、
このようなイベントが開かれること自体が
せめてもの救いですね。


posted by salsaseoul at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61076117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック