home003.gif

2012年12月07日

世界汚職国家ランキング、北朝鮮とソマリアが今年も最悪 日本17位

世界汚職国家ランキング
北朝鮮とソマリアが今年も最悪 日本17位

CNN.co.jp 12月7日(金)14時33分配信
香港(CNN) 中国は世界第2位の経済大国になったが、
ビジネスを行う側にとっては汚職大国でもある――。
汚職を監視するドイツの民間団体
「トランスペアレンシー・インターナショナル」は、最新の
世界汚職度ランキングを5日、発表した。

中国の汚職度は世界176カ国・地域の80位で、前年から
5位ランクダウン。「経済大国たるもの、政府機関を完全に
透明にし、トップに説明責任を持たせるといった手本を
世界に示すべきだ」と同団体は指摘する。
汚職が最も少ないのはデンマーク、フィンランド、
ニュージーランドにスウェーデン、シンガポールといった国々。
米国は、17位の日本と英国に続く19位だった。
一方、最悪だと判定されたのはソマリアと北朝鮮、
アフガニスタンの3国。スーダンとミャンマーがこれに続く。
汚職の問題を抱える新興工業国は中国だけではないようで、
インドは94位、ロシアは133位だった。
欧州では厳しい財政緊縮政策が実行されたギリシャが去年の
80位から94位へと転落した。
トランスペアレンシー・インターナショナルは、汚職の横行が
最もひどい状況をゼロ、最も清潔な状況を10としてポイントを
算出した。同団体のホームページによれば、公式統計の
数字が実情を示しているとは限らないため、ポイントは
「公共部門の汚職に対する評価を提供する立場にある
人々の認識」に基づいて算出されたという。

2012年の世界汚職度ランキング トップ25

1.デンマーク
1.(同位)フィンランド
1.(同位)ニュージーランド
4.スウェーデン
5.シンガポール
6.スイス
7.オーストラリア
7.(同位)ノルウェー
9.カナダ
9.(同位)オランダ
11.アイスランド
12.ルクスセンブルグ
13.ドイツ
14.香港
15.バルバドス
16.ベルギー
17.日本
17.(同位)英国
19.米国
20.チリ
20.(同位)ウルグアイ
22.バハマ
22.(同位)フランス
22.(同位) セントルシア
25.オーストリア
25.(同位)アイルランド


関連記事です。
「失敗国家」ランキング、ソマリアが5年連続首位 日本は悪化

(CNN)  米国の非政府組織「ファンド・フォー・ピース」と
外交専門誌「フォーリン・ポリシー」が毎年発表している
「失敗国家」ランキングの2012年版が18日発表された。
ソマリアが5年連続の首位となり、10位以内にアフリカから
6カ国が入った。
同ランキングの発表は8年目。世界177カ国の
不安定さを比べるために社会、経済、政治的要因12項目を
指数化し、合計を算出して順位を付けている。
ファンド・フォー・ピースによると、上位の国が必ずしも
破綻(はたん)しているわけではないが、不均衡な開発や
経済の落ち込み、人権問題などで窮状にあるとみられる。

今年はソマリアに続いてコンゴ、スーダン、チャド、ジンバブエと、
上位5カ国をアフリカが占めた。6位以下にはアフガニスタン、

ハイチ、イエメン、イラクが並び、10位が中央アフリカだった。

フォーリン・ポリシーによると、ソマリアでは比較的平穏な
首都モガディシオを除いて各地で戦闘が続き、無法状態が
広がっている。政府が機能せず、テロや反乱、犯罪が続発し、
海賊が外国船の襲撃を繰り返している。

11位以下で目立ったのは、昨年民主化運動の波が広がった
中東、北アフリカ諸国の順位変動だった。リビアは11年版の
111位から急激な悪化を示し、一気に50位まで上がった。
ファンド・フォー・ピースは背景にあった要因として「内戦と
北大西洋条約機構(NATO)主導の空爆、(カダフィ)
政権の崩壊」を挙げている。

アサド政権と反体制派の衝突が1年以上も続くシリアも23位と、
11年版の48位から急上昇した。
ハイチは10年の大地震で
トップ10に浮上し、今年も北米、中南米諸国で唯一、
10位以内にとどまった。

日本は11年版で164位だったが、12年版では151位まで
上がった。
米国は159位、指数の最も低い177位はフィンランドだった。


コメントです
あくまでも民間調査団体による発表ですので、
参考資料として掲載しました


posted by salsaseoul at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60603123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック