home003.gif

2012年12月07日

世界25億人がいまだトイレのない暮らし、深刻な身の危険も

世界25億人がいまだトイレのない暮らし、深刻な身の危険も
CNN  2012  11  20
world-toilet-day-mozambique.jpg
モザンビークに住むある女性は15分歩いて橋を渡り用を足す
WATERAID/LAYTON THOMPSON提供


(CNN) 人が一生のうち平均3年間を過ごすというトイレ。
しかし世界の人口の3分の1強に当たる25億人が、いまだに
衛生的で安全なトイレのない生活を送っている――。
「世界トイレの日」の19日、そうした現状を知ってもらい、

世界トイレ危機の解決を促そうというキャンペーンが行われた。
英慈善団体のウォーターエイドによると、トイレがない地域は

アフリカのサハラ砂漠以南とアジアの国が大半を占め、アジアの
人口の半分以上は不衛生な環境に置かれているという。こうした
地域の住民は、地面や川や道路脇などの屋外や、不衛生な
施設などで用を足すほかない。
インドのマディヤプラデシュ州の

スラム街に暮らす女性は、住民は近くの丘に行って用を足していると
話し、「今は樹木がなくプライバシーを守れないので、夜になるのを
待たなければならない。年寄りには厳しいし、大人の女性は
性的暴行を受ける危険がある」と訴える。

今年の世界トイレの日では、特にこうした女性にとっての危険に
スポットを当てた。ウォーターエイドによれば、女性は感染症の
危険だけでなく、屋外で用を足すことにより、嫌がらせや
暴行などの危険にもさらされる。

モザンビークに住む女性は、徒歩で15分ほどの距離にある橋を
渡って茂みまで行かなければならないと語った。特に夜間は非常に
危険で、女性や子どもが刃物で襲われて殺されたり、女性が
レイプされる事件も起きているという。

さらに衛生面の問題も深刻だ。汚物を処理する下水施設が
なければ、コレラや腸チフスなどの感染が広がる恐れがある。
国連の統計によると、不衛生な環境が原因で死亡する人は
年間270万人を超す。下痢性の疾患で死亡する途上国の
乳幼児は、エイズとマラリア、はしかの死者を合わせたよりも多く、
世界保健機構(WHO)の統計でも、下痢性疾患は5歳未満の
幼児の死因として2番目に挙がっている。

世界銀行の推計では、こうした衛生問題の代償はアフリカ諸国で
年間55億ドル、インドでは538億ドルにも上る。一方、
世界トイレの日の推進団体によれば、衛生設備はコスト効率が
極めて高く、1ドルの投資に対して5ドルの見返りがあるという。
世界のトイレ危機の解決は、強力な政治的リーダーシップと、
衛生インフラおよび教育への投資にかかっていると同団体は
訴えている。


コメントです

月並みですが、日本で生活していて、そして機会が
あって外国旅行などをしたときに痛感するのが
日本のトイレ事情の良さです

おそらく世界一だと思われますが、そのような恵まれた
環境で暮らしていると、今日の記事の内容はピンと
来ないかもしれません。
いずれにしても、
先進国からの援助等で今後トイレ
発展途上地域でインフラの整備が進むといいですね。


posted by salsaseoul at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60602413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック