home003.gif

2012年08月15日

<九大生体解剖事件>「戦争は人を狂わす」最後の目撃者語る

<九大生体解剖事件>「戦争は人を狂わす」最後の目撃者語る
毎日新聞 8月15日(水)
20120815-00000068-mai-000-2-view.jpg
事件後に描かれたスケッチを使って当時の様子を語る東野さん
福岡市中央区草香江で、金秀蓮撮影
1945年5月、大分、熊本両県境に墜落したB29搭乗の
米兵8人が次々と旧九州帝国大(現九州大)医学部に
運ばれ、やがて死亡した。
連合国軍総司令部(GHQ)が「類例ない野蛮さ」と表現した
「九大生体解剖事件」。医学生として立ち会った福岡市の医師、
東野利夫さん(86)は何を目撃し、何を思ったのか。
「戦争は人を狂わせる。悲惨と愚劣しか残らない」。
67年後の今、東野さんは改めて平和の尊さを訴える。
東野さんは1945年、同大医学部に入学。約1カ月後、
配属された解剖学教室で、事件は起きた。
「手術する場所を貸してほしい」。外科医から解剖学教室の教授に
連絡があった。数日後、米兵の捕虜2人が運ばれてきた。
麻酔がかけられ、肺の手術が始まった。透明の液体が体内に
入れられたが、その液体が代用血液として試された海水
だったことは後に知った。

実験手術だった。軍の立ち会いの下、4回にわたって8人に
上り、うち2回を目撃。無傷の捕虜にも施され、終わると血液は
抜かれ、息絶えた。「ただ不思議で怖くて、緊張して体が固まった」。

東野さんはGHQの調べを受け、裁判の証言台にも立った。
主導していたとされる軍医は空襲で死亡、執刀した外科医も
拘置所で自殺した。

「軍人と医者が残虐非道なことをしたが、れは事件の本質ではない」。
東野さんは独自に調査中、気が付いた。「当時の心理状態は
平和な時代には考えられないほど、おかしな状態だった」。
戦争末期の空気と混乱は医者をも狂わせた。

事件の目撃者が東野さんだけとなり、講演にも力を入れたが、
体力の衰えで数年前から休止した。時代は移りゆくが、平和への
思い、願いに変わりはない。「非戦を誓った憲法9条は必ず
守ること。そして捕虜に対し学内の医師がメスを持ったという
事実を正面から受け止め、母校の敷地に8人の慰霊碑を
造ってほしい」【金秀蓮】

【ことば】九大生体解剖事件

1945年5〜6月、墜落したB29に乗っていた米軍捕虜計8人が、
旧九州帝国大医学部で実験手術を受け死亡した。西部軍司令部は
8人について、広島へ移送後に被爆し死亡したとしたが、GHQの
調査などで発覚。計28人が起訴され、5人の絞首刑を含む
計23人が有罪判決を受けた。



関連記事です。
九大医学部生体解剖事件

九大医学部アメリカ兵生体解剖事件(昭和20年)

日本が敗戦を迎える数ヶ月前のことである.昭和20517日から
62日にかけてこの事件が起きた.アメリカ軍B29爆撃機の
飛行士捕虜
8人が九州帝国大学医学部・解剖学教室で生きたまま
解剖されたのである.これが世に言う「九大生体解剖事件」である.

戦争が激化し,日本全体がアメリカ軍のB29爆撃機による空襲を
受けていた.この事件で犠牲となった8人の
B29爆撃機の
飛行士は,昭和
2055日に大分県・竹田市上空に飛来,
日本海軍の戦闘機・紫電改の体当たりを受け撃墜された
搭乗員たちであった.搭乗員8人はパラシュートで無事に着地したが,
捕らえられて捕虜となった.そして翌
56日,汽車で竹田市から
福岡市の西部軍司令部に送られてきた.まだ童顔の若い兵士たちは
しばらくの間捕虜収容所にいたが,昭和
20517日から
6
2日にかけ,九大医学部解剖学教室に連行され生きたまま
4回の解剖が行われ次々に死んでいった.医学上の実験材料と
して生体解剖がおこなわれたのである.この事件は中国大陸に
おける
731部隊(石井部隊)とともに日本医学史上最大の汚点である.

敗戦によりこの事件の発覚を恐れた軍司令部と九大関係者は
8人の捕虜の死を広島の原爆によって死亡したように隠蔽工作を
おこなった.しかし
GHQに届いた一通の英文の匿名投書によって,
昭和
21713日,突然GHQが九州大学に車で乗りつけ
岩山教授を戦犯容疑で逮捕した。九大関係の逮捕者は5名で,
この生体解剖事件が暴かれることになる.姑息な隠蔽工作は
通用しなかったのである.

昭和215月から極東国際軍事裁判が開廷され,この事件は
昭和
233月から5ヶ月にわたり横浜地裁で審議されることに
なった.そして「生体解剖事件」に関わった軍司令部
16人,
九大医学部関係者
14人が軍事裁判にかけられることになった.
起訴状による罪状は,生体解剖をして死亡させたこと,死体を
冒涜し丁寧に埋葬しなかったこと,虚偽の報告と情報妨害であった.

昭和23827日,横浜軍事裁判所第1号法廷において
判決が下された.ジョイス裁判長は軍司令官・横山勇中将(
59),
軍参謀・佐藤吉真大佐(
49),鳥巣太郎教授(39),平尾健一(39),
森良雄講師の計
5人に絞首刑を言い渡し,4人を終身刑とし,
14人が3年から25年の重労働,6人を無罪とした.
このように厳しい判決が下された.

この「生体解剖事件」は,九州帝国大学医学部・第1外科の
岩山福次郎教授が中心となっておこなわれた.同第1外科出身の
笹川拓・軍医見習士官が生体解剖を発案し,これを西部軍司令部が
許可したとされている.しかしこの事件の真相は,笹川拓・軍医
見習士官が昭和
206月の空襲で死亡し,首謀格の岩山福次郎
教授が逮捕翌日に土手町刑務所で自殺したことから詳細は定か
ではない.岩山福次郎教授が残した遺書には「いっさいは軍の
命令,責任は余にあり.鳥巣,森,森本,仙波,筒井,余の命令にて
動く,願わくば速やかに釈放されたし,
12時,平光君すまぬ」と
書かれてあった.生体解剖が軍部からの命令であったのか,
軍部からの依頼であったのか,あるいは岩山福次郎教授の
意志がどの程度あったのかは定かではない.しかし,どのような
動機であれ,当然ながら生体解剖は人道上決して許されるべき
ものではない.この事件が起きた終戦前4ヶ月の戦局は
米軍が沖縄を占領し,福岡は
B29の空襲により連日甚大な
被害を受けていた.食料が乏しくなっており,また大本営
からは「捕虜は適当に処理せよ」との指令がきていた.
この適当に処分せよの言葉がこの生体解剖の引き金になった.
米軍捕虜の対処に困っていた
西部軍は,九州大学出身の軍医見習い笹川拓が立案した
生体解剖に同意したのだった.破滅寸前の日本,焦土化した
福岡,このような末期的な戦局の中で,米軍爆撃機の飛行士を
争捕虜としてではなく,無差別爆撃を行った戦争犯罪者として
扱ったことが問題をつくってしまった.解剖学教授・平光吾一は
この事件を振り返り,「日本国土を無差別爆撃し無辜の市民を
殺害した上,捕獲された敵国軍人が国土防衛に任ずる軍隊から
殺されるのは当然と思った」と昭和
52年発行の文藝春秋12月号で
その当時の社会背景を述べている.

 しかしたとえ生体解剖事件が軍部の命令であったとしても,
戦争犯罪というよりも猟奇的な事件と感じるのは,
「生きたまま解剖する」という非人道的犯罪が,人間の生命を
守るべき医学部構内で行われたことである.それは法律以前の
問題,人間としての罪,道徳,倫理の問題であった.
また裁判で処罰された者が
29人,生体解剖に動員された医師の
延べ数が
40人,この関与人数の多さから想像できるように,
この異様な犯罪が医学部の中で組織的に行われたことに
戦慄を覚える.このような犯罪が医師というエリート集団によって
なぜ組織的に行われたのかを考える必要がある.事件に
関わった人たちを非人道的と非難し糾弾するだけでは
この事件の本質には届かない.

当時の戦時体制下では,大学は軍部に協力することが
国家総動員法で義務づけられていた.そして軍部に協力しない
教官は罰せられる状況にあった.九大は西部軍部司令部の
指揮下にあった.九大の総長は海軍大将・百武源吾であり,
医学部教授は陸軍の嘱託という立場にあった.もちろん研究の
テーマは軍用医学に関することになっていた.大学職員は軍隊と
同様に
3階級が定められ,各階級に応じて挙手礼が行われていた.

大学医学部は教授を頂点とする封建的社会であるが,戦時下の
上下関係は軍隊と同じように厳しいものであった.この事件を
理解するためには,このような戦時下の社会構造を理解して
おく必要がある.軍司令部や教授の命令は絶対であり,彼らに

逆らえない状況の中で否応なく組み込まれた事件と理解したい.
医学のため,日本のため,様々な理由を自分に言い聞かせて
解剖に応じたのであろう.戦争という異常な渦の中で,
この犯罪はおこなわれたのである.

岩山教授は生体解剖についての記録を残していない.
そのため解剖の目的,解剖の内容は,関係者の口供書から
推測するだけである.岩山教授の目的は何だったのだろうか.
生体実験によって医学の可能性を探りたい気持ちが強かった
のだろうか.戦争中の医学研究の対象は軍用医学であり,
戦争に役立つ研究を行うのが医学部の目的であった.
そのため戦争に傷ついた日本の国民,民間人を救うという
大義名分が彼の動機であったと想像することができる.

日本は連日空襲を受け,外傷治療に必要な輸血が極端に
不足していた.そして輸血に代わる代用血液がその当時の
軍用医学の重要な課題になっていた.岩山教授の専門は
血液に代わる代用血液であり,彼の関心も当然そこに
あったと思われる.そして捕虜に行った生体実験も,血液の
代用として海水を体内に注入する実験が主であった.
人間の血液の代わりに食塩水が注入可能かどうか,肺は
どの程度切除可能かどうか,てんかん療法としての
脳切開法の効果,このような実験が若いアメリカ兵捕虜を
相手に解剖学教室でおこなわれた.そしてその有効性が
調べられた.計
4回解剖がおこなわれ,1回目は全肺摘出,
海水の代用血液,2回目は心臓摘出,肝左葉切除,3回目は
てんかんに対する脳手術,4回目は代用血液,縦隔手術,
肝臓摘出であった。米兵の生体解剖は麻酔下で行われたが,
解剖は病院の手術室ではなく解剖学教室の解剖台で行われた.
米兵は手術中,もしくは手術直後に死亡した。

この岩山教授が行った実験が,軍用医学としてどの程度意義が
あったかは分からない.しかし捕虜を実験動物と同様な扱いで
死亡させたことは確かである.
岩山教授は
731部隊が中国でおこなった人体実験の資料を
入手しており,
731部隊と同じ考えが教授の根底にあったと
思われる.当時,医学部第
1外科の助教授だった鳥巣太郎は,
1回目の生体解剖の後,岩山教授に解剖の中止を
進言している.しかし自分の進退をかけた鳥巣助教授の
進言は受け入れられず,鳥巣助教授は教授に逆らい
3例目以降の解剖には参加していない.しかし皮肉なことに,
岩山教授の自殺により,裁判では鳥巣太郎がこの事件の
責任者として絞首刑の判決を受けることになった.

 戦争という状況の中で,この事件は多くの医師たちの関与の
もとで行われた.生きたまま解剖台に乗せられたアメリカ兵を
前に,医師たちは何を思い,何を考えメスを手にしたのだろうか.
生々しく脈打つ心臓を見つめながら,血液を抜き,食塩水を
注入し,肺を切除し,医師たちはどのような思いで生体解剖を
おこなったのだろうか.

生体解剖事件に加え,進駐軍は解剖された捕虜の肝臓を
宴会で試食した疑惑についても,激しい取り調べをおこなった.
元偕行社病院長ら
5人の関係者が米軍検察官の取り調べを
受けることになった.そして拷問にちかい取り調べを受け
自白の口供書にサインするが,人肉試食疑惑は証拠
不十分により
5人は無実となった.この人肉試食疑惑は
功を急いだ米軍調査官のでっちあげとされている.
いずれにせよ生体解剖事件は日本の医学史上最大の
猟奇事件といえる.医師の良心さえも軍国主義体制の
渦の中に飲み込まれてしまったのである.
軍部,医学部教授という権威主義のなかで,医師としての
最大の恥部を晒してしまった.

生体解剖事件の判決から2年がたった昭和2510月,
朝鮮戦争が勃発するとマッカーサーは政治的配慮から
この事件の関係者全員を減刑とした.
その結果,絞首刑は減刑され,死刑囚はいなくなった.
さらに講和恩赦がおこなわれ,なし崩し的に釈放が

おこなわれた.鳥巣太郎も絞首刑を免れ,昭和291月に
出所している.鳥巣太郎は平成
2年に85歳で他界するが,
人間としての罪を負い,自責の念から逃れることはなかったと
されている。

この事件は岩山教授を中心とした非人道的犯罪と安易に
解釈することができる.しかし,大学という組織が関与した
この犯罪は,むしろ「人間は状況によってどのような行為を
も行い得る存在」であることを直視すべきであろう.
普段は上品なことを口に出していても,その時代の状況,
組織集団の雰囲気に容易に流されてしまうのが
人間なのかもしれない.現在,現役で働いている医師たちは
この事件を知らないでいる.この事件について
当時の関係者を責める気持ちにはなれない.
むしろこの事件が,生命を扱う多くの医師たちの記憶から薄れ,
この事件が残した教訓が忘れ去られてしまうことを恐れる.

なお生体解剖事件と同様に日本の医学が残した汚点の
ひとつである旧関東軍
731部隊は戦後しばらくはその存在が
表に出ないでいた.石井四郎軍医を中心とした
731部隊は
人体実験で
3000人の生命を奪ったとされている.
アメリカはこの大規模な人体実験をおこなった旧関東軍
731部隊の
実験データと引き換えに関与した軍医たちの戦犯を不問としたが,

731
部隊の犯罪はより責められるべきものである.

生体解剖事件については,遠藤周作が小説「海と毒薬」として
昭和
32年に「文学界」に発表され,翌年4月に文芸春秋新社より
刊行された。ちなみに「海と毒薬」というタイトルは遠藤周作が
見舞客を装って九大病院の屋上にのぼり,そこから海を眺めて
いて思いついたとされている.「海と毒薬」は熊井啓監督により
映画化され,昭和
62年ベルリン映画祭銀熊賞審査員特別賞を
受賞している.この事件の詳細については上坂冬子の著書
「生体解剖」(中央公論社,昭和
54年)が最も詳しくまた
信頼性が高い.上坂冬子はアメリカ国立公文館から
この事件の公判記録を入手して本を書いている.

コメントです
九大生体解剖事件についての
記事です。
より、くわしい方の記事を転載させて
いただきました。



posted by salsaseoul at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57604445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック