home003.gif

2012年07月31日

アラファト議長に毒殺説浮上 謎を解く鍵は遺体の調査

アラファト議長に毒殺説浮上 謎を解く鍵は遺体の調査
(CNN)
2012 7 5
2004年に死去したパレスチナ自治政府の
ヤセル・アラファト議長(当時)の遺品から高濃度の
放射性物質ポロニウム210が見つかったが、専門家からは、
これだけではアラファト議長が「毒殺」されたと結論づける
ことは出来ないとの見方が出ている。謎を解く鍵は、遺族が
求めている遺体を掘り起こしての調査となりそうだ。

スイス・ローザンヌの研究所がアラファト氏の遺品から
放射性物質ポロニウムが検出されたことを明らかに
したことを受け、アラファト氏の妻スーハ・アラファトさんは
4日、遺体を掘り起こして調べるよう求めていると述べた。
パレスチナ自治政府も同日、遺族の承諾が得られれば
掘り起こしには反対しないと表明した。

検査はローザンヌの放射線物理学研究所が今年2月か
ら6月にかけ、スーハさんの依頼を受けて実施し、アラファト氏の
歯ブラシ、衣類、同氏のトレードマークだった白黒模様の
スカーフなどを調べた。その結果、高濃度のポロニウム210を
検出。特に衣類などに付着していた汗や血液などの体液から
検出された濃度が高かった。

ただ、同研究所の研究者は今回の結果について、これだけでは
アラファト氏が毒殺されたと結論付けることはできないと指摘する。

研究者は、アラファト氏の診療記録に記された症状がポロニウム
被曝(ひばく)の症状と一致しない部分もあるといい、
「この謎を解く唯一の方法は遺体を調べることだ」と話している。
スーハさんは「どのような結果であれ、真実を知る手がかりとして
重要だ」と語った。

放射性物質の検査は、最初の検査で一般的な毒物が検出
されなかったことから、遺族の要請で行ったという。衣類などは
8年前に遺族に返還されて以来、スポーツバッグに入れたままに
なっていたとされる。

米国の専門家によれば、ポロニウム210を保有しているのは
米国、イスラエル、ロシアなどごく少数の国のみ。アラファト氏が
毒殺されたと考えた場合、「容疑者」は絞られるといい、
「ポロニウムを使うとすれば、犯行を隠すのではなく公言する
意図があったとしか考えられない」という。

「わざわざポロニウムを使う理由が分からない。密かに誰かを
殺害したいのであれば、もっと好都合な薬物はいくらでもある」と
この専門家は話している。

一方、パレスチナ解放機構の幹部は、アラファト氏の暗殺を
疑う見方は以前からあり、パレスチナ人の大部分は暗殺説を
信じていると指摘、「私も個人的にこの説を信じる。
私は同氏と共にいて事態を目の当たりにしたが、確かに
不自然だった」と語った。

パレスチナ自治政府のアッバス議長はアラファト氏の死に
まつわる真実を解明するため、報告の内容を検証し、
アラブ諸国および各国の専門家の助言を求めるよう
調査委員会に指示した。

パレスチナ自治政府の当時の発表によると、アラファト氏は
血液疾患の治療を受けるためにフランスを訪れたが
同国の軍の病院で死去した。75歳だった。

コメントです
アラファト議長・毒殺疑惑の話題です。
8年も時間を経て、なぜ、今頃…
といった感もありますが、逆に言えば、
イスラエル対パレスチナのにらみ合いが
続くかぎり、両者は事あるごとに何かしらの
理由(いちゃもん)をつけて、扮装を再燃
せるのでしょうね。


posted by salsaseoul at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57359964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック