home003.gif

2011年09月19日

独シーメンスが原子力事業から撤退

独シーメンスが原子力事業から撤退
2011.9.18  MSN 産経ニュース

【ロンドン=木村正人】ドイツ電機大手シーメンスの
レッシャー最高経営責任者(CEO)は18日、
独誌シュピーゲル(電子版)で原子力エネルギー事業から
撤退する考えを明らかにした。東日本大震災による
福島第1原子力発電所事故以降、世界の主要メーカーで
完全撤退を表明したのは同社が初めて。

レッシャー氏は、メルケル独首相が2022年までにドイツ国内の
原発17基すべてを廃止すると決めたのを受け、
「わが社にとってこの章(原子力)は閉じられた。
今後は蒸気タービンなどガス・石炭火力発電でも
利用できる分野だけを継続する」と述べた。

シーメンスはロシア国営原子力企業ロスアトムと共同で
原子力事業を計画していたが、これからも撤退するという。

関連記事です。

ドイツ脱原発の裏に世界制覇の皮算用

ニューズウィーク日本版 7月14日

ドイツ経済が縮む!友好国に衝撃を与えた脱原発を
支えるのは、電力自由化と活力ある自然エネルギー産業だ
千葉香代子(本誌記者)

先週、主要国では初の脱原発法案を閣議決定したドイツ。
2022年までに国内にある17基の原発をすべて停止し、
自然エネルギーや天然ガスによる火力発電で代替する計画だ。
チェコのクラウス大統領は「バカげた政策」と批判し、アメリカの
政治アナリスト、デービッド・フラムは「(独首相の)メルケルは、
欧州で一番重要な経済をどうする気だ」と嘆いた。

衝撃が走るのも無理はない。低コストで安定した電力供給源で
ある原発を廃止すれば、電気料金が急騰するか停電するかで
企業は国外に逃げ出し、経済が縮小してしまう恐れがある。
ドイツ産業連盟(BDI)は4月末、脱原発を推進すればドイツの
電力料金は2018年までに30%も上がると警告していた。

原発停止の第一弾は、福島第一原発と同型の原発で、3月から
停止していた7基を含む8基。ドイツの原発が作る電力の4割を
絶つ計算だ。一見自殺行為にみえるが、ドイツの脱原発政策は
実は長期間のエネルギー安全保障戦略に基づいている。
それが福島原発の事故で前倒しになったにすぎない。
「計画を立てるための数字はすべて推定でしかない」と、
今はベルリン自由大学で環境政策を研究する
ミランダ・シュラーズ教授は言う。
「だが成功すれば世界のモデルになれる」

原子力発電は総発電量の22%を占めるので、その4割が
停止することで直ちに失われる電力は総電力の約9%。
もともとドイツでは電力の輸出超過分があるため、当面この程度の
ロスは何とか賄える。問題は、電力需要が最大になる冬をいかに
乗り切るか。さらに残り9基の原発も順次止めながら、
22年までの電力不足をどう回避するか。

ドイツ政府はつなぎとして天然ガスによる火力発電所に加え、
石炭による火力発電所も少数ながら稼働させる見込みだ。
化石燃料の中では最もクリーンな天然ガスはともかく、
石炭火力まで計画に入れているのは、中小企業や金属、
化学のような電力多消費型産業に低コストの電力を
供給するための手当てではないかと、シュラーズは言う。

実はドイツの脱原発政策は90年から始まっている。
そのカギとなる再生可能エネルギー産業は既に世界一の
規模を誇り、今も発展は続いている。

■電力自由化も追い風に

原動力は、再生可能エネルギーで発電された電力の固定価格全量
買い取りを送電会社に義務付ける「固定価格買い取り制度(FIT)」。
企業や家庭がソーラーパネルを取り付け発電すれば、初期投資を
差し引いても年8〜10%の利益が得られる。

デンマークの風力発電機大手ベスタスのマルテ・マイヤーによれば、
FITは技術革新も促す。送電会社の買い取り価格から同社に
払われる補助金は最初が単位電力当たり5セントだとしても、
それが5年後には2・5セントに減るとあらかじめ決まっている。
「いやでもコスト削減や生産性向上に必死になる」と、マイヤーは言う。

電力の小売り自由化も進んでおり、「再生可能エネルギー100%」が
売りの電力小売会社と、いくら高くてもそれを買う消費者がいる。
こうした追い風を受け、ドイツの環境保護製品シェアは06年に
世界一になった。

「ドイツは明らかに再生エネルギー市場を狙っている」と、
立命館大学の大島堅一教授(環境経済学)は言う。
「原子力産業はほとんど成長していないが、自然エネルギーは
毎年20%以上成長しているからだ」

自然エネルギーの開発には戦略上の利点もある。風力や水力や
太陽光で国内の電力需要のかなりの部分を賄えるようになれば、
国外の原油や天然ガスへの依存度を減らすことができる。

もっとも、脱原発が正しい選択とは限らないと、コンサルティング
会社ブーズ・アンド・カンパニーのエネルギー問題担当
パウル・デュールローは言う。再生可能エネルギーだけで原発の
不足分を賄うのはかなり難しい。「福島の原発よりはるかに
新しく安全になった原発もメニューに加えるほうが理にかなっている」

それでも国民に反原発感情が浸透しつつある日本は、
いやが応でも再生可能エネルギーに向き合わざるを得ない。
ドイツの大胆な政策はかなり参考になるはずだ。

(ニューズウィーク日本版6月22日号掲載)


コメントです。
ドイツの脱原発政策は、一見、時代の潮流を
先読みした感がありますが、その背景には
営業的戦略もあるようです。
しかし、そうなるとお隣の原発大国・フランスは
今後どのような方針をとるのでしょうか。
言うまでもなく、ヨーロッパは複数の国が
隣接しています。
そのような地理条件で各国が足並みのそろわない
方針を立てたところで、いずれは何かしらの摩擦や
弊害が発生する恐れがあります。
いずれにしても、福島原発の事故処理に苦しむ
日本にとっては、いろいろと参考になる話題ですね。


PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48023024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック