home003.gif

2011年08月17日

中国・大連の化学工場閉鎖へ、市民1万人超による抗議デモで

中国・大連の化学工場閉鎖へ、市民1万人超による抗議デモで
ロイター  8月15日(月
jp.reuters.com.jpg
[北京 14日 ロイター] 
中国遼寧省の大連市当局は14日、市内の化学工場を
めぐり、有害物質流出の危険があるとして市民約1万2000人が
移転を求めた抗議運動を受けて、この工場を直ちに停止すると
発表した。
新華社などによると、地方政府ビル前に集まった多くの市民らは、
警備のために居並んだ機動隊とにらみ合い、一部で小規模な
小競り合いは見られたが、負傷者の報告はないという。
また、共産党と地元当局は声明を出し、工場を早期に移転させる
ことについても決定したと明かした。
国営メディアによると、大連市では先週、台風が接近したために
工場近くの防波堤が決壊。
同工場ではポリエステルの原料になる有害物質パラキシレンが
生産されており、付近の住民が避難を余儀なくされた。
その後、防波堤は修復され、有害物質による汚染も
確認されなかったが、流出の可能性はあるとの声が強まり、
インターネットで抗議活動が呼び掛けられた。


関連記事です。
中国デモ、都市に拡大…大連で1万人が当局へ不満表面化
【北京=矢板明夫】中国遼寧省大連市で14日、同市沿海地域に
ある化学工場の移転を求める市民約1万2千人が市政府庁舎前に
集まって抗議デモを行い、一部は警察隊と衝突した。
6月以降、中国各地でデモや暴動が頻発し、社会不安が
表面化している。これまでは農村部での強制土地収用などを
理由とする官民衝突が多かったが、最近は当局の横暴や
市民権利侵害の抗議急増を背景に都市部にも広がりをみせている。
国営新華社通信などによると、大連の工場はポリエステル繊維の
原材料となるパラキシレンを生産。今月8日、台風が接近した際に
工場近くの防波堤が決壊し、有毒物質が流出した恐れが
あったため、一部の住民が避難した。
この騒ぎを受けて、工場による環境破壊に不安を持つ市民らが
インターネットで誘いあって抗議デモを決行。14日午前から
市政府周辺の幹線道路を通行不能な状態にして警察隊と
にらみ合い、一部で衝突も起きた。
同市トップの唐軍・党委書記は「工場を市外に移転する」と
約束したが、これまで情報公開に消極的だった当局へ不信感を
持つ市民らは納得せず、同日夕まで抗議を続けた。
中国で1万人を超えるデモは珍しい。
また、15日付の香港紙、東方日報によると、四川省成都市で
14日夜、相次ぐ停電に市民約5千人が抗議、道路を
ふさいで数キロの渋滞が発生する騒ぎになった。
このほか、広東省広州市郊外で6月、妊娠中の女性露天商への
治安要員の暴力に激怒した出稼ぎ労働者ら約1千人が
警察車両などに放火。貴州省安順市で7月26日、同省畢節市で
8月11日、治安要員の暴行に抗議する市民らが警察と衝突、
住民多数が負傷した。
一連の暴動やデモは、当局に対する市民のうっせきした不満を
背景に、ネットや携帯電話のショートメールを通じて参加の
呼び掛けが広がる特徴がある。北京の民主化活動家は
「党官僚の特権や横暴で都市部の市民の生活は苦しくなっているが、
中央政府は有効な対策を打ち出せないでいる。
デモや暴動はさらに増えるだろう」と語っている。


コメントです

ロンドンでの暴動が小康状態になったと
思ったら、今度は中国・大連で大規模な
デモです。
ところで、去年から今年にかけて、中東でも
民主化を求めて各国でデモが連鎖するように
起きましたが、その情報伝達手段はネットや
携帯電話によるものが多いです。



PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47395935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック