home003.gif

2011年06月11日

<クロアチア>EU加盟へ 13年めど、旧ユーゴ内戦国で初

<クロアチア>EU加盟へ 13年めど、旧ユーゴ内戦国で初

毎日新聞 6月10日(金)19時26分配信

【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU、加盟27カ国)の
内閣にあたる欧州委員会は10日、東欧のクロアチアとの
加盟交渉終了を宣言した。今月23日からの首脳会議で
加盟を決定、加盟を明記した新条約を各国が批准すれば、
クロアチアは13年7月をめどにEU入りし、EUは28カ国
体制になる見通し。旧ユーゴスラビア諸国で内戦を経た国からの
加盟は初めて。加盟が実現すれば07年以来6年ぶり。
EUは再び拡大へとかじを切った。
欧州委のフューレ委員(拡大担当)が10日、
「すべての前提条件が満たされ、加盟国もこの評価を共有する」と
述べた。同委員によると、欧州委が改革状況をチェックしていくという。
クロアチアは05年から交渉を開始、終了は年末以降になると
みられていた。しかしセルビア人武装勢力指導者、
ムラディッチ被告が先月26日に逮捕され、旧ユーゴ諸国加盟の
最大の障害が除かれ終了判断が早まった。
クロアチアのあるバルカン半島は、第一次世界大戦や
旧ユーゴ内戦を引き起こしたことから「火薬庫」とも言われる。
欧州委の宣言には、今回の統合をてこに半島を“無害化”する
狙いがある。EUはセルビアとも早期に加盟交渉を開始し、
旧ユーゴ全体の加盟を実現してバルカン半島の安定を
はかる意向だ。旧ユーゴ諸国では04年にスロベニアが
加盟している。バローゾ欧州委員長は10日の声明で、
今回の交渉終了で「南東欧全体の改革が進み、欧州が
安定に向かう契機になる」と述べた。
ただ、07年加盟のブルガリアやルーマニアは
組織犯罪・汚職対策が不十分でこの分野の改革は
EUの監視下に置かれている。
両国の加盟は「早すぎた」との声があり
、クロアチアの
加盟条約批准でも曲折が予想される。
EUの機構を改革するリスボン条約(09年発効)の批准が
難航、EU懐疑派も各国の議会で伸長した。
共通通貨ユーロの危機も続き、EUの「拡大疲れ」が指摘される。
今回の宣言にはこの流れを変える狙いもある。



コメントです。
ギリシャの例もありますし、
クロアチアに限らず、国家の成長を
あまり強引に推し進めると。あとで
かならずツケがまわってきます。
できれば、品格のある成熟した
成長をめざしてほしいですね。

PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45886408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック