home003.gif

2011年05月18日

「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言

「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
ロイター 5月17日(火)11時20分配信
130562459322e4ea32160c221c18a5bf26a087a732.jpg
[ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として
知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、
天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、
死後の世界があるとの考えを否定した。
16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。
ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に
機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、
「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。
それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。
博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という
進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。
「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという
可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、
死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。
また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し
「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。
1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に
広く知らるようになった博士は、2010年の著書
「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に
神の力は必要ないとの主張を展開し宗教界から批判を浴びている。

関連記事です。

宇宙の創造に神は必要ない=ホーキング博士
[ロンドン 2日 ロイター] 英国の物理学者ス
ティーブン・ホーキング博士(68)は、最新の著作で、
宇宙は神が創造したものではなく、ビッグバンは
物理学的法則の必然的な結果だと論じている。
英タイムズ紙が2日に伝えた。

それによると、ホーキング博士は、米物理学者
レナード・ムロディナウ氏との共同著作
「The Grand Design(原題)」で、重力などの法則が
あるため、宇宙は無から自らを創造できると指摘。
「宇宙を創造させるのに神を呼ぶ必要はない」と付け加えた。

こうしたコメントは、ホーキング博士の宗教に関する
見解が変化した可能性を示唆している。

世界的ベストセラーとなった「ホーキング、宇宙を語る」で
博士は、物理学的法則とは単に、神がビッグバンに介入した
と信じる必要がないことを意味するだけのものとし、
「もし完全な理論を発見できれば、それは人間の理性の
究極の勝利になるだろう。
そのとき、人間は神の心を知ることになるのだ
から」と書いていた。


コメントです。
世間では、なかなか発言しにくいと
されている話題を躊躇せずに発言される方ですね。
ご自身の研究内容をバックグランドにして、
さらにALS発病等、一身上の病歴によって、
それを体験していない者より、より深部まで
思考が行き着くことによっての発言でしょうね。
発言された内容の真偽はともかく、
各分野において「問題提起」のきっかけに
なると思います。


PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45250909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック