home003.gif

2011年04月27日

豪政府が移民法改正の方針、収容施設の暴動受け審査を厳格化

豪政府が移民法改正の方針、
収容施設の暴動受け審査を厳格化

2011年04月26日 21:08   AFPBB
オーストラリアのクリス・ボーウェン(Chris Bowen
移民・市民権相は26日、亡命希望者の収容施設で
暴動が相次いだことを受け、亡命希望者に対する
性格検査の厳格化などを内容とする移民法改正案を
議会に上程する方針を示した。
改正案では、収容施設にいる間に違法行為を犯した
亡命希望者は、入国査証(ビザ)取得の際に求められる
性格検査で自動的に不合格になるという。
3月、豪州本土から2600キロ離れたインド洋上の
クリスマス島(Christmas Island)にある入国者収容所で
暴動が発生したのに続き、前週にはシドニー(Sydney
西部にあるビラウッド入国者収容所(Villawood Detention Centre
でも被収容者約100人が、施設の建物9棟に放火するなどした。
警察は数十人を事情聴取したが、これまでに何らかの罪に
問われた人はいない。
ボーウェン移民相はこうした状況の下、改正移民法の性格検査に
関わる規定は遡及的に適用する方針を示した。
つまり最近の暴動に関与した亡命希望者が違法行為を
行ったとみなされると、強制送還されたり、権利が制限された
短期ビザしか取得できなくなったりする可能性がある。
ボーウェン移民相は「改正移民法が成立しても、帰国すれば
危険にさらされるような真の難民を強制送還するようなことはしない。
豪州が国際的な責任を放棄することはない」と強調した。
改正案の規定では、本国へ送還されれば身の危険があると
思われる亡命希望者でも短期ビザしか取得できず、しかも
本国の状況が改善したとみなされればその短期ビザも
取り消される可能性がある。現行法では、亡命申請を却下
できるのは、亡命希望者が禁錮1年以上の有罪判決を受けた
ことがある場合か顕著な犯罪歴を持つ場合に限られている。
難民支援団体や緑の党(Australian Greens)は政府の
動きについて、亡命希望者が未成年であっても、太平洋上の
島々にあった鉄条網のフェンスで囲われた収容所に長期間に
わたって収容していた時代に戻るものだと批判している。(c)AFP


関連記事です。

入国者収容所で亡命希望者100人が暴動

【4月21日 AFP】オーストラリア・シドニー(Sydney
西部にあるビラウッド入国者収容所
Villawood Detention Centre)で20日夜、
収容されていた亡命希望者およそ100人が
暴動を起こし、建物9棟に放火した。
一部は21日も屋根の上で抗議を続けているという。
暴動は、2人の被収容者が屋根に上って抗議を始めた
ことが発端。ビザの発行を拒否している移民局に
腹を立てての抗議とみられる。

暴動に加わった被収容者らは、消火活動にあたった
消防隊員らに屋根のタイルや施設の備品を投げつけるなどし、
消防隊を警護するために一時、機動隊も出動した。
コンピューター室、台所、医療施設、選択室などが延焼した。

■増加する亡命希望者、暴動も頻発

オーストラリアでは、亡命希望者は手続きが完了するまで
強制的に収容所に拘束する方針を取っている。
多くは豪州本土から2600キロ離れたインド洋上の
クリスマス島(
Christmas Island)に収容される。
しかし、船で漂着する亡命希望者は年々増えており、
2010年にはアフガニスタンやスリランカなどから
6500人に上った。こうしたなか、本土にある収容所を
使用するケースも増えている。今回暴動のあった
ビラウッド入国者収容所は400人の収容力がある。

同収容所では前年9月にも、強制送還が決まったフィジー
からの亡命希望者が他の収容者たちの目の前で屋上から
飛び降り自殺し、抗議行動が起きた。
この時は、被収容者たちが屋根の上に29時間、とどまり続けた。
クリスマス島の収容所でも今年3月に暴動が続き、
250人の被収容者たちが居住用テントに火をつけたり
警察に手製爆弾を投げつけるなどして、警官隊が催涙ガスで
鎮圧に当たる事態に発展している。(c)AFP



コメントです。
ひさしぶりに豪州の話題をピックアップしました。

PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オセアニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44557994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック