home003.gif

2011年01月19日

チュニジア 「ジャスミン革命」道半ば

チュニジア 「ジャスミン革命」道半ば

一人の若者の焼身自殺が23年続いた独裁政権の崩壊に
つながった、北アフリカ・チュニジアの未曽有の政変は、
国花から「ジャスミン革命」と呼ばれ始めた。
しかし、かれんな呼び名とは裏腹に、ベンアリ前大統領の
警護隊残党と国軍との銃撃戦が首都チュニスや観光地
カルタゴで続き、前大統領派の排除を求める国民は、17日
発足の新政権を「旧政権の継承」と反発する。
18日には治安部隊が抗議デモの参加者に暴行する場面も
見られ、治安も政情も「革命」と呼ぶにはほど遠い状況にある。
【カルタゴ(チュニジア北部)で和田浩明】

◇前大統領派と戦闘続く

チュニスから車で約30分。古代ローマに滅ぼされた
都市国家遺跡を擁し、政変前は観光客でにぎわっていた
カルタゴに17日入ると、銃撃音が散発的に響きわたる戦場だった。
大統領宮殿に至る道は国軍戦車が封鎖していた。
道路脇には、焼き打ちされた乗用車があちこちで
ひっくり返っていた。市内中心部のベンアリ氏の巨大看板は、
顔の部分が破り取られていた。
国軍とベンアリ前大統領の警護隊の残党との銃撃戦は、
16日夜から始まった。大学生のオマルさん(20)によると、
一部住居の屋根から前大統領派の狙撃手が発砲を
続けている。「ヘリコプターから狙撃手を狙い撃ちしやすいよう、
部屋の明かりを消して」と国軍から要請された。
住民が集まるカフェで取材中、「パン、パン」と乾いた銃声が
聞こえた。上空には軍のヘリコプターが旋回。戦闘が続いた
約1時間、「ドン」という腹に響く砲声が建物を震わせた。
宮殿や周辺に前大統領警護隊が潜伏しているためだ。
政変前に約3000人いたとみられる前大統領警護隊は今も
武装したまま。前大統領が孤児らを引き取って育てたとされ、
忠誠心が厚い。
武力抵抗を続ける可能性が高く、治安回復の道は多難だ。
17日に発表された新内閣メンバーは、メバザア暫定大統領が
「挙国一致内閣」を約束した。だが、ガンヌーシ首相ら
主要閣僚が残留し、野党から閣僚入りした3人が18日に
抗議の辞任を表明。新政権は旧政権と似た顔ぶれとなり、
全国で市民数千人が抗議デモを実施。チュニスでは鎮圧を
図った治安部隊が、デモ参加者に暴行したり催涙弾を発射した。
カルタゴのカフェにいた医師、スガイヤさん(44)が「ベンアリ
関係者が政府に残ることは受け入れられない」と語ると、
周りの人々もうなずいた。憲法が定める60日以内の
大統領選実施も実現は不透明で、国民の新政権への
失望感が新たな怒りに変わりつつある。
一方、長期専制や富の偏在などチュニジアと状況が
似ているアラブ諸国は、政変の飛び火を警戒している。
エジプトやアルジェリアでは政府に抗議する焼身自殺未遂が
相次いだ。隣国リビアの最高指導者、カダフィ大佐は
「ベンアリ氏は14年の大統領選不出馬を約束していた。
なぜ(国民は)待てなかったのか」と不快感を表明。
エジプトのアブルゲイト外相は「波及はない」と断言してみせた。
しかし、アラブ連盟のムーサ事務局長は17日、
「アラブ社会には(今回の政変と)共通する要因がある」と語った。


PR]After  glow Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42721412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック