home003.gif

2010年07月06日

処理下水、豪へ輸出実験 千葉・川崎から水不足の鉱山へ

処理下水、豪へ輸出実験 千葉・川崎から水不足の鉱山へ
2010年7月6日3時1分

TKY201007050489.jpg


千葉市、川崎市の下水を高度処理してオーストラリアに輸出する
実験が今秋にも始まる。下水はほとんどが処理後、川や海に
捨てられていた。これを豪州からの鉄鉱石を運び終えた空の
大型船に積み込み、雨が少なく水不足に悩む豪州の鉱業会社に
供給する。成功すれば日本の「水資源」を輸出する初の事例になる。

5日、国土交通省などが始める実験に、ウェスタンオーストラリア
州政府が協力することで合意した。売却候補地は、リオ・ティントなど
世界的な鉱業会社が進出している豪州西部の鉄鉱石産地だ。

鉱業会社は、鉄鉱石を洗ったり、粉じんが舞い上がらないように
したりするために大量の水を使うが、豪州は全土が水不足。
国交省によると、鉱業会社がいま使っているのは、海水を
飲料水レベルまで淡水化した水で、1トン当たり4〜5豪ドル
(300〜400円)もするという。

今回の試みは、豪州のような水需要国と、水余りの日本を
ビジネスベースで結ぼうとの発想で始まった。

日本国内で出る下水は処理済みベースで年間約140億トン。
その約2割は公園の水遊び場でも使えるレベルまで高度に
処理しているが、下水の再利用率は2007年度で1.5%に
過ぎず、ほとんどが海や川に捨てられている。

日立プラントテクノロジーなどの企業が参加し、東京湾で水を
船に積み込み、豪州に運ぶ。ただ、水を「荷物」として輸出すると、
輸送コストが高く、ビジネスとしては成り立たない。そこで、
鉄鉱石を豪州から運んできた船の帰り便を活用することにした。

日本で鉄鉱石を降ろした空船は通常、船体を安定させるため、
「バラスト水」と呼ばれる海水を船内のタンクに入れて帰る。
その海水の代わりに下水処理水を注入する。

実験は、まずドラム缶で水を豪州に運び、輸送後の水質の変化を
調べる。水質が大きく変わってしまうと、現地で追加の水処理が
必要になるためだ。さらに、現地で港から鉱山に水を運ぶ方法や
コストも調べるほか、改造した船に処理水を注入して運ぶ実験を
行い、早ければ12年度の事業化を目指すという。飲料水や
農業用水には転用しない。

「水資源」ビジネスが注目される背景に、世界的な「水の偏在」が
ある。豪州の国土の8割は年間降水量が600ミリ未満と、東京の

3分の1以下。地球温暖化の影響もあって渇水は各地で深刻化
しているとされる。中東なども水不足が常態化しており、
経済産業省は、水ビジネスの市場規模は15年後に現在の
2.4倍に拡大すると試算している。

今回の実験で課題が克服されれば、日本が「資源輸出国」に
なる可能性がある。(鳴澤大)



コメントです。
ご存知のとおり、現在の日本は製造業として、
「安価・高品質」で世界中を闊歩できた時代は終わった。
今後は高品質、高付加価値の製品を開発していく
しかないところまで追い詰められています。

ところで、今日のニュ―スですが、今後、日本は環境問題に
関連する産業で収益をあげていくぐらいにしか、明るい未来を
見出せないと思いますので、ぜひ、実用化に向けてがんばって
ほしいものですね
昨日の「サバ」の記事も、ちょっと情けない気分になりましたし。



PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・政治 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39487693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック