home003.gif

2010年07月05日

サバ養殖、エサは天然サバ幼魚 そして不漁、矛盾の連鎖

サバ養殖、エサは天然サバ幼魚 そして不漁、矛盾の連鎖

TKY201007050395.jpgTKY201007050396.jpg
トラックに水揚げされるサバ幼魚。
イワシの水揚げに交じっていた=6月1日、千葉県銚子市

大衆魚のはずのサバの養殖が、各地で始まっている。
天然が不漁続きで、経費のかさむ養殖でもペイするほど
魚価が上がってきたからだ。だが、エサには天然サバの
幼魚が使われている。経営難の漁業者がサバ幼魚を大量に
エサ用に水揚げしているためだ。資源回復の失敗のツケが、
矛盾の漁業を生んでいる。

サバ養殖は十数年前に始まった。全国海水養魚協会によると、
出荷はまだ年に数百トン程度と全需要の1%にも満たないが、
九州や四国を中心に広がっている。天然の漁獲が減少、
2009年はピークの29%の47万トンまでに落ちたことが

背景にある。養殖魚は単価の高い刺し身用としての需要の
ほか、大分県の業者は「不漁で天然ものの価格が上がったため、

養殖が成り立つようになった」と話す。
この養殖サバのエサに天然サバの幼魚が使われている。

天然サバは冬から春に生まれ、2〜3歳で成熟して繁殖を始める。
だが小さくて食用に向かない0〜1歳の幼魚が大量にとれるため、

海水魚養殖の重要なエサとしても、よく売れる。水産庁の
主要漁港調査で、08年にエサ用に出荷された魚の半分以上が
サバだった。0歳魚換算で10億匹前後に相当する量だ。

長引く不漁で経営苦の漁業者は、幼魚にも手を出さざるを
得ないという。
茨城県巻き網漁業協同組合長の鈴木徳穂さん(62)は
「私の負債は数億円で、同様の人は多い。幼魚なしに経営は
成立しない」と話す。

サバ幼魚は輸出も盛んだ。昨年は中国やアフリカの食用や
エサ用として年間8万トンも輸出された。一方、日本は幼魚を

狙わない北欧などから昨年、5万トンの成魚を数倍の単価で
輸入している。

天然サバが復活しないのは90年代に2回、かつて漁獲の
大半を占めた太平洋のマサバが大繁殖したのに、成魚に
育つ前に取りすぎたためとされる。水産総合研究センターの
牧野光琢研究員は「適切な漁獲削減策を講じていれば、
今はピークの70年代並みの豊漁という計算になる」と言う。

水産庁の水産政策審議会委員を務める石巻魚市場(宮城県)の
須能邦雄社長は危機感を募らせる。「国の出資で思い切った
休漁や減船を進めるべきだ。漁業者への休漁補償も始まったが、
中途半端で効果は少ない」(長野剛)



関連記事です。
日本のサバ漁業は、価格破壊ではなく、価値破壊


魚の消費形態にもいろいろなグレードがある。
  1. 寿司屋、料亭などの高級食材
  2. スーパーや魚屋の一般鮮魚
  3. スーパーの特売用の鮮魚
  4. 缶詰、削り節などの加工品
  5. 養殖のえさ・中国アフリカ輸出

グレードが上の方ほど、値段が高いが、必要な量は少ない。
数年前に、80年代に安い大衆魚であったマイワシが資源減少
とともに高騰し、1尾1000円になったという報道がでた。
マイワシの漁獲減によって、寿司屋や料亭で魚の奪い合いに
なった結果、こんな値段になったのであり、この値段でスーパーに
並んでも誰も買わないだろう。また、寿司屋や料亭にしても
個の値段では客に提供しない。寿司屋では、ネタの欠品は
客足が減る原因になるので、採算割れを覚悟で、不足しそうな
ネタを仕入れるのである。

魚が水揚げされると、上の方のグレードから埋まっていく。
高級鮮魚市場が満たされると、次に魚は一般鮮魚市場へと
向かう。大中捲きが、調子に乗って千トンも水揚げをすると、
鮮魚市場もいっぱいになり、鮮魚相場はガタガタになる。
鮮魚市場からあぶれた魚が冷凍・加工に向かうことになる。
このときに、冷凍設備や加工場がない港の余った魚は文字通り
生ゴミになる。                 続きを読む⇒




コメントです。
今日の記事は、誰が読んでも最初の印象は
「おかしい・矛盾」しているに尽きます。
しかし、自然相手の産業ですから、どこかで
操業のサイクルが崩れる事もあるし、
また、消費者の嗜好の変化などで、
操業にひずみが出ることもあると思います。
ですが、このままではますます悪循環に
陥るでしょうから、どこかでこの「負のスパイラル」を
断ち切る努力をして欲しいものですね。




PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサ ソウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39471162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック