home003.gif

2010年03月13日

韓国の死刑合憲決定、欧州議会「非常に失望」

韓国の死刑合憲決定、欧州議会「非常に失望」

3月12日12時5分配信 聯合ニュース

【ブリュッセル11日聯合ニュース】死刑制度を合憲とした
韓国憲法裁判所の決定に対し、欧州連合(EU)欧州議会が
失望感を表明した。
憲法裁判所は先月末、13年ぶりに死刑制度の違憲審査を行い、
合憲5人、違憲4人で制度を合憲と結論付けた。
これを受け、欧州議会は11日に仏ストラスブールで開かれた
会議で、韓国の死刑制度合憲決定を批判する決議を採択。
1996年に出された合憲7、違憲2の合憲判決よりは差が
縮まったものの、韓国憲法裁判所が死刑制度を再び
認めたことに「非常に失望した」と批判した。
また、現代の刑法体系に適しておらず、犯罪率低下にも
つながらない死刑制度に反対する立場を重ねて表明するとし、
国会が死刑制度を廃止する法律を承認するまで、すべての
死刑執行を中断するよう韓国政府に勧告した。
欧州議会は一方で、韓国では1998年以来死刑が執行されて
いないため、実質的な死刑制廃止国だとし、こうした側面から
韓国人権の保護および伸長を高く評価した。

関連記事です。
<台湾>法相が辞任 死刑廃止論議で
3月12日20時24分配信 毎日新聞
 
【台北・大谷麻由美】台湾の王清峰・法務部長(法相)は
11日夜、死刑廃止を巡る馬英九政権との意見の対立で
辞任した。人権派弁護士で、死刑廃止論者として有名な
王部長は、馬政権が発足した08年5月から法務部長を
務めてきた。台湾では死刑廃止の反対意見が根強く、弱体化
している馬政権は世論にあらがうことができなかったようだ。
台湾では陳水扁前政権時代の05年12月以来、死刑は執行
されていない。王部長に対しても法務部内から今月8日、
「死刑判決が確定したら執行すべきだ」と批判が上がった。
王部長は9日、「理性と寛容−死刑執行の一時停止」と
題する文章を発表。その後も「死刑を執行せずに辞任する
のも構わない。死刑囚に代わって死刑を執行されても良い」
とまで言い切った。
台湾各紙の世論調査では「死刑廃止に反対」が74%(聯合報)、
「死刑を執行しないなら法務部長を辞任すべきだ」が82.8%
(りんご日報)を占める。総統府も11日夕、「法に基づいた
行政が必須だ。将来的には法改正で死刑を減らしていく」と
王部長を非難する見解を示した。
王部長は11日午前には「死刑廃止を訴えて辞任したら、台湾は
世界の笑い物になる」と話していた。しかし同日夜、辞意を伝え、
即座に了承された。
今週1週間で、馬政権の閣僚は王部長のほか、健康保険料の
引き上げを巡って政権と意見が対立する楊志良・衛生署長
(衛生相)の2人が辞意を表明する異常事態となっている。


コメントです。
今回の発表をひとまとめに吟味すると、
いつも何かと揉め事や言い争いが絶えない
日本、韓国、中国、台湾、この4つの国は、
けして仲がいいとは言えないのにもかかわらず、
基本的に「死刑肯定国」です。

つまり、欧州が眉をひそめて不快感を表す
「死刑実施の有無」、これは、東アジアに関していえば、
根本的には肯定思考であり、もちろん執行実績も
あります。
これらは、欧州と比べて、おそらく宗教的な
感性の違いからくるものでしょう。







PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・北朝鮮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36284715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック