home003.gif

2010年02月25日

NEWS25時:中国 朝日の「圧力」報道否定

NEWS25時:中国 朝日の「圧力」報道否定

中国外務省の秦剛副報道局長は23日の定例会見で、
「中国共産党が北朝鮮側に対し、
『改革開放の推進、世襲反対、核放棄』を要請していた」と
朝日新聞が23日付朝刊で報じたことについて「まったく事実ではない」と
否定した。秦副局長は「中国は内政不干渉の原則を遂行している」と
説明。昨年6月に金正日総書記の三男正銀(ジョンウン)氏が
極秘訪中したことも「本当にない」と重ねて否定した。【北京】


関連記事です

世襲反対・核放棄…核実験後、中国が北朝鮮に圧力

【北京=峯村健司】北朝鮮が昨年5月に核実験を強行した直後、
中国共産党が北朝鮮側に対し「改革開放の推進、世襲反対、核放棄」を
要請していたことがわかった。複数の共産党関係者が明らかにした。
友好関係にある北朝鮮に対し、内政干渉につながる要求を
するのは異例で、北朝鮮の核保有や、悪化する経済への
中国側の強い危機感を示したものとみられる。

北朝鮮は昨年6月に金正日(キム・ジョンイル)総書記の
三男ジョンウン氏を極秘訪中させ、北朝鮮の核問題をめぐる
6者協議への復帰を示唆し、外資誘致に積極姿勢をみせるなど、
態度を軟化させていった。これらの動きのきっかけが、
最大の貿易相手国、援助国である中国の圧力だった可能性がある。

北朝鮮関係者によると、北朝鮮は5月上旬、ジョンウン氏を
後継者に指名したことを説明するため、金総書記の義弟、
張成沢(チャン・ソンテク)・国防委員を中国に派遣した。
核実験後の5月末、事情説明のため再度訪中したが、
このとき応じたのは共産党対外連絡部の王家瑞部長だけで、
張氏に対し3項目の要請を伝えた。

北京の外交筋によると、中国側は政府高官や代表団の
派遣を取りやめ、企業や大学が受け入れていた北朝鮮の
研究者や職員の一部を退去させた。中国メディアには
「これ以上危険な火遊びをするな」(人民日報系の環球時報)などと
批判的な記事が出てきた。北京の北朝鮮関係者は
「これまでにない中国側の強い反発だった」と明かす。

北朝鮮は、中国の理解を求めるためジョンウン氏を訪中
させることを決定。6月10日に張氏を中心とした軍訪問団に
同行させた。共産党関係者は「ジョンウン氏自身が
訪中することで、世襲に反対する中国側に後継者として
認知してもらい、核実験にも理解を求めたかったのだろう」とみる。
その後、高官の往来が復活する。中国側は戴秉国
(タイ・ピンクオ)・国務委員や温家宝(ウェン・チアパオ)
首相らが相次いで訪朝して金総書記と会談。戴氏の
訪朝の際は、中国から北朝鮮への石油パイプラインを
止めて圧力をかけた結果、「6者協議を含む多国間協議を
行う用意がある」との言葉を引き出した。

改革開放政策に対する北朝鮮の姿勢にも、否定的だった

従来と比べ変化がみられるようになった。昨年12月、

経済特区がある中ロ国境に近い羅先市を視察した金総書記が
対外貿易の積極拡大を指示。今年1月20日には
外資誘致のため
国家開発銀行の設立を発表した。
中国が要請している金総書記の訪中が実現した場合、
核放棄や改革開放政策にどう言及するかが注目される

 


コメントです。
今回の朝日新聞の報道、及び毎日新聞の
否定報道、もちろん真実は明らかになっていませんが
それでも複数メディアのレスポンスの良さから推測される
ことは、両国が水面下で激しいけん制外交を行なっている、
といったところでしょうか。




PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35558199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック