home003.gif

2010年01月31日

【ハイチ大地震】英7歳、義援金2千万円超集める

【ハイチ大地震】英7歳、義援金2千万円超集める


erp1001271300002-n1.jpg

ロンドンの小学生チャーリー・シンプソン君(7)が
ハイチ大地震に心を痛め、「食べ物や水、テントを
買えるように」とインターネットで義援金を募ったところ、
26日までの2日余りで約14万8千ポンド(約2140万円)も集まった。

当初の目標額は500ポンド。両親の助けを借りてウェブサイトを
開き、宣伝のため、送り先の国連児童基金ユニセフ)の
Tシャツ姿で近所の公園を自転車で回ると瞬く間に寄付が
集まった。メディアがこの“快挙”を取り上げると、さらに殺到した。

人気タレントは「チャーリーは素晴らしい。彼に学ぼう」と
寄付を約束。両親も「何とお礼を言ったらいいのか。
こんなに反応があるとは夢にも思わなかった」と驚いている。(共同)



関連記事です。
FBI、ハイチ大地震義援金詐欺に警戒呼びかけ


(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は13日、大地震で壊滅的被害を
受けたカリブ海のハイチ向け義援金募集を装った詐欺が
インターネットで横行する可能性があるとして、警戒を呼びかけた。

FBIによると、2005年8月末に大型ハリケーン「カトリーナ」が
米南東部を直撃した際、1カ月後に義援金募集のウェブサイトが
4600件開設されたが、大半は不審なものだった。
またネット犯罪などを調査している「スキャムバスターズ」によると、
01年9月11日の同時多発テロでも、事件から1時間以内に
複数の詐欺サイトが立ち上げられた。

ネット募金詐欺では金銭ばかりではなく、電子メールアドレスや
電話番号などの個人情報が盗まれ、悪用される恐れがある。
FBIやスキャムバスターズなどは、被害者にならないために
(1)電子メールやソーシャルネットワーキングサービスを通じた
義援金募集を疑ってかかる。送信されてきたリンクやファイルを
クリックしない
(2)義援金募集団体の名前と電話番号、住所を確認する
(3)個人情報や金融情報を明らかにしない
(4)知名度の高い団体と紛らわしい名前に騙されない
(5)義援金募集団体が慈善団体組織に登録しているか調べる
(6)義援金が必要としている人々に実際に届いているか確認する
(7)現金やクレジットカードではなく、小切手で団体に募金する
(8)更に募金を求められた場合は警戒する
                    ──などの対策を勧めている。



コメントです。
今回は【ハイチ大地震】、義援金に関する
正と負の話題を取り上げてみました。
ところで、現在、ハイチ情勢で一番関心が
集まっている問題は
「孤児になった子供の誘拐、及び人身売買」だと
思われますが、
支援を表明している世界各国は、
支援の先を金銭・物資と合わせて、上記・卑劣な
犯罪行為の防止等にも目を向けてほしいですね。






PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35038194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック