home003.gif

2009年12月24日

医療保険法案、米上院が可決…国民皆保険へ一歩

医療保険法案、米上院が可決…国民皆保険へ一歩

12月24日21時34分配信 読売新聞

 
【ワシントン=黒瀬悦成、本間圭一】
米上院(定数100)本会議は24日、オバマ大統領が内政上の
最重要懸案に掲げる医療保険制度改革法案の採決を行い、
民主党の賛成多数で可決した。
第2次大戦後の歴代民主党政権が悲願としてきた同改革の
実現に向け、歴史的前進を果たした。
ただ、法案成立には、下院が可決済みの法案と一本化した上で
再可決することが必要で、曲折も予想される。
票数は賛成60、反対39だった。民主党(同党系無所属2人を含む)
議員全員が賛成票を投じ、共和党は欠席した1人を除き全員が
反対した。採決後、オバマ大統領はホワイトハウスで記者団に
対し、法案の上院通過を「画期的出来事」とし、「国民に安全と
安定を提供する、真の改革が実現しようとしている」と述べた。
民主党のハリー・リード上院院内総務は、「これは、米国民に
とっての勝利だ」と述べた。
上院法案の最大の特徴は、オバマ大統領が唱えていた、
公的保険制度の導入を見送ったことだ。代わりに、連邦政府が
民間保険会社と提携し、無保険者に安価な保険を提供する。
現在約4600万人の無保険者のうち、今後10年間で3100万人が
新たに加入。加入率は83%から94%に上昇し、事実上の
国民皆保険が実現するとしている。今後10年間で8710億ドル
(約79兆4439億円)の支出が必要となる見込みだ。
最終更新:12月24日23時20分


関連記事です。
4600万人が「無保険」というアメリカの悲惨

フォーサイト」7月号にリンダ・フェルドマンという
女性ジャーナリスト(米クリスチャン・サイエンス・モニター紙
政治記者)が、アメリカの健康保険制度改革について
寄稿していた。あちらの健康保険制度が問題だらけというのは、
よく耳にすること。だが、ほとんどの日本人は、ヨソの国の
実態など、あまり知らないと思う。   続きを読む⇒



コメントです。
日本でも、首相や政党が変わるたびに、健康保険の
見直し等の政策が検討されます。
例えば、最近では「介護保険」「後期高齢者」「診療報酬」などが
ありましたが、これらを含む日本の保険制度は根本的に
問題点もあり、今後も検討見直しの必要があると思います。
ですが、それでも、日本は国民皆保険を達成した国家です。
その事実と、今回の米国を始め諸外国の現状と見比べて、
国際社会で地味な存在感ではありますが、現状の日本国家に
もっと誇りを持ちたいと思いました。



PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所

posted by salsaseoul at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34374444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック