home003.gif

2009年11月05日

未処理の雨水、飲んでも衛生面で問題なし=豪調査

未処理の雨水、飲んでも衛生面で問題なし=豪調査
2009年 11月 4日 16:48 JST
 
[シドニー 4日 ロイター] 豪モナシュ大学の研究チームが
行なった調査によると、未処理の雨水を飲むことに衛生面で
大きな問題がないことが分かった。
研究チームは、タンクに貯めた
雨水を主要な飲料水として使っている300世帯を対象に調査を実施。
すべての家庭に卓上型の浄水機を設置し、雨水か ら胃腸炎の原因と
なる微生物を除去すると説明したが、実際には半分の浄水機に
フィルターを入れず、フィルターの有無による体への影響を比較した。

調査参加世帯が1年にわたって残した健康に関する記録を
調べたところ、腹痛の件数に関しては、フィルターの有無で差はなく、
水道水を飲んでいる場合と比べても同程度だったという。

モナシュ大疫学部のカリン・レダー氏は「今回の調査で
(雨水を飲むことによる)病気のリスクが低いことが確認できた」とし、
多くの家庭に雨水の利用を広げていきたいと語った。

ただ、調査に参加した家庭は雨水を飲むことに慣れており、
潜在的な感染に対する生体防御機能をすでに持っている
可能性はあるとしている。

関連記事です。

豪でペットボトル飲まず水道水を 今日から販売禁止

http://img.47news.jp/PN/200909/PN2009092601000329.-.-.CI0003.jpg
26日、オーストラリア・シドニー南西のバンダヌーンの小学校で、
新設された給水機から水をくむ子ども(共同)          
2009/09/26 11:36 


【バンダヌーン(オーストラリア東部)共同】
ペットボトルをやめて水道水を飲もう―。オーストラリア・シドニー
南西の人口2千人の町バンダヌーンで26日、ペットボトル入り
飲料水の販売禁止が始まり、記念行事が行われた。

生産や輸送に石油を大量に使いこみ問題も生じるペットボトルを
減らそうと、7月の住民集会で決定。自治体として世界でも珍しい
試みが動きだした。

26日、町内のスーパーの棚からボトル飲料水が消え、代わりに
給水器数台が通りや小学校に設置された。ポリカーボネート製など、
水を持ち歩くための再利用可能な容器の販売も始まった。

町内の公会堂前では、町民らがペットボトル「追放」を祝う記念の
歌を合唱。小学生が給水器のテープカットを行い最初の水を容器に

満たした。同町のウェブサイトによると、オーストラリアではペットボトル
飲料水に年間5億豪ドル(約390億円)を消費。その生産や流通に
伴い排出される温室効果ガスは約6万トンとの試算もある。

町外からのペットボトル飲料水の持ち込みは禁止対象ではないが、
水道水を飲むよう勧めるという。



コメントです。

日本でペットボトル入りの水やお茶が売り出されて
もう30年近くなるでしょうか。
それ以前の時代を知る方々は、発売当初、コカコーラ等の
清涼飲料水以外に
、水やお茶にお金を払って買うことに
ものすごく違和感を覚えたそうです。
そして年月がたち、現在は水道水をなんらかの処理なしで
口にすることをためらうのが「あたりまえ」となってしまいました。

ところで、深刻な景気悪化もしばらくは継続しそうですし、
日本も、今回のオーストラリアに記事に鼓舞されて、
外出時の飲料水を持参することが「おしゃれ」だという感性が
流行すればいいですね。




PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所
posted by salsaseoul at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オセアニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33437214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック