home003.gif

2009年10月17日

ケニアの深刻な干ばつで野生動物が犠牲に、密猟も増加

ケニアの深刻な干ばつで野生動物が犠牲に、密猟も増加

10月16日18時29分配信 ロイター


ケニアの深刻な干ばつで野生動物が犠牲に、密猟も増加
10月15日、深刻な干ばつに見舞われているケニアで、野生動物が危機的な状況に
置かれている。写真は9日、銃を手に持つケニア野生生物公社のレンジャー
(2009年 ロイター/Thomas
Mukoya)

[ツアボ国立公園(ケニア) 15日 ロイター] 深刻な干ばつに
見舞われているケニアで、ゾウや水牛、カバなどの野生動物が
危機的な状況に置かれ、観光業への影響も懸念されている。
 ヌーの大移動が見られることで知られるマサイマラを流れる川はほとんど干上がり、ツアボ国立公園では、飢えと水分不足で死んだ4頭のゾウが横たわっている。
  

 ケニア野生生物公社(KWS)で同国立公園の観光を担当するポール・ムヤ氏は、ロイターの取材で「多くのゾウが水不足で体調を崩しており、鼻の長さが足らず高い木の上の食べ物には届かない若いゾウは特に被害を受けている」と話した。
 ケニア当局は15日、タンザニアとの国境沿いに位置するマサイマラ国立保護区で、密猟の容疑者2人を逮捕し65キロの象牙を押収したと発表した。監視員によると、干ばつの影響で野生動物が人間の居住地域に近づいているため、過去4カ月に密猟が増えているという。
 KWSは、ツアボ国立公園の動物たちが水を求めて長時間さまよわなくて済むよう、水の提供を始めている。

関連記事です。

ケニアでゾウの密猟が新たに激増

中国人労働者の流入とアジアでの需要により、ゾウの密猟が急増
 2009年5月3日 ナイロビ  GlobalPost Tristan McConnell記
翻訳協力:佐藤良子  校正協力:津田和泉
密猟されたゾウから切り取られた象牙を、中国人労働者が不法取引によって購入している。このためケニアで最も有名な野生生物保護区で、ゾウの生息数が激減する恐れがあると報告されている。
おもにアジアからの需要による市場に対して、年間に何千というアフリカゾウが殺されている。昨年9年ぶりに合法的な象牙取引が行われ、独占的に競売に参加した中国と日本のバイヤーが落札を争った。数億円に及ぶ取引の中で100トンを超える象牙が売却された。
このような象牙競売の復活、またアフリカにおける中国人労働者の増加を受け、近年になってようやく密猟による乱獲から回復してきたゾウへの影響が再び危惧されている。
Amboseli地域でゾウの保護活動を行っている非営利団体、Amboseli Trust for Elephantsは、「過去1年、とりわけこの4カ月間でAmboseli(アンボセリ)国立公園に生息するゾウの状態は危機的な局面を迎えています」 と警告した。同団体を運営するベテラン自然保護活動家、Cynthia Moss博士は、37年間にわたり約388.5平方キロメートル(150平方マイル)に広がる同国立公園で保護活動を続けている。
Kenya Wildlife Service(ケニア野生生物公社)の生物多様性・調査部のPatrick Omondi氏によると、ケニアは2008年、密猟のために98頭のゾウを失い、その数は2007年に比べ2倍に増加したという。けれども、同氏はアンボ セリ国立公園のニュースをとりわけ憂慮しており、「アンボセリ国立公園で密猟が起こったのは、ここ10年間で初めてのことです」と話した。
この程起こったケニア人とタンザニア人の逮捕が、この問題の深刻さを事のほか物語っている。Marchで逮捕された2人は、およそ35−40頭のゾ ウから取られた約513キログラム(1,129ポンド)の象牙を所持していたとされ、3月に始まった裁判で罪状を認めた。この度の押収は、長年、東アフリ カで起こった事件の中でも最大のものである。
アンボセリ近辺のTsavo(ツァボ)国立公園で、6週間に5頭のゾウが殺戮された事件を受け、IFAW(国際動物福祉基金)もまた、ゾウの密猟増加を警告する声明を発表した。
「昨年の終わりに、南アフリカ諸国が一回限りの合法的な象牙取引を行って以来、ゾウの密猟がかつてない規模で増加しています」とツァボ国立公園次長のJonathan Kirui氏は話した。
Omondi氏によると、ケニア野生生物公社は、ゾウの密漁が急増しているのは、同国における中国人の増加に関連していると見ている。中国は、ケニアにお けるインフラ建設への投資の見返りとして鉱山開発権を取得しており、道路・鉄道・ダム建設のために、中国人労働者が大量にケニアに流入している。
「ケニア全域の中には、中国人の野外キャンプが2つあります。情報提供者の話によると中国人が象牙とブッシュ・ミートを買い付けているというのです。」と、アンボセリ・トラスト・フォー・エレファンツは報告している。
1989年、象牙取引は国際的に禁止されたが、それ以前の10年間で、アフリカにおけるゾウの個体数は130万頭から60万頭に激減した。ケニアが象牙取 引により被った影響はより深刻で、禁止令が施行されるまでの15年間で、この国に生息するゾウの85パーセントが殺戮された。
1989年以来、ゾウの個体数は劇的に回復しているが、極東では、象牙は現在も非常に高い価値があり、薬、装飾品、印鑑のために用いられている。
 
 
コメントです
今回の記事は中国人による違法行為についてですが、
日本でももちろんハンコを使いますし、闇取引された
象牙がおそらく日本国内にも流通していると思われます。
また、上の記事はブッシュミートについてもふれていますが、
携帯電話等の通信機器の製造にかかせないレアメタル類の
採掘のために現地入りした労働者が、食料としてゴリラなどの
霊長類を違法捕獲しているという話を聞いたことがあります。

非常に残念です。





PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所









posted by salsaseoul at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32968137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック