home003.gif

2009年08月02日

<続報>工場経営者を拘束・当局幹部は処分、カドミウム垂れ流し事件で―湖南省

<続報>工場経営者を拘束・当局幹部は処分、
カドミウム垂れ流し事件で―湖南省

8月2日18時50分配信 Record China


2009年8月1日、新華社通信(電子版)は、
湖南省瀏陽市鎮頭鎮の工業用硫酸亜鉛などを
製造する化学工場からカドミウムなどの汚染物質の
垂れ流しが見つかった事件で、工場の経営責任者が
身柄を拘束され、劉陽市環境保護局局長と副局長が
停職処分、他の責任者らが調査を受けていると報じた。

今年5月になって44歳の住人が変死し、検査で基準値を
大きく超えるカドミウムが体内から検出された。
その1か月後、呼吸器系疾患で入院しまもなく死亡した
61歳の住人の尿からも、基準値の4倍を超えるカドミウムが
尿から検出されたという。


長沙市委は同工場によるカドミウム汚染と認め、
工場周辺の500〜1200メートルが汚染区域だとの
調査結果を発表した。

08年以降、同工場の環境汚染をめぐって、
周辺住民の苦情が相次いでいたが、先月30日、
数千人の住民が鎮政府に生活補助などを求めて
デモを起こした。その後現地政府の高官が問題の
公平・公正な解決を約束し、ようやく解散したという。
前日の29日にも数百人が健康診断と補助金を
求めてデモを行っていた。


関連記事を掲載します。


ギズモード・ジャパンさんの記事を紹介させていただきます。


電子廃棄物リサイクル事業が中国の子どもを鉛中毒にする


何事もケタ外れの国では、高度経済成長に伴う歪みもケタ外れです。
1980年代からGuiyu(グイユ)のような中国の都市では海外から
受け入れた電子廃棄物を解体、処理しています。海外の諸国に
よっては安く処理できてありがたい話ですが、現地で処理にあたる
住民が高いツケを払うはめになってしまっています。
具体的には「パソコンの基盤から金属成分を取り出す」
「不法投棄された廃棄物や残留物を川などに捨てる」などの行為により、
グイユの井戸水や地下水はそのままでは飲む事ができないほど
有害な状態に。現地の子供が鉛中毒になっている確率が69%
達するという数字も出ています。
 
 
 
コメントです。
 
言うまでもなく、ここ数年の中国の経済発展は
目をみはるものがあります。
しかし、上記したとおり、現在中国では、プラス方向の
経済発展と共に、マイナス方向の弊害も顕著してきて
いるのが事実です。


ところで、世界中の先進国により、ひたすらコスト追求のために
委託された中国での現地生産は、刹那的には物品を安価で
供給できるために豊かさ( らしさ? )をもたらしますが、
そのように安価で製造された物品は一般的に消費サイクルも
短く、そうなると先進国の大企業と中国の現地生産のタッグは、
結果的に全世界に産業廃棄物を撒き散らしていることになります。


ですから、今回の世界同時不況をきっかけと考えて、先進国は
中国での現地生産でひたすらコストを追求し、結果的に世界中に
粗大ゴミを撒き散らす手法を改め、先進国ならではの環境対策や、
製造と消費のつじつまが合う開発計画のノウハウを提供することで、
成長国中国や、その他、途上国へ支援を行っていくべきであり、
そうしなければ、今後予想不可な事態で上記記事のような弊害が
さらに起こると思われます。
 
 
 


PR]After  glow  Short story
[PR] ソウル! ソウル! ソウル!
[PR] シリーズ・サルサソ ウル発 あじさい文庫 公式紹介サイト
[PR]サルサソウル発・無 料ダウンロード 

[PR]ヴィンテージジャージ専門のVanves
[PR]プラスチック成型 山八化成工業所


posted by salsaseoul at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31006689
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック