home003.gif

2018年10月07日

ペソ急落のアルゼンチン、貧困層の困窮 より深刻に

2018年10月7日 10:00 発信地:ブエノスアイレス/アルゼンチン [ アルゼンチン 中南米 ]

img_12fd2405ec2a845575ea814482c92710180943.jpg


【10月7日 AFP】アルゼンチンの首都ブエノスアイレス
(Buenos Aires)にある貧困地区「
ビジャ・サバレタ(Villa Zavaleta)」では、直近の経済の
混乱よりも以前から、人々は日々の食べ物を入手するのに
多大なる苦労を強いられてきた──。
ごみと排泄物が目につく通りでは、犬が牛の顎骨をかじり、
麻薬中毒の女性がふらふらと歩き回っている。1200世帯が
住むこの街では、麻薬密売人と麻薬常習者の問題も
常態化している。
ブエノスアイレスの全ての貧困地区を対象に支援活動を
行っている慈善団体「ラ・ポデロサ(La Poderosa)」の
アレハンドラ・ディアス(Alejandra Diaz)代表は、
「多くの人々は職を失った。私たちが頼れるものはあまりない。
連帯感とパートタイムの仕事だけ」とAFPの取材に語る
ビジャ・サバレタの約9割の住民は、貧困状態にあえいでいる。
まともな仕事に就いているのは10%程度で、
その多くはごみ処理施設で働いている。
 市内イリアルト大通り(Iriarte Avenue)で飲食店
「ネリーズ・ダイナー(Nelly's Diner)」を経営する
ネリー・バルガスさん(60)は、ボランティア16人とともに
日々300食以上の食事を無料で提供している。
 バルガスさんは、「ここ数か月、人の数がどんどん増えている。
物価の急上昇とともに、牛乳やパスタ、砂糖といった
日用品すら入手できない人たちは増える一方」と話す。
彼女は、温かい笑顔や励ましの言葉をかけながら、
訪れる人々に食事を渡す。 こうした状況を招いている主な
要因は、年内に40%にも達すると予想されている
インフレだ。ドルに対するペソの価値は、
今年初めから大きく落ち込んだ。
バルガスさんは目に涙を浮かべながら、「時々、食べ物が
全員に行き渡らないことがある」と述べ、その状況が
いかに厳しいものであるかを説明した
 ラ・ポデロサのディアスさんは、「彼女は、近所の人々に
とても良くしてくれる」「親が麻薬中毒で、あまり愛情を
もらえていない子どもたちを集め、入浴させたり、服を提供したり
している。彼女はとても心の広い人」とバルガスさんに
ついて語った。

■「私たちは闘い続ける」
貧困地域での生活を困難にしているのは経済の混乱だけでは
ない。敵対する麻薬カルテル間の衝突も、住民たちの
生活を危険にさらしている。2013年には、銃の流れ弾が
当たってケビン・ベネガさん(当時9歳)が命を落とした。
ケビンさんの母親、ロクサナさんは、「私たちは、安全な暮らしの
ために闘い続けている。でも、その道のりはまだ長い」
「より良い未来を手にすることができるかどうかはわからない。
でもそうなることを望んでいる」とAFPの取材に語った。
貧困は、犯罪や麻薬を磁石のように引き寄せる。
警察も関わってくる。最近では、若者たちを拷問したとして、
ビジャ・サバレタの警察官3人が有罪となったばかりだ。
 フィデル・ルイズさん(23)は、「ここでの暮らしはとても困難で、
暴力にも満ちている。金銭関連の暴力、警察による暴力、
政治的暴力など、その多く耐えなければならない。
ここには国の関与がないため、自分たちで何とかするしかない」と
話し、最近では、パートタイムの仕事でさえ見つけることが
困難になってきていることを嘆いた。
 ビジャ・サバレタは、1968年に仮設の街として建設された。
だが50年経った今も存在し続けている。
生活は、苦しくなるばかりだ。「わずか数か月のうちに、
ガスボンベが95ペソ(約280円)から270ペソ(800円)に
値上がりした。どうやって暮らせばいいのか?」と、
ロクサナさんは力なく訴えた。
 ビジャ・サバレタの中心部エルネスト・チェ・ゲバラ通り
(Ernesto Che Guevara Street)にある自宅の一角で、
広さ2平方メートルの小さな商店を経営している
アメリア・コルバランさん(42)は、AFPの取材に
「生活必需品以外は、もうあまり売れない」
「誰もお金を持っていない。ヨーグルトを買う人すらいなくなった」と
現状について説明した。(c)AFP/Alexandre PEYRILLE

コメントです。
アルゼンチンの貧困地区の
話題です。
報道とは怖いもので、ここで起きていることが
アルゼンチンすべてだと錯覚を起こしがちです。
例えば、大阪のあいりん地区地区が外国に
向けて報道されたとします。
すると、日本の大阪ってこんな感じかと
勘違いされるかもしれません。


Apple ibook版 サルサソウル発.jpg

Kindle版 サルサソウル発.jpg

Google Play版 サルサソウル発.jpg

楽天Kobo版 サルサソウル発.jpg

あじさい文庫だより Facebook.jpg

ヴィンテージジャージ専門のVanves.jpg

プラスチック成型 山八化成工業所.jpg
posted by salsaseoul at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184621340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック