home003.gif

2018年06月22日

英病院、「医学的根拠ない」鎮痛薬で450人以上死亡 報告書


AFP
2018年6月21日


 201806222.jpg

【6月21日AFP】英イングランドの病院で「医学的な根拠」の
ない鎮痛剤が投与された結果、450人以上の患者が
死亡していたと、20日に公表された第三者委員会の報告書が明らかにした。
元リバプール(Liverpool)主教のジェームズ・ジョーンズ
(James Jones)氏率いる第三者委員会は、
英南部ゴスポート(Gosport)のゴスポート・ウォー・メモリアル病院(
Gosport War Memorial Hospital)における
1989〜2000年の死亡事例を調査し、結果をまとめた報告書を発表した。


 同委員会は声明を発表し、「医学的根拠のないオピオイドの処方・投与によって患者456人が死亡したと、当委員会が調べた病院の記録は示している」と指摘。

 また紛失した記録の分も考慮に入れると、強力な薬の投与という「慣行化していた業務」の直接の結果として、さらに200人が死亡した可能性もあるという。

 報告書によると、同院で横行していた処方の慣行の責任はジェーン・バートン(Jane Barton)医師にあったという。また、複数の看護師が1990年代前半にジアモルヒネの処方について懸念を示していたものの、それらは「無視された」という。

 テリーザ・メイ(Theresa May)英首相は患者たちの死が「想像できないほどの苦痛を家族にもたらした」と述べ、報告書について「大変心が痛むもの」だと語った。(c)AFP





Kindle版 サルサソウル発.jpg

Google Play版 サルサソウル発.jpg

楽天Kobo版 サルサソウル発.jpg

あじさい文庫だより Facebook.jpg

ヴィンテージジャージ専門のVanves.jpg

プラスチック成型 山八化成工業所.jpg


posted by salsaseoul at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183605509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック