home003.gif

2017年06月03日

出生数、初の100万人割れ 出生率1.44、2年ぶり微減 昨年

朝日新聞 2017年6月3日

20170603.jpg

201706031.jpg



2016年に国内で生まれた日本人の子どもの数は
97万6979人で、年間の出生数で初めて100万人の
大台を割り込んだ。厚生労働省が2日発表した
人口動態統計でわかった。
合計特殊出生率は1・44で、前年を0・01ポイント
下回った。前年より下がるのは2年ぶり。
人口維持に必要とされる2・07に遠く及ばず、
人口減に歯止めがかからない。

合計特殊出生率は1人の女性が生涯に産むと見込まれる
子どもの数で、その年の15〜49歳の女性が産んだ
子どもの数を元に計算される。過去最低だった05年の
1・26を底に13年までは緩やかな回復が続いたが、
14年以降は一進一退で足踏みした状態になっている。
母親の年代別では35〜44歳で微増したが、
34歳以下の世代はすべて低下した。
16年に生まれた子どもは前年より2万8698人少なく、
統計を取り始めた1899年以降、初めて100万人を
下回った。減少傾向は第2次ベビーブームが終わった
1974年から続いており、親になる世代の人口自体が
減っていることが背景にある。一方、死亡数は
130万7765人で戦後最多だった。その結果、
出生数から死亡数を引いた自然減は33万786人で、
過去最大の減少幅となった。
婚姻件数は4年連続で減少し、戦後最少を更新して
62万523組だった。出生率の都道府県別では
沖縄が1・95で最も高く、最低は東京の
1・24だった。
厚労省の担当者は出生数減少について
「晩婚化や婚姻件数の低下が影響している。
このまま減少が続くと予想される」とみている。

 (西村圭史)


 ■「1.8」遠い政権目標

「極めて深刻な問題だ。若者や非正規雇用労働者の
経済的不安定、子育ての孤立感・負担感、
さまざまな要因が絡み合っている」。
菅義偉官房長官は2日の記者会見で、2年ぶりに
前年を下回った出生率についてこう述べ、
少子化対策に取り組む方針を改めて強調した。
安倍政権は、50年後の人口1億人維持を目指し、
20年代半ばの「希望出生率1・8」の達成を
掲げる。子どもをつくりたいとの希望がかなった
場合の出生率としている。人口減少にブレーキを
かけて消費や投資を促進させる狙いで、保育所の
整備や結婚支援、仕事と育児が両立できる
環境整備などに取り組んでいる。
だが、内閣府幹部は「ここまでやって、やっと
現状で踏みとどまっている。すぐには効果が見えない」と
漏らす。国立社会保障・人口問題研究所が4月に
公表した将来推計人口では、今後50年間、
出生率が1・42〜1・44で推移すると推計。
今の状況ではこちらの方が現実的で、この推計では
65年の人口は8808万人に落ち込む見通しだ。


 ■結婚したいけれど…
出生率が伸び悩む要因の一つに、結婚する人が
減っていることがある。
16年の婚姻件数は4年連続で戦後最少を更新した。
東京都内の男性(36)は「将来のことを考えるほど
結婚は遠ざかる」と打ち明ける。
スポーツインストラクターとして働いて12年。
トレーニング用具などの出費も多く、生活費を除くと
残るのは月5万円未満。
「体が資本だが、いつまでこの仕事を続けられるか」。
交際する同年代の女性と結婚したいと思っているが、
「生活を支えられなくなる可能性がある」と
結婚話は避けているという。
20〜30代の男女を対象に内閣府が14年度に
実施した調査では、未婚者の約8割が結婚を考え、
「将来子どもがほしい」と回答した人は9割弱にのぼる。
一方、未婚の理由を複数回答で問うと、恋人のいる男女では、
「結婚後の生活資金が足りないと思う」(31・2%)が
トップだった。経済的事情が、結婚しない要因の一つと
なっていることがうかがえる。個人の価値観として
「結婚しない」人も増えているとの指摘もある。
NPO法人全国地域結婚支援センターの
板本洋子代表は「結婚することが当然だった時代は移り、
個人の人生の『選択肢の一つ』になっている」と話す。
社会保障制度に詳しい日本総研の飛田英子主任研究員は、
「子育てを社会全体として支える仕組み作りは重要」と
したうえで、「『人口減少社会』を前提に、それでも
揺るがない社会保障のあり方や格差がさらに
拡大しない仕組みも議論していく必要がある」と
話している。

 (佐藤啓介、中井なつみ、高橋健次郎)



Apple ibook版 サルサソウル発.jpg

Kindle版 サルサソウル発.jpg

Google Play版 サルサソウル発.jpg

楽天Kobo版 サルサソウル発.jpg

あじさい文庫だより Facebook.jpg

ヴィンテージジャージ専門のVanves.jpg

プラスチック成型 山八化成工業所.jpg
    






posted by salsaseoul at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179941227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック