【10月7日 AFP】インド北部ウッタラカンド(Uttarakhand)州で、
身分制度カーストの最下層ダリット(Dalit)の男性が製粉機を
使ったことに腹を立てた教員が、口論の末、ダリットの男性を
斬首した。警察当局が7日、述べた。
インドではダリットの人たちへの攻撃が後を絶たない。

PTI通信(Press Trust of India)によると、容疑者の教員は、
ダリットのソハン・ラムさん(35)が製粉機を使ったことに腹を立て
製粉機を「不浄」にしたと非難したという。

インドでは「不可触民」という考えが違法化されているものの、
今でも一部のヒンズー教徒は、下層カーストの人との接触が
不浄をもたらすと信じている。

警察本部長のスクビル・シン(Sukhbir Singh)氏はAFPに
「ソハン・ラムさんは製粉機を使ったことによりののしられ、
それに抗議したところ、鎌で襲われた」と語り、「容疑者を逮捕した」と
述べた。

インドに深く根付いた社会階層の中で、かつて「不可触民」と
呼ばれたダリットは、今も単純労働を担わされていることが多い。

ダリットの人々は人口の16.6%、約2億人いるが、カーストに
よる差別が禁止されてから60年が過ぎた今でも迫害は続いている。
(c)AFP


コメントです
大馬鹿者風習継続の
典型的な例ですね。
人間って、都合の悪い
未来には耳を閉ざす
傾向にありますから。