home003.gif

2016年06月20日

裁判員声かけ、元組員らを逮捕 福岡県警、威迫容疑

朝日新聞 2016年6月18日


福岡地裁小倉支部で5月にあった指定暴力団工藤会系
組幹部の裁判員裁判をめぐり、裁判員に「よろしく」などと
声をかけて威迫したとして、福岡県警は17日、
無職楠本利美(40)=福岡県行橋市=と会社員中村公一(41)の

両容疑者を裁判員法違反(威迫・請託)の疑いで逮捕し、
発表した。

2009年に裁判員制度が始まって以来、同法違反容疑での
逮捕は全国初。

北九州地区暴力団犯罪捜査課によると、2人は5月10日
午後4時ごろ、北九州市小倉北区の地裁小倉支部近くで、
初公判を終えて支部から出てきた裁判員2人に
「あんたら裁判員やろ」「顔覚えとるけんね」「よろしくね」
などと声をかけ、威迫するなどした疑いがある。
裁判員法は、裁判員への威迫行為(脅迫)や請託(依頼)を
禁じている。同課は2人の認否を明らかにしていない。

この裁判では、工藤会系組幹部(40)が昨年1月に
北九州市内で知人男性を日本刀で刺したとして、
殺人未遂罪に問われた。関係者によると、両容疑者は
組幹部の知人で、楠本容疑者は工藤会系の元組員。
組幹部を「兄貴」と呼んで慕っていたという。

県警は、2人が裁判員に圧力をかけて裁判に有利な
影響を与えようとしたとみており、工藤会の組織的な
関与がなかったか調べる。被告側弁護人(当時)によると、
組幹部は「全く知らない」と声かけへの関与を否定している。



コメントです
NHKより抜粋

専門家「安全策を検討してほしい」

今回の事件について、裁判員制度に詳しい國學院大学法科
大学院の四宮啓教授は、「安全な場所まで裁判員をバスで
送り迎えするなどの措置も考えられたのではないか。
今回の事件を反省材料として裁判所にはさまざまな
安全策を検討してほしい」と話しています。

一方で、暴力団関係者の裁判に裁判員が参加すべきか
どうかについては、「刑事裁判に国民の良識を反映させるという
趣旨で制度が作られたので、裁判員の参加は大原則とすべきだ。
この事件をきっかけに裁判員を除外する基準がゆるくなれば、
国民の制度ではなくなってしまう」と指摘しています。




posted by salsaseoul at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175754685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック