【6月15日 AFP】欧州を目指し耐航性のない船で地中海
(Mediterranean Sea)を渡る保護者同伴のない子どもの数が、

今年になって倍増している。国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)が
14日、報告書を発表した。

ユニセフの報告書「Danger Every Step of the Way
(行く先々で直面する危険)」によると、イタリアに到着する
未成年10人に9人は保護者の同伴がない。今年に入ってからの
5か月だけで、こういった 未成年の数は7000人以上に
上っているという。

ユニセフは、保護者の同伴がなかったり、離ればなれに
なった子どもたちについて、密航業者からの虐待や搾取の
リスクがとりわけ高いと報告書で指摘した。

他方で、国際移住機関(IOM)によると、現在、リビアから
イタリアへと渡るナイジェリア人女性や少女の急増が
懸念されており、その80%が人身売買の犠牲者と推定されている。

IOMによると今年、地中海で命を落とした人の数は2859人に
上っており、その多くは子どもたちだという。
昨年は、一年間で同3770人だった。

今後、欧州は夏季を迎えるこれから、アフリカや中東から
地中海横断を試みる人の数はさらに増えるとみられている。

ユニセフの報告書によると、現時点で移民と難民は、
リビアに23万5000人、サハラ砂漠南縁部のサヘル
(Sahel)地域に95万6000人いるとされ、そのうちの
多くが欧州への入国を希望しているという。
                          (c)AFP/Gilles CAMPION