home003.gif

2016年06月12日

「プチ整形」まさか失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後

朝日新聞 2016年6月11日

201606111.jpg
鼻の高さや輪郭の矯正といった「プチ整形」に使われるフィラーは、注射器で注入される

注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の
壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。専門医によると、
鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が
原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っている
クリニックは少なくない。

近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の
異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を
感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。
女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の
骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。

検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが
原因と判明。女性は約2週間入院し、ステロイド剤を使って
炎症を抑える治療を受けた。だが右目の視力は失われ、
顔には大きな傷が残った。

女性に使われたフィラーは、歯の主成分と同じ
ハイドロキシアパタイトの微細な粒を含んだジェル状の
注入剤。国内では未承認だが、顔の整形で一般的に
使われているヒアルロン酸より矯正した形が長持ちしやすい
として、数年前から使われ始めた。

美容医療の事故情報に詳しい日本形成外科学会理事長で
大阪大医学部の細川亙教授によると、この製品による
事故は関東や北海道の病院で報告されている。

 ハイドロキシアパタイトは分解することが難しく、術後に
血管を圧迫するなどのトラブルが起きると処置は非常に
困難だという。ヒアルロン酸でも同様の事故は起こりうるが、
薬剤注射で分解できる。

視力障害、皮膚の壊死は多くの基幹病院が経験していると
いう医師の一人は「被害者は事前に危険性について説明を
受けていなかった。自分が治療した人を含め、多くは
クリニックとの間で示談になっているため問題が知られない
できている」と話す。

この製品は米国など海外では、ほうれい線などのしわを
目立たなくするための医薬品として承認を受けている。
国内の輸入代理店の担当者は「事故については把握しており
医師には説明している。医師の技量の問題だ」と話す。

美容クリニック側の対応は分かれる。札幌市のクリニック院長は
この製品を使った隆鼻法を「安全が保てないと判断し、
昨年秋にやめた」と話す。一方、大阪市内のクリニックは
ウェブサイトで「メイク感覚」などと宣伝し、危険性には
触れていないところも多い。

フィラーを使った美容整形は、しわの治療や顔輪郭の矯正など
幅広い。皮膚を切ることなく矯正部分に注射するだけで
済み、気軽さから「プチ整形」と呼ばれる。しかし、
「統計がない」(厚生労働省)ことから実態は不明。
使用は広がっているとみられているが、国はトラブルに
ついて注意喚起をしていない。

細川教授は「プチ整形は簡単に受けられるから安全だと
思っている人が多い。だが、事故が起きた際の危険は、
整形手術より大きいこともあると認識してほしい」と話す。

■事故情報、共有されず

「論文などで事故が報告されているのに野放しなのは
美容医療ならではだ」。フィラーが原因の皮膚壊死を
治療したことがある関東地方の形成外科医は嘆く。

 美容外科などの美容医療は、医師法で医療行為として
定められている。だが、病気が原因ではない場合、
健康保険は使えない自由診療となるのが一般的だ。

 保険診療は、厳しい審査を受け、認可された手術や
薬剤に限定されている。これに対し、美容医療で
使われている薬剤の多くは未承認だ。過去には
海外製のフィラーから猛毒のヒ素が検出されたこともある。

患者の安全のためには事故や合併症の情報共有が
不可欠だが、美容医療の関連学会は出身科で二分された
ままの状態が続く。
統一的な対策を取るのが難しいのが実情だ。

日本美容外科学会(JSAPS)の百束比古(ひゃくそくひこ)

理事長は「営利追求になっていることや、形成外科の知識が
ない医師が参入していることが、問題を深刻にしている。
医師教育を高める取り組みはしているが、改善には時間が
かかる」と話す。

厚労省医療安全推進室は「現行の事故情報の収集制度では、
小規模クリニックが多い美容医療の情報はなかなか入って
こない」という。消費者事故を担当する消費者庁消費者
安全課も「こちらで医療機関のリスクを把握するのは困難。
施術を希望する際は担当医師の経歴や専門を確認してほしい」と
話している。(重政紀元)


コメントです
美容整形手術での事故についての記事です。
誰もが美を追求する気持ちはわかりますが、
健康障害や、QOL(生活水準)を落として
しますと。本末転倒ですね。
サービス提供側医療機関も利益重視に走らず、
きちんと安全性を見極めたうえで施術しないと
いけませんね。


posted by salsaseoul at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175667479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック