【6月5日 AFP】インドの先進医療を提供する病院が、臓器売買
グループが関与していることを知らずに、被害者から腎臓を
摘出する手術を行っていたことが分かった。
病院側は、摘出した腎臓が手術を受けた人々の親族に
提供されると信じ込んでいたという。病院の広報担当者が4日、
売買に関与した疑いで5人が逮捕されたことを受けて明らかにした。

警察によると、首都ニューデリー(New Delhi)にあるアポロ病院
(Apollo Hospital)の職員2人を含む臓器売買グループは、
低所得者に対して30万ルピー(約48万円)で腎臓を売るよう
持ち掛け、その後、さらに高額でそれを転売していた疑いが
持たれている。

容疑者らは偽造書類を利用して、摘出手術を受ける人の腎臓が
移植を必要としている親族に提供されるかのように装い、
病院側をだましていた。関与が疑われている病院職員2人は、
上級の腎臓専門医の助手を務めていたという。

インドでは臓器取引が法律で禁止されており、非親族に
移植臓器を提供するには特別委員会の承認が必要。
アポロ病院で腎臓の摘出手術を受けた被害者たちは、
南部タミルナド(Tamil Nadu)州から東部の西ベンガル
(West Bengal)州まで、全国に及んでいる。(c)AFP


コメントです
なにかと、「お粗末な」事件が多いインドの話題です。