home003.gif

2016年06月06日

わが人生に悔いあり…それは「タトゥー」 米で除去希望者増える

AFP 2016年06月03日

20160606.jpg201606061.jpg201606062.jpg


【6月3日 AFP】恋に落ちたあなたは、相手の名前か顔を自分の肌に
永遠に刻みたくて仕方ないかもしれない。あるいは18歳になった
ばかりで、大人になって最初の反抗行為として、胸に竜のタトゥーを
入れようと意気込んでいるかもしれない。

でもちょっと待って。
タトゥー店へ駆け込む前に、もう一度よく考えた方がいい。

タトゥーを入れる米国人が増えていると複数の調査が示して
いるが(ある世論調査では5人に1人の割合だという)、それを
後悔する人の増加も指摘されている。
その結果、タトゥー除去業界が活況を呈している。

米国美容形成外科学会(ASAPS)のダン・ミルズ(Dan Mills)
会長は「この5年でタトゥーを消したいという人が著しく増えた」と言う。

ASAPSによると、昨年タトゥー除去の施術を行った米国人は
4万6500人以上で、前年比39.4%増だった。うち19〜34歳が
45.9%を占め、すぐ後に続いたのが35〜50歳の37.9%だった。

米国のタトゥーの中心地と考えられているロサンゼルスを拠点と
するミルズ氏は、「わが子に見られて、子どもがまねをしてタトゥーを
入れないようにと、除去を希望する人が多い」と語る。
「また、他人から見えるタトゥーをしている人を採用しない会社が
多いという理由で消す人もいる」という。

■「若気の至り」

世論調査会社ハリスポール(Harris Poll)が昨年秋に実施した
調査によれば、タトゥーを入れたことを後悔しているという人は
25%近くに上った。これに対し、2012年の調査時には14%だった。

心変わりの主な理由は、ライフスタイルやキャリアの変化、
交際相手との破局、タトゥーの仕上がりへの不満だった。
またAFPの取材に対し「若気の至り」だったと話した女性もいた。

150ドル(約1万6000円)で入れたタトゥーを消すのに、
1400ドル(約15万円)かかった人もいる。

ロサンゼルス地区の4か所でタトゥー除去クリニックを運営する
「ドクター・タットオフ(Dr. Tattoff)」の臨床ディレクターを
務めるコーリー・オードイン(Corey Ordoyne)氏は、
レーザー技術の進歩に伴い、タトゥー除去を希望する人の数も
増えていると語る。

タトゥー除去にはその大きさと色に応じて、数か月から
数年かかることもある。

テディ・ジョー・ヘイズ(Teddy Joe Hayes)さん(37)は、
腕に入れてある前妻の顔のタトゥーを消す施術が待ちきれないと
話した。「私たちは10年間一緒だった。1年ほど前、彼女の誕生日に、
家族への献身の証しを彼女に示すつもりで入れたんだ」

だがそのわずか2か月後、ヘイズさんは妻の浮気に気付いた。
自身もタトゥーアーティストである彼は、「『前妻の顔のタトゥーを
腕に入れたばかりで、これから毎日鏡を見るたびに、自分の
信頼を踏みにじった人物の顔を見ることになるのか』と思った」と

ヘイズさんは客にこうアドバイスしている。
「自分の子どもや両親、あるいは親友以外の人の名前や顔を
タトゥーで入れない方がいい。きっと後悔するから」
(c)AFP/Jocelyne ZABLIT

コメントです
米国でタトゥーを消す人が増えている話題です。
このような記事の公表は、経験者だけでなく、
これからタトゥーを考えている人にとっても、
わかりやすくていいですね。
いい記事です。




posted by salsaseoul at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175577771
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック