home003.gif

2016年06月05日

電子マネーが中国席巻 取引額150兆円、日本の30倍

朝日新聞 2016年6月4日

201606053.jpg

 中国に驚異的な速さで、本格的な電子マネー時代が訪れつつある。
ネット通販から始まったIT大手の決済サービスは実店舗へも広がり、
取引額は日本の数十倍とみられる。中国の既存金融機関の
不便さもあり、金融とITを融合した新サービス「フィンテック」の
優位性が際立っている。

「財布の中身は気にするな、スマホの電池が足りてりゃ良い」。
浙江省・杭州。ネット通販最大手、アリババグループが本社を
置くこの街に、こんな言い回しが生まれている。市内の隅々まで、
電子マネー「支付宝(アリペイ)」を使える仕組みが行き渡り、
スマートフォンさえあれば支払いが済むからだ。
飲食店では一人が代表してスマホで支払い、その後全員が
やはりスマホで代金をやり取りすれば、現金を介さずに
「割り勘」にできる。

アリペイは2003年、アリババが始めた決済サービスだ。
当初は始まったばかりのネット通販を補助する仕組みだった。
「お金を支払ったのに業者が商品を送らない」といった問題を
解決するため、アリババが間に入ってお金を電子マネーの形で
預かり、商品の受け渡しを待ってお金を動かすようにした。

アリババ以外のネット通販にも使われるようになり、アリペイの
口座数も急増。09年からは携帯電話からの支払いも

できるようになり、口座数は4億5千万を超える。
アリペイ運営会社は未上場だが、企業価値は600億ドル
(約6・5兆円)と、中国の大手国有銀行に並ぶとみられている。

最近は、ネット通販から実店舗へも活用が広がっている。
大手スーパーやコンビニではレジに専用のスキャナーを備え、
利用客のスマホから支払い情報を読み取る。小さい商店や
屋台でも、2次元バーコードを印刷した紙を置いておけば、
客がそれをスマホで読み取ることで支払いができる。
アリペイ運営会社の朱以師・広報担当役員は
「自分もここ半年、現金を使っていないよ。間もなく北京や
上海も同じ状況になる」。

13年にはこの市場に、アリババ最大のライバルとされる
ネット大手、テンセントも参入した。利用者数が約7億人に
達する通話アプリで、日本の「LINE」と似た仕組みの
「微信(ウィーチャット)」に、支払い機能も持たせた。
微信を使って友人に「紅包(お小遣い)」を配ることができる
仕組みが爆発的にヒットし、アリペイを追い上げている。

急速な普及の背景には、既存の銀行や現金への根強い
不信感がある。銀行窓口ではしばしば長時間待たされる。
現金は、紙幣の最高額が100元(約 1650円)と低く使い
勝手が悪いうえ、銀行のATMで偽札をつかまされることも
珍しくない。アリペイや微信は、個人間のお金のやり取りに
手数料がかからない便利さや、スマホの指紋認証などにも
いち早く対応する技術力で、既存の金融機関を置き去りにしている。

3年前からは電子マネー口座から直接、金融商品に投資して
利息が得られる仕組みが登場。銀行預金と同じように、
電子マネー口座にまとまったお金を預けておく習慣も定着した。

調査会社の比達咨詢によると、15年の中国のモバイル決済
(クレジットカードを除く)の取引額は約9・3兆元(約153兆円)。
日本の電子マネー市場は5兆円規模とされ、実に30倍だ。
アリペイがシェアの7割強、テンセントのサービスが2割弱を
占めて2社でほぼ独占する。

今年2月、米アップルは、同社の人気スマホ「iPhone」で
支払いができる「アップルペイ」のサービスを中国で開始。
「黒船襲来」と騒がれたが、「中国市場の構図は固まっており、
新しいサービスの浸透には時間がかかる」
(調査会社の易観智庫)との見方も根強い。

配車サービスの「ウーバー」は5月から、世界中どこでも
アリペイを支払いに使えるようにして、中国人客の取り込みを
狙う。日本でも、訪日中国人客の多い店でアリペイを導入する店が
増える。「フィンテック先進国」として国外市場への進出も
始まっている。(北京=斎藤徳彦)


コメントです

中国内で、現金(紙幣)の信用度はすごく低いです。
そのことが根本にあるうえで、
スマートフォンの普及、
消費の味を覚えた、
経済成長、 などが重なって
急速な電子マネーの普及につながったのでしょう。
ただし、いうまでもなく電子マネーは痛払感が少ないです。
間違いなく国民の貯蓄率は下がります



posted by salsaseoul at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175573063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック