home003.gif

2016年06月05日

LINE上も「賭博場」? 賭け事募集、司法の判断は

朝日新聞 2016年6月3日

201606051.jpg

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」で賭け事の参加者を
募るのは違法な「賭博場の開帳」にあたるか――。
明治時代にできた刑法の処罰対象の解釈をめぐり、

検察と弁護側が対決する野球賭博事件の裁判が
16日にも大阪地裁で始まる。
ラインは賭博場なの?

この事件は、大阪府藤井寺市の
建設業ダルビッシュ翔被告(27)がラインを使い、
野球賭博の胴元となって昨年4〜10月に友人ら
数十人から969回、総額1億円余りの賭け金を集めたとして
刑法の賭博開帳図利(とり)罪に問われたもの。プロ野球や
米大リーグの試合結果を予想させ、1口1万円を募ったとされる。
被告が大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手の
弟だったことでも注目を集めた。

被告は10月末に大阪府警に 逮捕され、起訴後に保釈された。
取材に「幼なじみの友人との仲間内の行為。利益のために
やったわけではない」と無罪を主張。
「暴力団とのつながりもない。 裁判で事実を訴えたい」と
話した。事件に絡み、自らが賭け客になったとする常習賭博罪は
認め、集めた金の使途は公判で明らかにするという。

賭博開帳図利罪とはどんな罪なのか。刑法によると、
「賭博場を開いて利益を図った者」に3カ月から5年以下の
懲役刑を科す。今年1月に始まった検察と弁護側の
協議で「賭博場」の定義が争点に浮かんだ。

検察側は、賭博の参加者を固定電話で募った事件で最高裁が
1973年、賭博場とは「必ずしも賭博者を一定の場所に
集合させることを要しない」とした決定内容を重視。
当事者それぞれの居場所を含む空間全体が賭博場だとし、
ラインを使った今回の事件もこれにあてはまると主張する。

一方、弁護側は「賭博場は特定可能な一定の物理的空間
とみるべきだ。最高裁決定も固定電話が特定の事務所に
あった点を考慮している」とし、電子空間は賭博場に
あたらないと反論する。弁護人の下村忠利弁護士は
「検察の主張は、犯罪となる行為をあらかじめ法律で
明示しなければならないとする憲法31条の罪刑法定主義に
反する」と話す。

電子空間は「賭博場」なのか。

賭博開帳を手助けしたとして幇助(ほうじょ)罪に問われた
男性に対し、福岡地裁は 昨年10月、判決を言い渡した。
胴元と参加者が携帯メールでやりとりした行為について
「賭博場と評価できる一定の場所や設備を提供したとは
言いがたい」と 指摘。刑法の規定が時代に合わないと
しながら、「解釈で処罰を広げることは許されない」と罪の
成立を否定した。そのうえで予備的に問われた常習賭博の
幇助 罪のみ認めた。

一方、別の事件で大阪地裁は今年3月、携帯メールや
ラインで賭けさせた胴元の男性について賭博開帳図利罪の
成立を認めた。自宅や近辺で集計表を作り、金銭の受け渡しも
していた点に着目し、この行動範囲を「賭博場」とみなした。

司法の判断が割れる背景には、法律が現実に追いついて
いない現状がある。刑法は明治時代の1907年に制定された。
園田寿(ひさし)・甲南大法科大学院教授(刑法)によると、
当時は客を賭場に集めて開くサイコロ賭博(丁半賭博)などが
主流。「刑法の規定は特定の物理的空間を想定していたと
考えられる。賭博場の定義がテクノロジーの進歩に
追いついていないのは確かだ」と言う。

これまでも技術の発展や犯罪の変化に合わせ、刑法は改正を

重ねてきた。旧刑法時代の20世紀初め、電気を盗む行為は
窃盗罪にあたるかどうかが裁判で争われ、最高裁にあたる
当時の大審院は有罪と判断。現行の刑法に
「電気は財物とみなす」と盛り込まれた。

近年では2001年、不正なクレジットカードを作ることが罪と
して明示された。2011年には、インターネット犯罪の増加を
背景にコンピューターウイルスを作る罪が追加されている。

園田教授は「賭博場の定義を拡大解釈すると、国内法の
及ばない海外にいてもネットさえ使えば処罰できることになる。
法の適用の可否は道義的なよしあしとは別に考えるべきで、
現実との隔たりは法改正で対応するのが筋だ」と話す。
(阿部峻介)


コメントです
LINEを使った賭博に関する話題です。
科学技術の進歩の速度と法整備の速度を
比べたら、その差が歴然なのは
いうまでも
ありません。

法律が実状に追いついていないことを
ふまえて、早急な整備が必要です。




posted by salsaseoul at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175572830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック