【5月31日 AFP】世界各地で「現代の奴隷」状態に置かれている
人の数は、成人と子どもを合わせて4500万人を上回っていることが、
31日に発表されたNGOの年次報告書で明らかになった。
当初の予測よりはるかに多く、
3分の2がアジア太平洋地域を占めている。

奴隷状態の撲滅を目指す団体「ウオーク・フリー・ファウンデーション
(WFF)」が発表した報告書「グローバル・スレイバリー・インデックス

2016(Global Slavery Index)」は167か国、4万2000人を
対象に53言語で面談を行った情報に基づき、奴隷状態にある
人々の割合と各国政府の対応を割り出している。データ収集と
調査の方法を見直した結果、「奴隷」の数は2年前の推計よりも
さらに28%増えているという。

国・地域別で「奴隷」の数が最も多かったのはインドだった
(推計1835万人)。また全人口に占める奴隷状態の人の割合が
最も多かったのは北朝鮮で、人口の4.37%が奴隷状態にあり、
政府の対応も最も鈍かった。

「現代の奴隷」は、脅迫や暴力、強制、権力乱用、詐欺などに
よって立ち去る自由を奪われ、搾取されている状態を指す。
場合によっては、借金の形に漁船で労働させられたり、
強制的に家事や売春をさせられたりする例もある。
(c)AFP

コメントです
人と人との順列が「格差」程度で収まっていれば
なんとがギリギリで統治国家が成り立っていると
言えますが、国内に「奴隷」が存在するだけで
統治国家とは言えません。
再三使う言葉ですが、そこはただの「地域」であって
国家として成り立っていません。
今日の記事で示す4500万人の奴隷。
実際にその数字の精度はどれぐらい正確なのでしょうか?