【4月22日 AFP】米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー

(James Comey)長官は21日、昨年12月に起きた
サンバーナーディーノ(San Bernardino)銃乱射事件の
容疑者が所有していたアップル(Apple)社製のスマートフォン
(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」のロックを
解除する対価として、FBIが100万ドル(約1億1000万円)
以上を支払っていたことを明らかにした。

コミー長官は英ロンドン(London)で開催された
アスペン・セキュリティー・フォーラムで、FBIは問題と
なったiPhoneのロック解除にいくら払ったのかとの質問に
「かなりだ」と回答。
「私が残りの任期の7年4か月で稼ぐ額よりも多いことは
確かだ。しかし私の考えでは、それだけの価値はあった」
と述べた。

約1万4900ドル(約162万円)とされるコミー長官の

月給を基に換算すると、支払われた金額は130万ドル
(約1億4000万円)を超える。ロック解除によって得られた
情報の詳細はまだ明らかにされていない。(c)AFP