【4月20日 AFP】ザンビア当局は、首都ルサカ(Lusaka)で
暴動を起こし、ルワンダ人が経営する店舗で略奪を行ったと
して200人余りを逮捕した。デービス・ムウィラ(Davis Mwila)
内相が19日、明らかにした。ルサカでは最近発生した
「儀式殺人」の背後に外国人がいるとして、外国人の住居や
店舗が襲撃されていた。

ムウィラ内相はAFPの取材に、ルサカで18日に起きた暴動に
加わった容疑で211人を逮捕したと説明した。
このほか、儀式殺人に関与した容疑で11人を逮捕したという。

暴動は、今年3月16日以降、耳や心臓、男性器を切除された
状態で少なくとも7人の遺体が見つかったことが発端。

暴力行為は今週18日にスラム街2か所で始まり、
その後市内のほぼ全てのスラム街に広がっていった。

AFP記者の目撃談によると、19日午前にも数百人規模の
住人が外国人の住宅や店舗に石を投げつけていた。

ザンビアにはルワンダからの難民が約6400人暮らす。
コミュニティーの幹部によると、ルサカ在住のルワンダ人は
自宅や店舗から逃げ出したという。

外国人の中には警察署に保護を求めた人もいた。(c)AF