home003.gif

2016年04月02日

亡き息子のiPhoneロック解除して、父親がアップルCEOに直訴


AFP 2016年04月01日

201604011.jpg
イタリアの建築士、レオナルド・ファブレッティさん(右)と養子のダマくんとの家族写真。
ファブレッティさん提供


病気で死んだ息子が残してくれた写真を取り出せるよう、
「iPhone(アイフォーン)」のロックを解除してほしい――
悲しみに暮れるイタリア人男性が、米アップル(Apple)の
ティム・クック(Tim Cook)最高経営責任者(CEO)に
電子メールを送り、英断を求めている。

この男性は、イタリア中部ペルージャ(Perugia)近郊に
住む建築士のレオナルド・ファブレッティさん。
2007年にエチオピア出身の少年ダマ(Dama)くんを
養子にしたが、ダマくんは2013年にスキーでけがをした際に
骨肉腫が見つかり、幾つもの手術や抗がん剤治療のかいもなく
昨年9月に13歳で亡くなった。

「息子の思い出に私が触れることを阻まないでください」。
ダマくんが使っていた「iPhone 6」のロック解除を何度も試み、
失敗したファブレッティさんは3月21日、クック氏とアップルの
ソフトウェア部門責任者に宛てて電子メールで書き送った。

「諦められないのです。愛するダマを失った私は、
あの子のスマートフォンの中で『人質』となっている
2か月分の写真や考え、言葉を受け取るため、闘います」。
クック氏からの返答は、まだない。

渦中のiPhone 6についてファブレッティさんは3月31日、
AFPの取材に「あの子が亡くなる9か月前に私が
プレゼントしたものだ。あの子はいつも使っていた」と話した。
ダマくんは自分の死後も父親がiPhoneを使えるよう、
ファブレッティさんの指紋を登録してくれたという。「
だが、この機能は一旦電源を切ってしま うと、
再起動しても使えないものだったんだ」

ファブレッティさんは5か月前、アップルの欧州法人に
ロック解除を要請したが、技術チームに拒否されてしまった。
クック氏宛てのメールでは、「この件をきっかけに、
貴社が採用する個人情報保護方針を再考してほしい。
基本的には貴社の理念に同感するが、アップルは
私のような
特別な事例における解決策を提供すべきだ」
などとと
訴えている。

iPhoneのロック解除については、米カリフォルニア
(California)州サンバーナーディーノ(San Bernardino)で
昨年12月に起きた銃乱射事件で死亡した容疑者の端末を
めぐり、連邦捜査局(FBI)の協力要請をアップルが拒否し
話題になったばかり。FBIはその後、「第三者」のハッカーの
協力でロック解除に成功したと発表した。

ファブレッティさんも、アップルの協力が得られなければ
ハッカーに頼ると言明。既に、FBIのロック解除に協力したと
報じられているイスラエルの鑑識技術企業、セレブライト
(Cellebrite)に接触し、無料でロック解除に応じるとの
回答を得たと述べている。また、アンチウイルスソフトウエア
開発の先駆者でFBIに容疑者のiPhoneへのハッキングを
申し出たジョン・マカフィー(John McAfee)氏にも
手紙を書くつもりだという。(c)AFP/Ella IDE



posted by salsaseoul at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174731696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック