home003.gif

2016年03月13日

LINE既読は震災から生まれた

朝日新聞 2016年3月12日

201603131.jpg



未曽有の被害をもたらした5年前の東日本大震災は、
企業にとって、被災時に求められる商品やサービスを
考え直すきっかけになった。
非常時に威力を発揮する通信サービスや避難生活に
必要な商品は大きく改良されたほか、被害を軽くする
技術開発も進んだ。

今や国内で約6800万人が使う無料通信アプリ「LINE(ライン)」。
誕生のきっかけは大震災だった。ラインの運営会社は、
電話がつながりにくい中でも「大切な人と連絡を取れる
サービスが必要だ」と判断。急ピッチで開発し、
3カ月後にサービスを始めた。こだわりは、相手が
メッセージを読んだか分かる「既読」機能をつけたこと。
相手に返信する余裕がなくても、既読と分かれば安心する。
そんな思いを込めた。

その後、避難所など重要な情報を抜き出して管理できる
機能もつけた。今年2月末には仙台市で緊急時の活用法を
伝える講座を初めて開いた。

コメントです
LINEが震災をきっかけに開発された話は有名ですね。
記事として掲載があったので転載しておきます。




posted by salsaseoul at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174454596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック