home003.gif

2016年03月12日

ペット樹脂を分解する細菌発見 慶大などグループ

NHK 3月11日

2yh7a5uj.jpg

ペットボトルなどの素材「ペット樹脂」を分解することができる細菌を、
慶応大学などのグループが発見し、微生物の力を利用した
エネルギー消費の少ない新たなリサイクル技術につながる可能性が
あるとして注目されています。
石油からつくられる「ペット樹脂」はペットボトルや衣類、容器などに
幅広く利用されていますが、現在のリサイクル技術では大きな
熱エネルギーが必要になることが課題になっています。

慶応大学などのグループはペット樹脂を分解できる微生物を
探そうと、ペット樹脂製品の処分施設で土壌を採取し、そこに
住みついている細菌を詳しく調べました。

その結果、ペット樹脂を分解することができる細菌を発見し、
この細菌がペット樹脂を分解するために作り出している酵素も
取り出すことに成功したということです。
ただ、酵素の力が弱いため分解のスピードは遅く、グループでは、
今後、酵素の力を高める研究を進めることで、微生物の力を
利用したエネルギー消費の少ない新たなリサイクル技術の
開発につなげたいとしています。

研究グループの慶応大学の宮本憲二准教授は「石油資源にも
限りがあり、環境への負担が少ない新しいリサイクル技術を
生み出せるよう研究を進めていきたい」と話しています。



posted by salsaseoul at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174435260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック