【1月29日 AFP】より多くの赤ちゃんにより長期間にわたり母乳を与え、
賢く高収入の子どもを育てることで、世界で年間約3000億ドル
(約36兆円)の経済損失を防げるとの研究論文が29日、
英医学誌ランセット(Lancet)に発表された。

論文はまた、年間80万人以上の子どもと約2万人の乳がん患者の
死を回避できるとしている。

論文執筆者の一人、ブラジル・ペロタス連邦大学
(Federal University of Pelotas)のセザール・ビクトリア
(Cesar Victora)氏は、「母乳は、富裕国も貧困国も同様に、
あらゆる国で命とお金を救う」と述べている。

研究結果は、健康面と経済面で実証された母乳の効果に
対する科学的検証とメタ分析28件の結果を基にしたもの。

論文は、母乳は平均寿命を「劇的」な向上に導くと結論づけている。

高所得国では、幼児の突然死のリスクを3分の1以上低下させ、
中低所得国では、下痢症状の約半数と呼吸器感染症の
3分の1以上を減らせるという。

合計すると、毎年約80万人の子どもの命を救えることになる。

声明では、「知能も増す」とされており、研究で実施された
モデリングでは、母乳を与えないことが原因の認知力の
低下による2012年の世界経済の推計損失額は、
3020億ドル(約36兆円)に達したという。
(c)AFP/Mariëtte Le Roux