home003.gif

2015年11月17日

ウルフドッグ、飼っても大丈夫? 女性襲われ死亡

朝日新聞 2015年11月17日

201511173.jpg

オオカミと犬を掛け合わせた大型犬「ウルフドッグ」。
野性的な外見がファンを引きつけるが、北海道ではブリーダーの
女性が襲われて死亡した。種が異なるのに交配された動物は、
習性がつかみにくく危険性もはらむ。飼っても大丈夫なのか。

オホーツク海に近い北海道遠 軽(えんがる)町の山奥にある
一軒家。7月中旬、敷地内の約100平方メートルの手作りの
囲いの中で女性(当時52)が倒れているのを遠軽署員が
発見し た。女性の頭や胸、両腕には、かまれた痕があり、
ウルフドッグ4匹がその周囲をうろついていた。
遠軽署は、女性が犬にかまれて失血死したとみている。

住人の50代男性は、この囲いの中でウルフドッグを放し飼いにし、
熊を追い払うようしつけていた。数日間、家を留守にするため、
もともと4匹のうち3匹の飼い主でもあった女性に世話を
任せたという。

犬の起源などに詳しい岐阜大学の田名部雄一名誉教授
(動物系統遺伝学)によると、ウルフドッグは猟犬や番犬に
するためにオランダで1920〜30年ごろに登場した。
体高は約50〜80センチ。雌のオオカミと雄の
ジャーマン・シェパードを掛け合わせるのが主流だという。
国内にどれだけいるのかはっきりしないという。

かつてウルフドッグを育てたことがある秋田県の
元ブリーダーの女性(51)は、別のブリーダーから
ウルフドッグを入手。
交配させることで約30匹のウルフドッグを育て、東京や
横浜の愛好家に1匹10万〜25万円で売った。
大型で野性的な見た目が人気で室内で飼う人もいるという。

ウルフドッグに関する本7冊を自費出版したほか、
ウルフドッグのポストカードや缶バッジをネットで販売している。
愛犬家らのイベントで販売すると売れ行きは上々だという。
「小さいときからしつけをして人間社会に慣れさせれば、
飼うことは難しくない」と主張する。

ところが、北海道でウルフドッグを飼育する男性(52)は

「警戒心がとても強い。体も大きく、じゃれあいでも、
人は大けがをするかもしれない」と話す。

■飼育数少なく、規制の対象外

ウルフドッグのような交雑種は情報が少なく、
規制の網をかけづらいという状況もある。

茨城、佐賀両県は動物愛護条例で秋田犬や
ジャーマン・シェパードなどを「特定犬」に指定、
おりの中で飼うことや玄関に標識を張るよう求める。
だが、ウルフドッグは特定犬に指定されておらず、
飼育上の制約はない。

また、動物愛護法では、人に危害を与える恐れのある
動物を「特定動物」に指定し、飼育方法や管理の仕方に
基準を設けている。2012年の検討会では、ウルフドッグの
ほか、ネコ科・サーバルとネコの交雑種「サバンナキャッ ト」や、
イヌ科・ジャッカルと犬の交雑種「スリモヴドッグ」についても
規制の対象にするか話題に上った。ただ、国内での飼育数は
限られ、大きな事故も確認 されていなかったことなどから、
「未知の部分が多く、情報収集を含めて今後の検討課題にする」と
して、指定は見送られたという。

日本ではこれらの交雑種の流通は少ないとされるが、環境省は
「希少であることに価値を感じる愛好家は多い。
輸入も難しくなく、一気に広まる可能性がある」とみる。
動物の生態に詳しい東北大学大学院の河田雅圭教授
(進化学)は「交雑種は習性や性格がつかみにくい。
見た目はなじみ深い動物でも、野性味が強く危険性を
はらんでいるかもしれず、ペットには向かない」と指摘する。
(光墨祥吾)

コメントです
ウルフドッグの話題です。
もともと愛好家が多いため広く飼育されていましたが、
今回のブリーダ家事故死亡によって、一気に危険動物
扱いになったようです。

ところで、飼い主の見栄のために交配・取引がさかんに
なったペットは哀れですね。



posted by salsaseoul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168022406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック